2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

day 88.6 五島列島 小値賀島 ぶうさんの赤土畑と美味しすぎるブロッコリー ~ブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さんのライフスタイル~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2011年2月7日(月) – ブロッコリーは栄養満点の食材。ビタミンCやEを多く含み、老化防止にも効果があったり、葉緑素(クロロフィル)という栄養素も含み、血中コレステロール値も下げる働きがあるそうだ。

また葉酸(ようさん)という成分も多く含まれているので、妊娠中、医者から薦められる野菜の一つのようだ。

五島列島 小値賀 美味しそうに調理されたブロッコリー。調理方法は「ブロッコリーの味を本当に活かしてる!」という感じだった(こちら)ビタミンCやEを多く含み、老化防止にも効果がある。葉酸(ようさん)も多く含まれ、妊娠中、医者から薦められる野菜の一つだそうだ

ぶうさんの畑は家から歩いて約15分。小値賀の多くの畑の土は、火山灰土の赤土がベースとなっている。ブロッコリー、カボチャ、玉ねぎなどが、赤土で育てる野菜に“かなり”適しているそうだ。赤土は、酸性が強く、野菜の甘みを引き立てる成分がある。

玉ねぎは、アリがよってくるほど甘い!?絹さや、グリーンピース、トマト、アスパラ、ブロッコリー、ジャガイモなどのイモ類、夏になるとカボチャ、メロンなどがうまい。

野菜やフルーツは甘くなるので、赤土で育てるのに適しているのかもしれないが、雨が降らないと土が硬くなるので、野菜によっては、育てることが難しいそうだ。

とにかく、これら赤土に適した野菜などは、普通の土でつくるより、比較にならないほど甘くなるそうだ。

五島列島 小値賀 赤土で育てられたブロッコリーやカボチャは甘い!(写真はブロッコリー畑)これを全て手作業で収穫…すごいエネルギーがかけられて育てられている

雨が降らないと、赤土の場合固まってしまうので、スコップも入らないそうだ。

ちなみに、赤土は、酸性に弱いホウレンソウを育てる土としては適していないそうだ。赤土は、酸性が強いので、アルカリ質へと土壌を改良しなければいけないそうだ。

ぶうさんは、ブロッコリーやカボチャの他、自宅そばの家庭農園では、去年、35種類の作物を育てたそうだ。普通のレタス、サニーレタスなど6種類のレタス、バジルなどのハーブ類、高菜、赤ピーマンも育てている。

また雑草や夜出てくるヨトウムシなどの虫も多く、ぶうさんの家庭農園は完全無農薬なので、中々育たない。また本業のブロッコリーやカボチャで常に忙しいため、自宅の家庭農園まで手が回らなかった。

そのような状況下、木酢液(もくさくえき)と呼ばれる農薬を使う人もいるそうだが、ぶうさんはそれも使わない。

作り始めて3年目でようやく、育ってきた家庭農園の野菜。無農薬だと、雑草もすごい。夏の間が一番家庭農園がぎっしり野菜づくしになる。3月から準備を始め、4月から種を植え始める。ブロッコリーの時期は、ブロッコリーを育てるので、忙しいため、さすがに家庭農園の作業に集中することは難しいそうだ。

五島列島 小値賀の海。ここは自然が豊か。ここで育てられる野菜は美味しいわけだ

海のミネラルも肥料とする。海藻なども使うが、一番使うのが、海栗(ウニ)の殻。そのまま、土の中に入れたりするなどしている。毎年、海栗捕りをするので、その時に、殻を肥料として、活用するそうだ。(海産物を採ることができる時期、1000円の漁協権が必要となる)

ぼくらが2010年10月と1月に行った能登で、初めて海の幸を再利用していることを知った。能登ワインのぶどうを育てるのに、ミネラル豊富な牡蠣(カキ)の殻を砕いて、肥料として使っていた。ぶうさんも牡蠣の殻も少し使っている。

五島列島 小値賀 ぶうさんのブログから問い合わせて購入することも可能だ(ぶうさんのブログはこちら

牡蠣の殻を使うと酸性の土がアルカリ性になるそうだ。レモンも美味しい。ちなみに島のレモンは一つ100円…そう簡単に育てられるものではないかと思うが、確かに、自分で育てたほうがいろんな意味でお得なのかもしれない。(続きはこちら

<前回のエピソード 『day 88.5 五島列島 小値賀島 どれくらいの生活費がかかるのだろうか… ~ブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さんのライフスタイル~』>

<次回のエピソード 『day 88.7 五島列島 小値賀島 自分のライフスタイルをプロデュースする… ブロッコリー農家とは… ~ブロッコリーとカボチャ農家のぶうさんと美保さんのライフスタイル~(最終話)』>

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!

Please click below icon for a blog ranking

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

関連記事

  1. day 90.3 五島列島 世界遺産 暫定リストに登録されている…
  2. day 88.2 五島列島 小値賀島 薪風呂後の“ざっくばらんな…
  3. day 92 五島列島から佐世保へ ~“ハッピーで楽しいライフス…
  4. day 89 五島列島 小値賀 野崎島へ行けるのか?!理想的なラ…
  5. day 86.2 ぼくらと同じ湘南エリア出身の移住者との出会い …
  6. day 90.5 バックパッカー田舎旅 in 五島列島 「中川く…
  7. day 91 五島列島の中通島へ ~五島を南下するバックパッカー…
  8. day 87.1 小値賀の“古民家”や“民泊”プログラム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

車載 炊飯器 Cook rice in a car バンライフ&車中泊アイテム: クルマで炊飯ってできるの?! 穴水町 星空 天の川 Milky Way in countryside Japan 星空旅スポット: 能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~ best yakiniku bbq meat in gotanda tokyo 五反田 最高の焼肉 うしごろ バンビーナ “ほどよい都会” 五反田の“スゴイ”焼肉店『うしごろ』 ~ “食”ブロガー一押しの焼肉 ~ 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa どこにでもあるような東京よりもリアルな“日本”を見たい ヨーロッパやアメリカから穴水町岩車へ hiace cruise control ハイエース クルーズコントロール クルコン 長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登

能登 かき 穴水町 牡蠣 石川県 金沢
  1. 田舎 広報 仕事
  2. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式
  3. SNS 中傷 コメント
  4. 長期滞在 車中泊スポット 住める駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町
  5. バンライフ 秋葉博之 秋葉洋子 夫婦 家捨て 家売却 横浜出身

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP