2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

day 87.2 「飲んじょるか? ほら、飲みなさい!」 五島列島・小値賀(おぢか)の“終わらないビール”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
五島列島 クリーニング 森 goto ojika island mori

2011年2月6日(日) – さぁ、森クリーニングの森銀一さん宅へ交番から向かおう…

すると…森さんが家から、「早く来なさい!」と大声で叫び、笑顔でぼくらを誘う。

さて、これから楽しい“人情味ある”森さん夫妻との交流だ。

昼間から森さん宅では、銀一さんの他、奥さんのひさ子さん、銀一さんの学生時代の先輩/散髪屋の松永一郎さん、森さんの親戚で55歳まで船長/漁師だった森恵(もりめぐみ)さんたちが炬燵(こたつ)を囲み飲み会が始まっていた。

とにかく、みんな愉快な人たち。

五島列島・小値賀(おぢか)の森クリーニングの森銀一さんとひさ子さん

森さんの家は、さすが!クリーニング屋さんを経営していることだけあり

家中全てが“クリーニング”されているかのように、綺麗な家だった。

床に物を置いてないし、ゴミ一つ見えない家。1~3月はクリーニングの量がその他時期と比較して少なく、夏が一番多いそうだ。

中に入ると、「まっちょった!」とぼくらを迎えてくれた。

どうだ、飲んじょるか?ほら、飲みなさい!」と、銀一さんやひさ子さんがビールを注いでくれる。

ありがとうございます。いただきます!」と飲むぼくら。

注いでいただき、一口飲むと

どうだ、飲んじょるか?ほら、飲みなさい!」と引き続き…

またグラス一杯に注いでくれる森さん夫婦。

常にビールがグラス一杯になり…

ビールのグラスが空っぽになることがないどころか…

ビールの量が、グラスの上から1センチ以下になることがない。

五島列島・小値賀の森クリーニング屋さんでの愉快な飲み会

おもしろいし、嬉しい。絶対笑顔になる宴会な雰囲気の森さん宅!

ぼくも真似して、みんなのグラスが一杯になるまで注いでみたりする

さて、この昼宴会中、小値賀の斑島(まだらしま)にもポットホールがあることを聞いた。

宇久町の隣にある寺島で見たポットホールよりも、斑島のほうが大きいそうだ。(寺島でみたポットホールこちら

昨晩、カラオケ「メロディー」の弘子さんから唐揚げの差し入れをいただいたことを話すと、森さんと弘子さんは親戚同士だったことがわかった。また、森さんの娘さんはぼくらと同じ名前の“中川”さんと結婚。「何か縁を感じるね」と、みんながうなずき始める。(昨晩の交番でのテント泊こちら

みんなから野崎島に行くことを勧められた。五島列島に来てからもう何度もみんなから「野崎島へ行ってきな~」と勧められている。野崎島は過疎化が進み、現在人は住んでない。

400頭の鹿のみ。

人が住んでいたころ、野崎島には、村が3つあり、学校も3つあったそうだ。

一さん含め島の人たちは昔、島の燃料となる木炭をつくるために、森さんは、野崎島に木をとりに行っていた。お風呂、料理用など一年に一度、木を切りにいき、一年分の燃料を取りに行ったそうだ。

その当時、電気アイロンがなかったので、その木炭は、ストーブの他、クリーニング用のアイロンの熱としても、木炭を使用していたそうだ。

五島列島 小値賀で出会った森クリーニングの森銀一さんと昼間から宴会。小値賀出身の人たちと触れ合い現地の生活スタイルについてざっくばらんに話しを聞いたりするなどしてお昼を過ごす…

小値賀のいいところは?」と聞くと

「小値賀の“空気”が良いところ。不便なこともあるが、自然が豊かでいい」と話していた。

「君たちは“田舎に泊まろう”の人たちじゃないの?カメラマンさん」と、笑いながら話す。

やっぱり、田舎に来た時は、民家が楽しい。

ここでも、最近始まった「古民家(こみんか)」に関する話しを聞いた。事務所のメンバーの多くは島外の人たちらしい。現在、事業は国から補助金を受けて、運営されているそうだ。(古民家の話しはこちら

小値賀には島民の家に泊まり田舎体験ができる「民泊(みんぱく)」プログラムもある。手数料として宿泊費の一部がNPO法人おぢかアイランドツーリズム協会(IT協会)に入るシステムになっている。

ぼくらは興味深い宿泊プログラムだと思うが、民泊には修学旅行生が多いらしく、子どもには、田舎暮らしの良さがわかるのだろうか…という声もあるそうだ。また、Twitterなどで「今、炬燵でテレビを見ています」というつぶやきもあるなど、寒い季節で天気が悪いと大変のそうだ。まぁ、そんな季節は、どこにいても大変だろう。

若い時はわからないことが多いかもしれないが

田舎とのつながり”の第一歩となり、思い出として残り

「そういえば、あの田舎体験よかったなぁ~」と振り返ることが出てくる。

ぼくはボーイスカウトに入っていたが、そんな経験がなければ、今やっているようなことをしていなかったかもしれない…

森さん夫妻は面白いですし!“民泊”に参加したらいいじゃないですか!」と言うと、「なに?!洗濯体験でもさせるの?!」と、ひさこさんがクリーニング屋さんならではの突っ込み発言をする。ひさこさんのそんなシンプルな突っ込み発言が実に面白い。

自給自足は難しい」という話しにもなった。さすがに田舎でも完全な自給自足生活をすることができない。「現金をどうやって払うのか」という課題がある。「お金がいらない時代はよかった。今では一日でも現金がいらない日はない」と…

荷物はここにおいちょっていいから島巡りをしてきなさい」と「あと、今夜、お風呂入って行きなさい」と、すごくありがたい言葉をいただいた。

ひさ子さんが、正月用のお椀でお味噌汁をだしてくれると、松永さんは、「今日、これは正月のお接待だぞ~。こっちは、そんなの出されたことないのに、あんたたちは旅行中なのに、正月気分だね」と冗談を言い笑ったり、「あー!鎌倉の人と飲んでると、こっちも酔っ払ってきた」と、皆昼から、お寿司、揚げ物、グレ、ビール、焼酎を飲み食べながら話す。

方言の話にもなり、長崎やその他本土の方言は、「じぇんじぇんわからへん」と…

小値賀の方言をいくつか教えてくれた。

・「おんつあん」 ⇒ おじさん。

・「ほこる」 ⇒ 怒る(小値賀弁独特)

・「ばってな」 ⇒ しかし

・「あいかれ」 ⇒ バカたれ

・長崎では、「何しようか?」を「なんばしよっとか?」だが、小値賀では「なんばしよっとな」、「なんばしよっとらぁ」となるそうだ。

ひさ子さんは、卓球やバトミントンをしていて、途中で、卓球をするために、外へ出て行った。

時間はまだ13:30…

これからぼくらは、ぼくらと同じ湘南エリア出身で、小値賀に移住し就農した“ぶうさん”と美保さん宅へ向かう。(続きはこちら

<前回のエピソード 『day 87.1 小値賀の“古民家”や“民泊”プログラム』>

<次回のエピソード『day 87.3 五島列島・小値賀の“ぶうさん”とブロッコリー』>

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. day 81.1 長崎県 大瀬戸から“池島”に向けて出発 ~池島…
  2. day 87.5 森クリーニングの森さん宅での“民泊”の愉快なお…
  3. day 87 「車を貸しちょげるから、島を回ってきたら!」と小値…
  4. 第一弾目の九州バックパッカー田舎旅 最終全話アップ! ~「こんな…
  5. day 90.5 バックパッカー田舎旅 in 五島列島 「中川く…
  6. day 87.3 ブロッコリーの“ぶうさん”(今田光弘さん)と初…
  7. 小値賀(おぢか)二日目…森クリーニングの“お誘い”
  8. day 81.2 長崎県 池島 「一体ここで何があったの…!?」…

コメント

    • ei
    • 2012年 5月 24日

    ふふふ。<br />読んでるだけでも楽しいです☆<br />「まっちょった!」で爆笑しました。

    • 「まっちょった!」いいよね!すごく明るい夫婦だったよ~。奥さんの突っ込みもホント面白かったし。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

道の駅 車中泊 【田舎旅】風穴の里から鎌倉へ ~ クルマ旅向けお薦め電気ポッドとサブバッテリー ~ 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ 能登 穴水町 田舎体験 洋上パーティー 【メディア掲載】中日新聞『能登でつくる夏の思い出 神奈川の4人家族、田舎体験』 田舎バックパッカー 広報 写真家 中川生馬 day 75 福岡県博多に到着し、小呂島(おろのしま)へ…って「どこそれ?」 Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 能登 かき 石川県 販売 【能登牡蠣<かき>レビュー】石川県金沢市の方「12月は(かきは)小ぶりだと聞いていたが。大きかったですよ!」

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登
  2. 日経 AR 記事

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年販売開始!>
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
day 54 愛媛県 日振島へ  なにがあるかわからないけど、とにかく行ってみっか
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。