2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

day 87 「車を貸しちょげるから、島を回ってきたら!」と小値賀・森クリーニングの“銀一さん” ~交番でのテント泊で、“信用”を築いた田舎バックパッカーのぼくら~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
201126日(日)ぼくら田舎バックパッカー夫婦は現在、五島列島の小値賀にいる。昨日の午前中、宇久島で牛の競り「牛市」へ行った後、宇久の神浦港から、小値賀へと向かった。(なぜ牛市に参加したのか?!牛の競りの話しはこちら

小値賀に到着早々、役場で、ぼくらと同じ湘南エリア出身の美保さんと出会い、美保さんのパートナーのぶうさん(今田光弘さん)の話しを聞き、翌日(今日)、会う話しをしてその場を離れ、交番の小値賀警察官駐在所へと向かった。交番の隣には、公園があり、ここにテント泊をする予定だったぼくらだったが、もろもろの事情により、交番の駐車場にテントを張ることになった。(交番でのテント泊交渉ストーリーはこちら
これが、ざっとした前回までのあらすじである
ここからがday 87の話し…
早朝7:00頃、交番で目が覚めると、「誰がこんなところにテントを張ってるんだろうねー」、「あっ~!飯盒もあるよ」と公園で数人のおばさんたちの話声が聞こえた。
が…ぼくらは気にせず、寝続けた。
朝からカレーそうめんを自炊。文字通り、カレーとそうめんを混ぜ合わせた創作料理。
公園をとおり過ぎた夫婦に「おはようございま~す」と挨拶をする。
話しかけた夫婦は、大阪で自営業を営み、定年後(約15年前)に、生まれ育った小値島に戻ってきたそうだ。小値賀では、「自給自足がブーム」なのか、かなり安く暮らせるとの話しだった。
自営業だと国民年金となり、年金額が少ない。夫婦で10万円もないとのことだった。10万円あれば十分暮らせるのだろうか…。
次の人に、挨拶をすると、通り過ぎた一人からまた、野崎島を薦められた。キャンプにはちょうどいいらしい。
さて、ぼくらは…この島で、“安全”というイメージを構築していた。
「交番でテントを張っている」「交番から許可を得た」 「テントを張っている変わり者だけど、信用できそう」 「ぼくらに話しかけても安全」という“方程式”ができあがっていた。
そんなぼくらが創りだした“方程式”“背景”からだろうか、いつもはぼくらから挨拶をすることが多いのだが、今日は相手側から話しかけてくるケースが多い。
地元の人たちと仲良くなることで、地域の特性や生活スタイルがわかる。
ぼくは公園で、そんなことを思いながら、テント、飯盒などを片づけ始める。
公園を通り過ぎたおじさんに「こんにちは」と話しかけ、もろもろ会話を交わす。
このおじさん…小値賀のクリーニング屋「森クリーニング」のオーナー 森銀一さん。交番前に車庫があり、「森クリーニング」は交番から約1520m先にある。

五島列島 小値賀 森クリーニングの銀一さん (翌朝撮影)
おじさんが、「車を貸しちょげるから、島を回ってきたら!」と声をかけてくれた。
「本当ですか?!」と、結花がおじさんの車を見に行く。
しかし、彼の車はマニュアルの軽自動車で、ぼくは、日本の運転免許証を持っていないし、結花はオートマ限定。っということで…せっかくのオファーだが断るしかない。
「残念ながら、無理そうです」とお断りすると、
「あぁ~、大丈夫!運転してみなさい」と言われるが…
「いや~だめですよ~。免許がないし、マニュアルは運転できないので!」と、笑顔で再度返答する。しかも、ぼくらが話している場所は交番前。
うちに来て“お茶”でも飲まんか?」と誘われた。
面白そうな人だなぁ~と思い、「是非行かせてください。片付けたら行きます!」と返答する。
森さんは、「じゃ、これから、お墓参り行ってくるから。いつもだったら、歩いて行くけど、車でささっと行ってくるから。戻ったら家に来なさい」と、ニコニコしながら笑顔でぼくらを誘ってくれた。
ぼくらは、「わかりました」と、笑顔で返答して、バックパックに荷物を入れながら森さんの帰りを待った。この“お茶”…が別の飲み物に変わることも知らず、銀一さんの帰りを待つぼくらだった。(続く
<次回のエピソード 『day 87.1 小値賀の“古民家”や“民泊”』>

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 五島列島・小値賀へのバックパッカー田舎旅で出会った“ぶうさん”と…
  2. day 87.5 森クリーニングの森さん宅での“民泊”の愉快なお…
  3. day 81.1 長崎県 大瀬戸から“池島”に向けて出発 ~池島…
  4. 五島列島・宇久島(長崎県)で、大宰府(福岡県)の人たちとの宴会?…
  5. day 81.5 長崎県 池島 海面下650mの炭鉱世界を“マン…
  6. 「島旅ニッポン」に五島列島・小値賀(おぢか)登場!楽しい民泊プロ…
  7. 田舎バックパッカー夫婦が行く野生の鹿400頭&住民1人 “ワイル…
  8. day 86 田舎バックパッカーが“子牛”の競り『牛市』に参加?…

コメント

    • Anonymous
    • 2012年 5月 15日

    「交番でテントを張っている」⇒「交番から許可を得た」⇒ 「テントを張っている変わり者だけど、信用できそう」⇒ 「ぼくらに話しかけても安全」という“方程式” 「おしい!」<br /><br />小値賀の人はフレンドリーなんです。<br />誰にでも話しかけていきます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

穴水町 どんたく スーパー 鮮魚 ぶり あじ イカ 【能登での田舎暮らし】1~2人前ブリ「のと寒ぶり」500円!?娘と2人で手巻き寿司 MROラジオ タニカワ旅行社 【メディア掲載】MROラジオ「有限会社タニカワ旅行社」に3月15日と22日に登場! FFヒーター オーバーホール 煤 すす 故障 不具合 不調 家と書斎機能ある“動く拠点”、8年使用した冬欠かせない装備『FFヒーター』の清掃・修理・部品交換!症状は? のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から 長期滞在 車中泊スポット 駐車場 シェアハウス 能登 石川県 穴水町 能登半島奥の駆けこめるシェアハウス“搭載”型の車中泊スポット「バンライフ・ステーション」に入居者 ~ コロナ禍 なぜ住める駐車場へ? ~ < 4話目 >

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. 能登空港
  2. stars ishikawa, anamizu stars, noto stars, 穴水町 星空, 石川県 星空, 能登半島 星空, 移住 星空の町, 星空 綺麗 田舎
  3. 田舎暮らし 日々 石川県 能登 穴水町 岩車 中川生馬 移住者
  4. 田舎暮らし 平凡 毎日 能登 石川県穴水町 岩車
  5. 転覆 ボート 処理

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
【海外バンライフ動向】映画「キャプテン・マーベル」出演の女優ブリー・ラーソンさんもバンライフの世界へ ~ 車両は日本では見かけない日産バン ~
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎でITレビュー】トリプルレンズカメラ搭載 縦長6インチ格安スマホ「OUKITEL C17 PRO」ってどう?「田舎」で使える?テザリング?電波感度は?
グルメ旅人お薦め 豪徳寺のイタリアン『テアトロアッカ』 新宿駅からわずか15分
自動車用電球メーカーが“幻のきのこ”はなびらたけをつくってるって?!なぜ?
【田舎で仕事 - 執筆】『SUUMOジャーナル』50歳手前で人生方向転換 キャンピングカーにお引越しした夫婦
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。