2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

day 86.2 ぼくらと同じ湘南エリア出身の移住者との出会い 五島列島・小値賀(おぢか)で ~小値賀で就農した“ぶうさん”のパートナー 美保さん~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
201125日(土) – 1600ごろ、小値賀(おぢか)の柳港(やなぎこう)に到着。同じ船に乗っていた親切なおばさんが、ぼくらと酔っぱらっていたおじさんを乗せてくれ、小値賀の笛吹(ふえふき)の小値賀町役場周辺で、ぼくらを降ろしてくれた。


到着早々、ぼくはとりあえず、トイレに行きたかった。役場があったが、今日は土曜日。建物の雰囲気は閉まってそうだ。

近くまでに行くと、役場の入り口の自動ドアを掃除している人たちを見かけた。

「おっ!誰かいる。ちょっと行ってくるわ。トイレを使わせてくれるかもしれない」と結花に伝え、バックパックを担ぎなら走って、役場の建物へと向かった。自動ドアをノックすると、外を背に奥の自動ドアを拭いていた女の人が、「あ!びっくりした!!」と大声で叫び、ノックしたぼくを、口を開き、かなり驚いた表情で見る。

五島列島 小値賀(おぢか)(西海国立公園)に到着
明日から小値賀散策を開始する。とりあえず、テント泊ができる場所を探す
今晩のテント泊…これまでにない場所にテントを張ることになる…
(続きは次のエピソードで)


トイレを借りてもいいですか?」と尋ね、トイレに行く。

軽くノックした程度だったと思ったが驚かせてしまった女の人は、神奈川県平塚出身の美保さん。ぼくの地元である鎌倉のすぐ近くだ。「遠く離れた五島列島の小値賀で何をしているのだろう」と思い、トイレから出て話を聞いてみた。ぼくらの旅の理由、これからテントを張る場所を探していることを伝えた。「公園なら近くにあるわよ」と場所を教えてくれた。


美保さんは現在、美保さんのパートナーの“ぶうさん”こと、今田光弘(いまだみつひろ)さんと小値賀に住んでいる。 ぶうさんは8年前、小値賀町担い手公社(にないてこうしゃ)に申し込んだ。この担い手公社の下、2年間賃金をもらいながら農業のノウハウを教わり、小値賀で就農した(就農するには計5年かかるそうだ)。美保さんは、約3年前、小値賀に移住した。
美保さんは、パートナーのぶうさんさんと一緒に“自給自足的”な生活をしているとのことだった。

二人とも平塚出身。ぼくらは“自給自足”生活に興味心身。
ぶうさんは、自給自足や島暮らしに憧れ、小値賀で就農・移住を決めた。
その背景には、ボーイスカウトがあるらしい。ぼく自身もボーイスカウトだった。

ボーイスカウト”、“自給自足”、“島暮らし”と、これらキーワードは、ぼくの興味を更に沸かせた。今すぐにでも会ってみたい…

ちなみに、小値賀では、2,500円の漁業権を取得すると、個人が漁をすることができるそうで、“海の幸”自給自足生活スタイルもある。


この島では、食べることに困らない。海で鯵(アジ)が釣れたり、畑で野菜を採ったり、いろいろな食材がみんなにまわってくる。 しかし、光熱費や保険などを支払うための現金収入は必要不可欠なので、美保さんは市役所で働いている。現金は必要だが、「見方によっては、豊かな暮らし方」だ。

そんな生活スタイルに憧れている。
「おもしろそうですね。是非、お話を聞かせてください!可能でしたら、明日にでも伺わせて下さい」と、美保さんにお願いして、お互いの連絡先を交換した。

五島列島 小値賀の“名物・結花子おじさん”と遭遇・・・


しかし、この島では、ソフトバンクの携帯がつながらないので、念のため、地図でぶうさんと美保さんの家の場所を教えてもらった。(ちなみに、この島では、ドコモ、AU、ソフトバンクの携帯電話がつながるが、ソフトバンクは、笛吹のフェリーターミナル付近でしかつながらない)

別れ際…「あっ!ちょっと待って!お酒飲める?」と質問されるどうやらぶうさん宅では、お酒が飲めることが重要のようだ。ぼくらもお酒が大好きなので、これについては全く問題なしだ。

※ということで、ぶうさん、美保さんとの楽しい田舎生活スタイルのお話しは、数日後のエピソードで紹介します。

「近くにきたら、『浜津(場所名)のぶうさん、もしくは今田さんの家はどこですか?』と聞けば、その辺の人たちが場所を教えてくれるわよ」と美保さんから言われ、ぼくらは今夜、テントを張れる場所を探しに、歩き続けた。

この後、“警察官”との出会いがぼくらを待ちうけていた(続く



<次回のエピソード 『day 86.3 “交番でテント泊交渉… 五島列島の小値賀で 成立なるか…!?』>

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. day 86 田舎バックパッカーが“子牛”の競り『牛市』に参加?…
  2. day 85.2 田舎バックパッカー旅5ヶ月目にして2人目 首都…
  3. アウトドアな“キムチ雑炊”!?…またも風呂での出会い!? 五島列…
  4. 五島列島 小値賀島 森クリーニング 森さん宅で“切れのある”愉快…
  5. ukujima island in Nagasaki 長崎県 五島列島 宇久島 day 84 五島列島 宇久島 縄文人はなぜ「ここに島がある」と…
  6. day 85.6 五島列島・宇久島(長崎県)と大宰府(福岡県)の…
  7. day 92.1 佐世保から都府楼への“鈍行”バックパッカー旅 …
  8. day 87.3 ブロッコリーの“ぶうさん”(今田光弘さん)と初…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Quora QAサイト CEO 取材 アダム・ディアンジェロ Adam D’Angelo Facebook CTO 【田舎で仕事 – ライター】信頼性高いQAサイト『Quora』記者会見へ – 初代フェイスブックCTOを個別取材 rugby ireland traveling with campervan in Japan ラグビー アイルランド キャンピングカー 【田舎旅】スコットランドのラグビーファン 車中泊しながら日本巡り ソフトバンク プラチナバンド ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は? Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 島暮らし day 51.1 高知県 沖の島の市原商店での夕べ ~ 人生の流れを創造するのは自分 ~ Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 能登 かき 石川県 販売 【能登牡蠣<かき>レビュー】石川県金沢市の方「12月は(かきは)小ぶりだと聞いていたが。大きかったですよ!」

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
フジテレビ めざまし8 AU,AU電波障害
  1. 穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会
  2. inaka backpacker japan
  3. 穴水 車中泊, 石川県 バンライフ,北陸 バンライフ, 中川生馬
  4. 穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  5. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【能登での田舎暮らし】石川県穴水町の小学校の統合に関する説明会 7月14日開催 そもそもなぜ統合ありきで話しが進んでいるのか?
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~
脚本執筆のために「田舎バックパッカーハウス」シェアハウスに滞在したConnor Jessup(コナー・ジェサップ)の新作ドラマ
石川県穴水町のシェアハウス兼“住める駐車場”車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」< 公式概要と利用料金について>
day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。