2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

day 84.6 五島列島・宇久島(長崎県) またも…お風呂からの出会い…畠中さん一家と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

201123日(木)今日、ぼくらは一日中、宇久島を散策した。

キムチ雑炊の晩御飯後、大変ありがたいことに今晩も重村重信さんのお宅でお世話になるのだが、19:00過ぎに、重村さんが宇久に移住したとき以来、お世話になっている酒屋「八番」(畠中酒店)の畠中茂雄(はたけなか しげお)さんを紹介いただき、畠中さんのお宅でお風呂に入れさせてもらうことになった。(重村さんとの出会いは


五島列島・宇久島(長崎県)酒屋「八番」の畠中さん夫妻と結花
これも実にありがたい!池島以来…ぼくらはお風呂に入っておらず…頭が若干痒い炭鉱で栄えた池島の銭湯以来の…またも…お風呂からの出会いだ。(その時の話しはこちら

お風呂”というのは、“温かい人との出会い”へとつなげてくれるのだろうか…

畠中さんは、宇久町商工会の会長でもある。家には、奥さん、娘さんの絵美さんもいた。絵美さんは、「八番」の小店舗で港前の大通りにある煙草と酒屋「エトワール」のお店を経営している。畠中さん家族は明るくてフレンドリー。
ぼくらはもろもろバックパッカー旅の理由について話し始め、手短に自己紹介。


「ここは海もきれい、畑もあるし、みんなゆとりある暮らしをしたいけど、現金を稼ぐことが難しいよね」と絵美さん。物々交換が多いだからだろうか…。いや、田舎では、就職先を見つけることが難しい。現実、現金を稼がないと、暮らしていけない。今の時代、完全自給自足型の生活ができたとしても、多少の税金保険公共料金などを支払う“お金”が必要となる。

五島列島・宇久島(長崎県) 酒屋「八番」の
畠中絵美さんと愛犬トイプードル
絵美さんは18歳~20歳まで、都内の鎌田で仕事をしていた。交通事故にあってしまい、4ヶ月間、宇久島で安静にしていた。それ以来、宇久島に住んでいるそうだ。「東京には一度、憧れで行く程度。混んでるしねぇ…」と重村さん。確かに東京には、なにもかも一極集中していて、混雑しすぎている。


混雑を楽しむこともあるが、もう少しスペースが欲しいと思うことは多々あった。
絵美さんは旅人慣れしている雰囲気だった。以前、女性の旅人を泊めてあげたことがあったそうで、それ以来、毎年、絵美さんのところに泊りにくるそうだ。出会いはシンプル。その旅人は宇久島で薬屋さんを探していて、その時に絵美さんと出会い、家でお茶をして仲良くなった。その流れで、絵美さん宅に泊まり、二人の“つながり”がはじまったそうだ。

五島列島・宇久島(長崎県) 畠中絵美さんの愛犬トイプードル

ぼくらは、宇久島の次に、小値賀(おぢか)に行き、五島列島を南へと下っていくことを話すと、皆から野崎島(のざきじま)に行くことを薦められた。
野崎島がきれいらしいが…一体その島になにがあるんだろうか。
あまり遅くまでいるのも悪いので、畠中さんにお礼を言い…重村さん宅へと戻って行った。
明日、絵美さんのところに遊びに行こうかね~」と結花に話す。
ちなみに今晩で、5日連続の田舎バックパッカーによる“民泊(みんぱく)”となる。(翌朝へと続く
■田舎バックパッカー in 九州ストーリー
day 84の一話目はこちら
・五島列島・宇久島(長崎県)初日のストーリーはこちらから
・炭鉱で栄えた池島(長崎県)のストーリーはこちらから
・池島出発前の大瀬戸(長崎県)でのパン屋さんストーリーはこちらから
・小呂島(福岡県)でのEXILE特待生・島田乾生くんとの出会いはこちらから
・小呂島で聞いた島の現実「漁師…それとも夢か」のストーリーはこちらから

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. day 86.2 ぼくらと同じ湘南エリア出身の移住者との出会い …
  2. day 88.1 五島列島 小値賀島 ブロッコリーとカボチャ農家…
  3. day 81.4 長崎県 池島炭鉱の歴史について ~日本初の“…
  4. day 88.7 五島列島 小値賀島 自分のライフスタイルをプロ…
  5. 五島列島・小値賀島 “ぶうさん”宅での民泊編をアップ ~ バック…
  6. day 88.4 五島列島 小値賀島 なぜ田舎や島暮らし?タイミ…
  7. day 90.4 世界遺産登録が近い五島列島 野崎島 出発45分…
  8. 田舎バックパッカー夫婦が行く野生の鹿400頭&住民1人 “ワイル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

vanlife wedding バンライフ ウェディング クルマ 結婚式 <写真で語る>「カートラジャパン2019」裏で開催 サプライズ『バンライフ・ウェディング』 cbcテレビ チャント バンライフ ミチトライフ 矢井田夫婦 【田舎で仕事 – 広報】東海エリア「CBCテレビ」が「バンライフ」に密着 「生活費は?食事は?仕事は?」<動画あり> day 8 石川県輪島から舳倉島に行けるのか 田舎体験 石川県 穴水町 能登半島 田舎暮らし体験 【田舎体験】 あの『ヤスヨとヤスコ』が能登で田舎体験! Quora QAサイト CEO 取材 アダム・ディアンジェロ Adam D’Angelo Facebook CTO 【田舎で仕事 – ライター】信頼性高いQAサイト『Quora』記者会見へ – 初代フェイスブックCTOを個別取材

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  1. ハイエース バンライフ, ハイエース 仕事, バン 仕事
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
映画「人生、いろどり」上映をきっかけに『石本商店』再オープン ~ シェフ・谷本徹さんの噂のカレー ~
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記>
5歳の娘、今夜も“家の前”で車中泊?!将来は大物バンライファ―?!
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。