2011.02: <九州>福岡県(小呂島)・長崎県(池島・五島列島)

day 81.6 長崎県 池島 約40棟の“歩けない”アパートたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
2011131日(月) – アパートは全部で、45。現在、人が住んでいるアパートは、8だが、1棟にそんな多くの人が住んでいるわけではない。管理職、係職、課長代理など職員の階級によって、住めるアパートや広さが異なっているそうだ。

当時、尾崎さんが池島に来た時、34年間、アパートに入れないほどだった。女性は、共同風呂を嫌がり、島を出て行く人が多かったそうだ。

当時、池島に来た時、3~4年間、アパートに入れないほど
人気だったが、今はがら空きである…
アパートの家賃は月5,0006,000円!水道600円で使いたい放題。かなりのお手頃価格だが、現在、「アパートは賃貸していないだろう…」とのことだった…

が、後日出会った三井松島リソーシスの若林さんによると、アパートは現在、市営で、借りたい人は、長崎市役所、神浦港にある行政センター、池島のボーリング場の近くにある役場で申し込めるそうだ。所得によって、家賃が異なったり、長崎市民に賃貸を限定している可能性もあるので、詳細は、市役所から情報を得たほうが良いとのことだった。

これだけアパートが沢山あるのに、活用しないのはもったいないインターネット環境を整備して、主に仕事の設備としてネットだけが必要な人たちに貸し出したり、企業誘致をして、サテライトオフィスのようにアパートを活用するなど、海外での技術の“再活用”だけでなく、池島内の“リソース”も再利用してみてはどうだろうか?
長崎県 池島 さて…炭鉱技術は技術移転され新興国で活用されているが…
歩けないアパート”たちは…どう再活用するか

「長崎市設池島総合食料小売センター」内にある脇山鈴子さんの「おかあちゃんの店」は6年前の閉山後にオープンした。確かに他で食べるところがないから助かるし、お手頃な価格帯で美味しそうなメニューばかり…。お店は朝600ごろオープンして、1800に閉まる。


長崎県 池島 「かあちゃんの店」の脇山鈴子さん(左)
また、この島には2つも銭湯100円)がある。ぼくら田舎バックパッカーにとっては大変助かる。お風呂の心配をする必要はなさそうだ。しかし…2つも銭湯が必要なのだろうか、と思ったので聞いてみた。アパートの一部部屋にしかお風呂がついていないため、多くの人たちが、この銭湯を利用している。アパートは、三井松島が管理している。当時、会社の上層部のみが、お風呂付のアパートに住んでいたそうだ。
現在、池島には年金暮らしをしている人やアーバンマインの従業員が多いそうだ。
池島に住む大半の人たちが島外の人たち。みんな炭鉱のために、池島に移住してきたのだ。島出身の人たちは、飲み屋周辺に住んでいる人たち。というか…この島に“飲み屋”があるのか…
聞いていると…「そんなに栄えてたんだ!」という驚きの内容ばかりだった…
池島全般に関する内容は、これぐらいにして…今夜テントを張る場所を探さなければ…(続く
<前回のエピソード 『day 81.5 長崎県 池島 海面下650mの炭鉱世界を“マンベルト”や“ドラムカッター”で… ~採炭掘進の給料は…~』>
<次回のエピソード 『day 81.7 長崎県 池島の“雄二&こうじ”との出会い』>

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. day 85.4 長崎県 五島列島・宇久島の隣にある人口14人の…
  2. day 85.2 田舎バックパッカー旅5ヶ月目にして2人目 首都…
  3. day 84.4 「なぜ結花は“ひょこひょこ”と…」ふっと考える…
  4. day 88.4 五島列島 小値賀島 なぜ田舎や島暮らし?タイミ…
  5. 田舎バックパッカー夫婦が行く野生の鹿400頭&住民1人 “ワイル…
  6. day 86 田舎バックパッカーが“子牛”の競り『牛市』に参加?…
  7. day 92 五島列島から佐世保へ ~“ハッピーで楽しいライフス…
  8. 五島列島・小値賀島 “ぶうさん”宅での民泊編をアップ ~ バック…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

ソニーピクチャーズ 中山雅貴 弁護士 sony pictures entertainment masaki nakayama lawyer “自分に集中” 中毒的なSNSから離れる – 米・司法試験一発合格した人物から感じたこと バンライフ 住める駐車場 リラックスできる新たな『VANLIFE – バンライフ』スポットをつくる テレビ金沢 バンライフ TV Kanazawa Vanlife バンライフ ジャパン 【メディア掲載】テレビ金沢特集『注目の“バンライフ” 車がつなぐ出会いとは…』に登場 2020年7月10日付 北國新聞朝刊「横浜の40代夫婦、3カ月滞在 コロナ禍 穴水で車中泊 自然、人情に触れ『来て良かった』」 【メディア掲載】北國新聞 田舎バックパッカーハウス滞在の秋葉さん夫婦、生馬と結生が親子で同日メディア掲載 asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ 【メディア掲載】朝日新聞に登場!「車で寝泊まり、バンライフ 極端な生き方?豊かな生活?」

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
フジテレビ めざまし8 AU,AU電波障害
  1. 穴水町 小学校 統合, 向洋小学校, 小学校 説明会
  2. inaka backpacker japan
  3. 穴水 車中泊, 石川県 バンライフ,北陸 バンライフ, 中川生馬
  4. 穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  5. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【能登での田舎暮らし】石川県穴水町の小学校の統合に関する説明会 7月14日開催 そもそもなぜ統合ありきで話しが進んでいるのか?
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
脚本執筆のために「田舎バックパッカーハウス」シェアハウスに滞在したConnor Jessup(コナー・ジェサップ)の新作ドラマ
【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~
石川県穴水町のシェアハウス兼“住める駐車場”車中泊スポット「田舎バックパッカーハウス」< 公式概要と利用料金について>
day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
【能登での田舎暮らし】添加物賛成・反対派に関する質問をみて 結局 添加物ありがいいの?なしがいいの?
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。