Fukuoka Oronoshima Island - 福岡県 小呂島

day 76.2 福岡県 山道を歩き小呂島に眠る“要塞”と島の“楽しい”教育について ~地域密着型の教育と生活スタイル~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
田舎 離島 学校訪問

2011年1月26日(水) – ぼくら田舎バックパッカーは現在、小呂島の小呂小中学校を見学中で、水木校長先生から島全般や島での教育に関する話を聞いているところ。

これから理科の山口哲也先生と学校の奥裏山にある“要塞”へと向かう。

 

小呂島にある要塞へ

小呂小中学校は、第二次世界大戦中、軍の宿舎として使われていた。

学校の校門横には軍道が続き、日本海側からのアメリカ軍の攻撃を撃退するために、砲台などが設置されていた“要塞”がある。

その場所には、二つの建物があり、一つは見張り台、その奥にあるものが砲台だ。

結局、一発も砲撃することなく終戦したそうだ。

大変ありがたいことに、理科の山口先生が、この旧・要塞へと連れて行ってくれることになった。

小呂島 要塞 福岡

【福岡県 小呂島の要塞の上へ】

福岡県の離島での教員となると、玄界島(げんかいじま)か小呂島に絞られるそうだ。

山口先生は、2010年の教員アンケートで、「離島」の小学校での教職を希望し、小呂島にきたのだ。

小呂島に引っ越した後、島の家族との繋がりも大きくなってきた。先生も一住民として島民と触れ合う。

すると、漁師さん(生徒の親)から魚をもらったりする。そして学校で、「昨日、きみの両親から魚をもらって食べさせてもらったけど、すごく美味しかったよ!」と生徒に伝える。

シンプルな一言のように聞こえるが、漁師の子どもにとって、この一言は大きな「誇り」となっていくのだ。これも“漁師の夢”を抱く一つの背景だろう。

 

離島の学校の先生に聞く“都会と田舎の教育の違い”

都会と田舎の教育の違いについて聞いてみた。

都会の学校では、周りの目を気にしながら教育しなければいけない。

都会の場合、生徒の親の目を気にすることが多く、教科書どおり教えるばかりで、「理科の楽しさ」を伝える授業ができなくなってしまう。

小学生の生徒には、理科の“おもしろさ”や“楽しさ”を伝えることが重要だ。それは理科だけでなく、その他の科目にも言えることだろう。

なにに関しても、自分がやってみて「楽しい」と思わなければ、続けることは難しい。

仕事も同じだと思う。自分が“楽しい”と思わなければ続けることに疑問を感じ始める。

単純に、授業で学んだことを記憶するやり方だったら、楽しくない。(記憶することが楽しいと思えば、それはそれで楽しいのかもしれないが…)

福岡県 要塞 小呂島

【福岡県 小呂島の要塞の中はこのように何もなくなっている】

山口先生は、小呂島で初心に戻った。

先生として、「理科の楽しさを生徒に伝えなければ」と。小呂島に来た時に写真を始め、小呂島の“自然”を身近で感じられるような教え方も始めた。

その一例として、先生と生徒は、デジタルカメラを持って、島に飛ぶ野鳥の撮影をすることもある。

「カメラを持って島内を冒険して野鳥を撮影する」ことで、島の身近な“自然”と理科をつなげ、理科の“楽しさ”を膨らませる。

山口先生は小呂島に来てから、鳥に興味を持ち始め、鳥を撮り始めた。

学校内には、鳥の写真を掲示、鳥の写真ごとで鳴き声が聞こえる機材まで設置して、生徒が自身の島の自然について楽しく学べるようにしている。

鳥の写真の横には、丸いピンク色のセンサーシールが貼ってあり、それをペンのようなものでスキャンする/読み取ると、スピーカーから鳥の声が聞こえるのだ。

田舎 離島 学校訪問

【福岡県 小呂島 小呂小中学校を見学中。“理科の楽しさ”を生徒に教えたいがために、様々な授業体験を展開している山口先生。鳥の野鳥をカメラで撮影し、身近な島の自然と理科をうまくつなげて、「理科の楽しさ」を子どもたちに伝えている】

福岡 小呂島 要塞

【福岡県 小呂島の要塞。砲台跡。真ん中に砲台が置かれ、丸く回転するようになっている】

こんな理科の授業…学校の裏山を冒険し…“静かー”に鳥に近づき、鳥を撮影する…。想像するだけで、こんな授業に…参加したくなる。

シンプルな発想のように見えるかもしれないが、これで生徒が理科に感心をもって、“楽しく”理科を学ぶことができれば、生徒が理科の授業に入りこむ良いスタートになるのではないだろうか。

その他、山口先生は、学校のホームページ作成も担当している。<続きはこちら

< 前回のストーリー 『day 76.1 福岡県 小呂島 子どもたちの“漁師への想いと夢” “地域密着型”の先生たち 』>

< 次回のストーリー 『day 76.3 福岡県 小呂島 少人数の学校のメリットやデメリット ~アメリカで過ごした高校時代を振り返ってみた~ 』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. day 98.3 熊本県天草市牛深「うしぶか海彩館」から地域初の…
  2. day 99.4 クルマ旅の二階堂さん、釣り竿は自給自足できる旅…
  3. 天草 バックパッカー夫婦 テント泊 day 99.5 旅人のトイレと風呂に関する“革新的”な発想?!…
  4. 横浜駅 博多 夜行バス day 95-96 バックパッカー、夜行バスで横浜から博多経由 …
  5. 福岡県 小呂島 day 76.1 福岡県 小呂島 子どもたちの“漁師への想いと夢…
  6. day 99 熊本県天草市牛深で…気になる“黒い旅人…
  7. day 98.2 熊本県天草 うしぶか海彩館の事務局長と出会う …
  8. 美しい海 玄界灘 day 76 田舎バックパッカー、福岡県小呂島の学校を再訪問

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

kinto carstay キャンピングカー プレゼント 4組に1泊2日の秋のキャンピングカー旅プレゼント!今日から応募開始!KINTOもCarstayと共にバンライフの世界に進出?! 田舎旅 クルマ旅 カーステイ Carstay ハイエース ファミリーワゴンC 動く家 車中泊 【田舎旅】冬のクルマ旅 能登から長野経由で鎌倉へ 途中…マイナス8℃ 一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか? day 10.4 <写真で見る>石川県舳倉島の渡り鳥 / Photos of migratory bird on Hegurajima Island vanlife tame noto anamizu バンライフ ためさん 爲さん 能登 古民家 穴水 物語つくる「VANLIFE STORY」 能登へ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
バンライフ・ステーション 能登 穴水町
  1. 田舎暮らし 子育て 日記 娘 穴水 石川県
  2. 能登 石川県 穴水町 大雪
  3. 石川県 能登 穴水 能登 大雪
  4. Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 能登 かき 石川県 販売
  5. 石川県 能登 穴水 能登 大雪

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売! ~ 2021年出荷・販売開始! ~
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
【ざっくり特集 - VANLIFE 2】豊かな車上生活『バンライフ』は実現可能
輪島に移住して20年以上 イギリス人漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんとの出会いに関する旅記録1話目
『田舎バックパッカーハウス』のシェアハウス&オフィスと、長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』について<まとめ情報>
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
day 70.1 石川県輪島市 3ヶ月滞在予定が20年以上に 田舎の森の中に住み“デザインを冒険する”漆芸作家スザーン・ロスさんとの出会い
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。