2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 71.1 石川県穴水町 『ピンチはチャンス』 ~ 家にようやく入れたが…寒過ぎでお湯がでない! ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
椿崎 川端さん 移住

2011年1月16日(日) − 新田信明さんの家から椿崎の家まで帰ってきたはいいが…鍵を忘れたことに気が付いたぼくら。

椿崎の管理事務局に電話することにしたが、電話番号を知らない…。

近所の川端美代江さんの家に行き、管理事務所の電話番号を教えてもらい電話をする。

管理事務局の人は、「そうですか!予備の鍵ありますよ。でもこれから除雪作業をするので、約30分後に、事務所に来てください」となった。

椿崎 川端さん

【石川県 穴水町 椿崎 近所の川端さんと記念撮影。『ピンチがチャンスよ!』と川端さん】

しばらく、川端さん宅で、お茶や干し柿をご馳走になり、お話をした。

川端さんは、地域の人たちと交流できる小さな集まりなどを企画して、椿崎の地域を元気づけたり、“つながり”を強化させようと、地域の人たちとともにイベントを実施している。

この前の足湯での交流もその一つ。

ぼくは穴水町での明るい出来事をこのサイトに記録をしているが、穴水町の人口は実際のところ減少している。

去年から今年にかけて、人口が1万人以下になってしまった。

 

ピンチはチャンス

「地域が元気になるように、そこに住む人たちが自発的にアクションをとらなければいけない。地域外の人たちがイベントを企画して助けようとすると、あまり長続きしなくなる。イベント発足者がいなくなると、これまで開催してきたイベントがなくなることもある」という。

川端さんは、この穴水町の人口減少をピンチだと考えるが、一方では「ピンチはチャンス」と話す。

「これを機に能動的に、イベントを企画、情報発信して、自分からアクションを起こすことが重要。人生受け身じゃだめなのよ」と。ぼくらもこれから頑張らなければ!

椿崎 川端さん 移住

【石川県 穴水町 椿崎 近所の川端さんと記念撮影。『ピンチがチャンスよ!』と川端さん】

さて…ぼくらは事務所に行き、鍵を受け取り、家へと戻る。事務所まで片道15分。

家に戻ると、なんと!お湯が出ない。出しっぱなしにしても、お湯が出ない。

「えー!テント泊もしてないのに、お風呂に入れないの?!」。さてどうするか…(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 71 石川県 穴水町 雪で寒い中、家から締め出された田舎バックパッカー! ~結花はぶつぶつと…文句と勝ち誇った笑み~ 』>

<次回のストーリー 『day 71.2 石川県 穴水町での“田舎暮らし”最後の晩と「のと鉄道」主催の牡蠣祭り 』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 三井 100円温泉 day 70.9 石川県輪島市三井の100円 温泉へ
  2. 穴水町 岩車 雪 anamizu iwaguruma snow 能登での田舎暮らし:“ほどよい”積雪の農産漁村『穴水町岩車』
  3. 能登へ田舎旅…“ジャパンテント”でミャンマーと中国出身の留学生と…
  4. 地方 田舎 バーベキュー BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa 能登での田舎暮らし: “平和な日曜日”は岩車漁港で……
  5. 能登での田舎暮らし: 庭で薪火ディナー
  6. 穴水町 別荘地 day 63.1 石川県穴水町 椿崎の滞在先周辺
  7. コナー・ジェサップ DVD falling skies フォーリングスカイズ 『クリエイター向け“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中のコナー・…
  8. 薪火ディナー 薪ライフ 石川県 穴水町 焚火 薪料理 焚火 田舎暮らし 田舎の星空 能登での田舎暮らし: 今夜も楽しい薪火ディナー&映画鑑賞

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Carstay 看板 【田舎で仕事】能登から新宿拠点のCarstayへ 天草 バックパッカー夫婦 テント泊 day 99.5 旅人のトイレと風呂に関する“革新的”な発想?! made by all lacquer sap original artwork from Japan 日・英語版『芯漆』ホームページ完成 GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space 【メディア掲載】トヨタ運営「GAZOO」に奥能登の「バンライフ・ステーション」登場 Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 能登 かき 石川県 販売 【能登牡蠣<かき>レビュー】石川県金沢市の方「12月は(かきは)小ぶりだと聞いていたが。大きかったですよ!」

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
バンライフ 暮らし 移動型 定住 移動しながら暮らす vanlife
  1. asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ
  2. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎クルマ旅グッズ】買ってはいけない夏の“返金OK・返品不要”車中泊アイテム
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
day 54 愛媛県 日振島へ  なにがあるかわからないけど、とにかく行ってみっか
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。