2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 70.7 輪島塗を活性化させたい漆芸作家 スザーン・ロスさんの取り組みは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
漆芸作家 スザーン イギリス


 

能登・輪島市(石川県) – 漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんは現在、自身のネットワークを活用して、後輩や若い職人に仕事のチャンスを提供しようとしている。

年内に都内デパートで、輪島塗の展示会の開催が予定されている。

スザーンさんは、輪島塗の工程ごとに、仕事を発注している。

蒔絵などのデザインの部分に関しては、スザーンさんが担当する。

スザーンロス

【石川県 輪島市 漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さん】

 

自分にしかできないデザインで勝負

デザインには、スザーンさんの味を取り入れる。

展示の仕方も工夫して、活用方法も説明する。また、漆塗りの作業は、6人の先生にもお願いしている。

デザインは、スザーンさんの味で勝負して、進化した新たな輪島塗の印象を市場に発信する。

スザーンさんは2009年ごろから、ようやく漆塗りで稼げるようになった。

プロ当初は、「仕事をお願いします」という姿勢だったが、今では注文数が多くなり「少しお待ちください」に変わってきた。

スザーンさんに注文した作品を3年待っている人もいるぐらいだ。

工程ごとで、輪島塗の職人たちに仕事をお願いすることも多くなった。

発注先の職人の技術力がわかってくるにつれ、スザーンさんならではの仕事のサイクルが回り、スザーンさんはデザインに集中できる。

漆芸作家 スザーン イギリス

【石川県輪島市 漆芸作家Suzanne Ross(スザーン・ロス)さん 輪島塗の工程などについても説明してくれた】

「今は、多忙なので、新たなデザイン作りをする研究をすることが難しい。自分らしい仕事のバランスを取り戻さなければならない」と、さらに自身を進化させようとするスザーンさん。

2010年3月には広島、4月には名古屋、11月には大阪で個展があるそうだ。

都内でも展示が予定されているそうだが、時期は未定。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 70.5 輪島塗と独自の技法でデザイン“Power of Wood(木の力)”を感じられる作品をつくるSuzanne Ross(スザーン・ロス)さん』>

<次回のストーリー 『day 70.8 “神”の領域にある“Pure Beauty(純粋な美しさ)をつくりたいSuzanne Ross(スザーン・ロス)さん』>

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 中川結花子 day 63 北國新聞コラム「うなばら」にぼくら田舎バックパッカ…
  2. 『世界ふしぎ発見!』に能登へのバックパッカー旅で出会ったスザーン…
  3. 奥能登一周 地図 map of noto sightseeing spot map 田舎体験 奥能登一周のまとめ地図
  4. 能登・輪島市(石川県) - 「朝市」の漆器店「一よし」 <写真で振り返る>『“ざっくばらんな”田舎ライフスタイル体験』2…
  5. のと発酵マルシェ 2016 田舎体験 2日目 奥能登一周 『のと発酵マルシェ』へ
  6. 白米千枚田『あぜのきらめき』10月10日から オープニングにNH…
  7. day 7.3 石川県輪島市袖ヶ浜海水浴場で雷雨の中 テント泊 …
  8. 能登 巌門 旅人 バックパッカー “キリコ祭り”の『田舎ライフスタイル体験』5話目: 能登の“崖っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 メディア掲載: 中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』 上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅 Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 待合室 day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~ work space countryside in Japan コナー・ジェサップ、まだまだ『クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース』で執筆中 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅 ビジネス・経済誌最大の日経ビジネスのコラム「時事深層」でバン泊新市場

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

石川県 知事 谷本正憲
  1. 動く家 モバイルハウス 軽トラハウス モバイルハウスビレッジ
  2. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  3. バックパッカー 石川県 日本
  4. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  5. オレゴンコースト 歩く
  6. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP