2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 70.5 輪島塗と独自の技法でデザイン“Power of Wood(木の力)”を感じられる作品をつくるスザーン・ロスさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スザーンロス

能登・輪島市(石川県) – “輪島塗を復活”させるには、デザインや技術を進化させなければいけない。(前回のストーリーはこちら

スザーンさんは輪島塗をただ単に学んだだけではない。

独自の付加価値で新たなモノをつくる

独自の付加価値をつけて、オリジナルの技術とデザインを追加している。

例えば、お椀。お椀の木地全てを輪島塗にせず、半分を漆で塗り、半分は独自の塗方、もう半分は木を活かしたデザインで完成させる。“Power of Wood(木の力)”を感じさせるものを作る。

スザーンロス【石川県輪島市 Suzanne Ross(スザーン・ロス)さん製作中のお椀】

“木”本来の良さを前面に出す

木の“重み”も残して、“木の力”も感じられるようにデザインしている。

これがスザーンさんならではのやり方。従来の輪島塗には仕上げないのだ。

スザーンさんは、輪島塗の型に“はまっていない”、「輪島塗の“上”にいる」と自信を持って話す。

一つの作品を作るのに、約10ヶ月から1年もかける。

また、“モノの魂”、“自然や漆のエネルギー”を感じて作品を開発することを心がけている。

良いモノができない。スザーンさんは常に木のエネルギーを作品に出すことを心がけている。

それを背景に、自身を自然の中に溶け込ませる。

身近な生活において、魚、野菜など本当の“自然の味”にこだわり、食べたりしているそうだ。

意識して、自然と自身を調和させてあらゆるものを感じている。住んでいるところも、森の中にある旧・牛小屋だ。

スザーンロス【石川県輪島市 Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんが制作中のお椀】

「最近、コストを下げた安価なモノが増えて、人は見比べができなくなってきている」とスザーンさんは語る。

ウール、綿などの“自然な素材”を使った衣服が減ってきているような気がする。

今では合成された素材のポリエステルなどがメインに使われている衣服が多く、“自然”な選択が少なくなってきている。

スザーンさんが作ったお椀にはレースやウズラの卵の殻が活用されたモノもある。

「レースでモノをつくれないかな?」「厚みのあるうずらの卵を使ってみよう」という発想。

スザーンロス 作品 輪島塗【石川県輪島市 お皿の外側にレースを活用したSuzanne Ross(スザーン・ロス)さんの漆芸品】

スザーンさんのデザインは、既存の輪島塗の枠にとらわれないデザイン。これがスザーンさんの特長のように思える。

「スザーンの作品は、3Dのテキスチャーが蒔絵にある。様々な独自技法を混ぜるので、他の蒔絵師にはない特長ある仕上がりになる」と、夫のクライブさんは言う。

デザインを冒険するスザーンさん

スザーンさんの作品からは、これまでの輪島塗以上のモノを感じられる。

ぼくら素人の目でも違いがわかるのだ。 スザーンさんは“デザインを冒険”している。

スザーンさんは、工程を活かした様々な技法をトライする。

「漆でなにができるか。これもできるかな?」「この漆塗デザインに、こんな工夫を加えたらどうか」という自由なデザイン研究の“冒険心”や「自分にとってデザインのルールがないからこそ」新たな独自の技法や作品が生まれてくる。

スザーンロス 【石川県輪島市 Suzanne Ross(スザーン・ロス)さんのアトリエ(旧・牛小屋)のワークスペース。無駄なものがなくすっきりしている】

日本の文化や漆塗は20年前まで、スザーンさんの中にはなかった。

これまで自身になかった輪島塗の文化を取り入れたからこそ、固定概念にとらわれない“自由なデザイン”の研究ができ、新たなデザインが生まれてくるのだ。

沢山の日本の伝統工芸品の選択を見ずに、プラスチック製品だけを見て過ごすのはもったいない。

確かに、ぼくらの時代、安さや流行りのブランドに目がいってしまいがちだ。

日本の伝統技術から目をそらしている、今目の前にあるモノしか見ない。(続きはこちら

スザーンロス【石川県輪島市 Clive(クライブ)さんとSuzanne Ross(スザーン・ロス)さんと温かい“牛小屋”アトリエで、3時間ほど話した】

<前回のストーリー 『day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~』>

<次回のストーリー 『day 70.7 輪島塗を活性化させたい漆芸作家 スザーン・ロスさんの取り組みは?』>

 

 

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 【お知らせ】牡蠣<かき>販売のサポート開始!
水揚げ直後の牡蠣<かき>があなたの手元に最速翌日届く!能登半島の“奥” 石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>を購入!鮮度抜群なので、牡蠣ならではの臭みなし!
シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフ・ステーション, 住める駐車場, 能登, 穴水町, 車中泊 お知らせ:『田舎バックパッカーハウス』をオープン!日本初の“住める駐車場”
能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町川尻>にシェアハウスとオフィス、コワーキングスペース、そして、住める駐車場・長期間滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年l間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設で“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタル事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆”の山崖松花堂などの広報を担当する。また、移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 石川県 能登 輪島市 まるごと里山ホテル 茅葺庵 三井の里 山本亮 晶子 【田舎旅】輪島市三井町に『茅葺庵 三井の里』リニューアルオープン…
  2. 自家製味噌 美味しい day 65.2 石川県穴水町(味噌作りの途中に)『そうだ!“微…
  3. 穴水町 移住者 穴水町での田舎暮らし最終日前日のストーリー
  4. ぐい吞み 菊 彫刻 漆器 輪島 芯漆 漆器界最強の『芯漆』
  5. 中川結花子 バックパッカー 穴水 day 68 石川県穴水町 結花のネイル
  6. day 10.2 石川県舳倉島(へぐらじま)に到着
  7. モリクモ食堂 輪島 ビーガン パンケーキ Vegan vegetarian restaurant 田舎旅グルメ:『モリクモ食堂』の“ビーガン”パンケーキ ~ 冬期…
  8. ishikawa wajima ryushoji temple self-sufficiency 輪島 龍昌寺 半自給自足 暮らし 村田和樹さん <写真で見る>田舎体験 3日目 最終日 輪島・与呂見 半自給自足…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

ガイアの夜明け カーステイ メロウ キャンピングカー 医療機関 支援 【田舎・地方で仕事 – 広報】来週6月16日放送の『ガイアの夜明け』に登場 ~ 医療現場でキャンピングカーが活躍 ~ 長野県 白駒池 女 バックパッカー day 4 長野県茅野 バックパッカーと消防士・矢島さんとの出会い 石川県 移住特使 石川県の移住促進プロジェクト「いしかわ移住応援特使」に任命 Nagasaki Atomic Bomb Museum 長崎原爆資料館への旅 長崎へのバックパッカー旅 ~ 73,884人が亡くなった日 ~ カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar キャンピングカーのカーシェア本格稼働 車中泊仕様の車を激安利用?!車中泊仕様の車で副収入も?!

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  1. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space
  2. 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊
  3. 冬 車中 仕事 モバイルオフィス 動くオフィス 動く拠点
  4. 穴水町 大雪 石川県

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
現実は“夢”から「日本の若者は現実を見すぎ」3年間の能登・穴水での田舎暮らしを経て…アメリカ人先生 ベッツィ
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。