2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 67 石川県穴水町 後継者不足は地方の悩みなのだろうか? ~ お茶とガス屋の谷内さんを訪問 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水北糧 穴水町 谷内


 

2011年1月12日(水) − この日、ぼくら田舎バックパッカーはバスで、穴水駅に行った。

穴水駅 砂山旅館 のと鉄道

【石川県 穴水町 人口約1万人弱の穴水町。のと鉄道 穴水駅が電車で行ける能登半島の終点】

穴水町より北や東にある、輪島や珠洲方面へは、クルマ(バス含む)、(ぼくらのように歩く人は滅多にいないと思うが)徒歩でしか行けない。

サイクリングをする人も多いようだ。

七尾湾(ななおわん)に面する穴水は“奥能登への入口”と言えるだろう

 

穴水町商店街を歩く

NOTO-shiftの鈴木さんの事務所に行くと、鈴木さんはぼくらに「あっ!そうそう。中川さんたちのことを谷内和雄(やち かずお)さんが気にしていたよ。

覚えてる?この前スーパーで出会ったおじさん。近いし、ちょっと行ってみようよ」とぼくらに問いかける。

もちろん谷内さんのことは覚えている。谷内さんとの出会いは2010年10月、初めて穴水を訪問したときだった。

幸寿し(こうずし)での昼食後、歩きで輪島に向けて出発しようとしたとき、北陸放送のアナウンサー福島彩乃さんが、穴水に開通した道路について、谷内さんを取材をしていた。

谷内さんは穴水町で、プロパンガスなどのガスを販売するお店と茶葉の販売店を経営している。

穴水北糧 谷内

【石川県 穴水町 谷内さんが営む茶葉やさん】

ぼくらは鈴木さんと一緒に、谷内さんの事務所を訪問した。

そこには谷内さんの奥さんやお孫さんもいた。二人はハンサム・美人夫婦だ。

穴水北糧 穴水町 谷内

【石川県 穴水町 谷内さん夫婦とお孫さん。正月時期、谷内さんの子どもたちは孫を連れて、穴水町に帰郷していた】

谷内さんの話で一番印象に残っていることは、谷内さんが現在営むお茶屋さんについて。喫茶店ではなく、茶葉を販売しているお茶屋さんである。

 

後継者不足を解消するヒント

谷内さんが営むお茶屋さんは昔、近所のおばあさんが経営をしていた。

谷内さんは、小学校の時から、お茶が大好きで、毎日のように、このおばあさんのお茶屋から茶葉を買っていたそうだ。

それが背景で、おばあさんのお茶屋さんを、谷内さんが引き継いだ。

穴水では後継ぎがいない事業が多くあるそうだ。

この後継者不足は穴水だけが抱える“問題”ではない。過疎化が進む地方各地で、同じような悩みを抱える。

どこに行っても、「後継ぎがいない」という声を頻繁に耳にする。

そんな中、谷内さんとおばあさんのお茶屋さんに関する話しを聞くと、「お!これ、実は、後継者不足を解消するすごく良い例になるのではないだろうか!?」と思い始めた。

谷内さんを訪問したとき、ぼくの頭の中は、この地方の後継者に関する、『新たな発想』であふれ始めた。

ここで思ったことを語ると、かなり長くなってしまうので、これに関しては別途テーマをたてて語ることにする。

谷内さんと鈴木さんは、今月末の「雪中ジャンボかきまつり」で出店予定の、ノトリアーナのパスタコンテストのグランプリパスタの具材の入手方法、当日の料理方法、料理担当などについて考えていた。

最優秀になったパスタは、能登の牡蠣と、高血圧に効くと言われる七尾市中島に咲く葉っぱが混ざった生パスタを使ったもの。

このコンテストの締め切り前日まで、10通しか応募がなかったらしいが、最終日の午後から応募が一斉に集まり、合計約80通の応募があったそうだ。

バックパッカー 中川結花子

【石川県 穴水町 田舎体験中】

穴水湾 牡蠣 養殖

【石川県 穴水町 おだやかな海】

この日、ぼくらの一日は、谷内さん事務所訪問で終了した。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 66.1 石川県穴水町 この時期..食べたくなる能登のカキ ~ 最高の牡蠣を白ワインで“蒸し牡蠣”に。殻に残った汁に…?! ~ 』>

<次回のストーリー 『day 68 石川県穴水町 結花のネイル』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 能登・鹿波、岩車、曽良に浮く富山の立山連峰 ~ 絵に描いたような…
  2. 大雪後…移住先 能登・穴水町岩車から東京への出張“旅”̷…
  3. “遺伝子組み換え”時代に突入…“自然食”と共存できる…
  4. 能登 田舎体験 生牡蠣 noto anamizu raw oyster 今夜の『日本列島 ダーツの旅』に能登 穴水町が登場!
  5. 『毎日キャンプ』生活ができる田舎暮らし ~ 牡蠣は炭火よりも“枝…
  6. 能登半島 冬 厳しい day 71 石川県 穴水町 雪で寒い中、家から締め出された! …
  7. お盆 羽田 能登空港 能登半島先端 立山連峰 『盆休み』や初の『山の日』…今月も仕事で能登から東京…
  8. Connor Jessup in Noto <動画あり>毎日が夏休み!?岩車の海を『α6000』で水中撮影し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

suzu noto restaurant view spot 珠洲 能登半島 椿展望台 つばき茶屋 「VANLIFE JAPAN」に奥能登への旅物語 ~ 能登半島の車旅・車中泊スポット ~ Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販 能登 かき 石川県 販売 【能登牡蠣<かき>レビュー】石川県金沢市の方「12月は(かきは)小ぶりだと聞いていたが。大きかったですよ!」 Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 島暮らし day 51.1 高知県 沖の島の市原商店での夕べ ~ 人生の流れを創造するのは自分 ~ 穴水駅 跨線橋 牡蠣 かき Oyster at Noto Ishikawa Anamizu Station Bridge 牡蠣の田舎旅スポット『穴水駅ホームあつあつ亭』 3日間で650人・1万個の牡蠣! 大阪 吹田 料理とお酒 晴ル 都会の居心地良い空間食堂『料理とお酒 晴ル』が能登・穴水町岩車産の牡蠣を採用

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち
  1. 穴水町 岩車 漁港 能登 田舎暮らし バンライフ
  2. 穴水町 役場
  3. トヨタ, ハイエース, 動く家
  4. MRO 絶好調W
  5. tsubaki zaki anamizu Ishikawa 石川県 穴水町 岩車 椿崎

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
Carstayと田舎バックパッカー、国内初 中長期滞在“住める”民家の駐車場「バンライフ・ステーション」を能登にオープン
「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。