2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 65.4 石川県穴水町 昔の“生活の知恵”を引き継ぐ ~ 味噌作りで余った茹で汁も再利用、玄関に現れた夜のフクロウ ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
味噌作り 楽しい 自家製


 
2011年1月10日(月) – ぼくら田舎バックパッカーは2010年10月に、穴水町を訪れ、その時に出会った人たちがきっかけで、14日間の穴水町での田舎暮らしを体験している。

海鼠 ナマコ 漁師

【石川県穴水町 海鼠(ナマコ)を捕っていた様子】

雪囲い 木

【石川県穴水町 植えている木を雪から守る】

新田信明 町会議員

【石川県穴水町 今回、様々な活動をとおして、ぼくらに田舎暮らしの体験を教えてくれた新田信明さん】

 

肌で感じながら作る味噌

今日は、岩車(いわぐるま)の地域で、早朝から、薪で火を熾して、味噌作りを体験しているところ。

微かに倉庫へと入ってくる雪を肌で感じながら、薪で火を熾し、薪が燃えた匂いが体につき、茹でている白豆の柔らかさを口で感じ、ほぼ全て自分の手で一から味噌を作る。

海は倉庫のすぐ裏だが、穴水湾は穏やかすぎて、波の音はなく、聞こえるのは、みんなの声とたまに港に入ってくるボートのモーターの音のみ。

白豆を茹でているときに時間が空くと、既に実を取り終わっている黒豆の枝から、取り忘れたかもしれない黒豆の実を探す。

結構見つかった。

味噌作りには、人との触れあいがあり、楽しみがある。

現地の人たちと一緒に体験しないと、感じられない楽しみだと思う。

味噌作り 楽しい 自家製

【石川県穴水町 味噌作り中。みんなで、白豆が茹で終わるのを待つ一時】

黒豆 探し 味噌作り

【石川県穴水町 白豆を茹でている間に、黒豆を探す】

 

昔の生活の知恵は引き継いでいきたい…

味噌作りを体験しながら、新田信明(にったのぶあき)さんにいろいろと話しを聞かせてもらった。

新田さんは、「昔の生活の知恵、母親の知識を引き継がなければいけない、おばあちゃんたちから継承していかなければ」と言う。

おばあちゃんには「口を動かしてもらい、私のように若い者が体を動かして、昔からの田舎の知恵を学んでいく」と。

おばあちゃん 優しい 知恵 沢山

【石川県穴水町 あふれだすほどの田舎の知恵を持っている元気な新田さんのお母さん】

新田さんは今年4月で役場を早期退職。来年の味噌作りのために、自家製の大豆を栽培しようとしている。

新田さんは、“自分で食べる物は(可能な限り)自分で作る”という考え方の持ち主だ。

味噌作りを知っている人は、ぼくの回りにはいない。

味噌を作るという発想よりも、「味噌は買う物。買えばいいじゃない?そんな時間があれば、他のこともできるし」と周りは考える。

まぁ、確かにそうだ。そんな生活スタイルの考え方が好きな人たちもいる。

この味噌作りという触れ合いがある活動から、コミュニケーションが生まれ、新たな知識がつく。

味噌作りがなければ、味噌の作り方はもちろんのこと、「発酵」への疑問、里芋炊き込みご飯や大根の酢漬けの作り方、新田さんの田舎暮らしに関する考え方など多くのことを学べなかったかもしれない。

ぼくにとっては新しいことで、それを実感できることは楽しい。

このような機会をつくることができてよかった。

今後、新田さんは、「交通手段の効率化も図りたい」とも話していた。

役場では、普段、乗客が少ないバスを効率的に運営するために、電話予約することができる予約型バスを試験的に、12月から、旭ヶ丘、甲(かぶと)などのエリアで開始しているそうだ。

地域ごとで、利便性が高いものを導入していく。

その他、母親の畑の手伝い、田舎暮らしへの興味や定住促進を図り、県内外からの田舎への移住者受入システムの構築を積極的に展開したいと考えている。

今後、“田舎ホームステイ”も実施したいと話す。

そんな会話を新田さんと交わしつつ、味噌作りが終わった。

白豆の茹で汁は、人参や牛蒡(ごぼう)などを煮るために再度活用するので、保管しておく。

豆の茹で汁まで、再活用できるとは思ってもなかった…

帰りは、新田さんの一斗缶が10缶ぐらい積んである軽トラックで送ってもらった。

前日の記録にも書いたが、1月末に開催されるジャンボ牡蠣祭りのプロモーション活動のため、1月8日~9日の2日間、新田さんは金沢へ行き、能登半島の牡蠣を振る舞ったのだ。

牡蠣はミネラルが豊富なので、殻は捨てずに、金沢から穴水町に持ち帰り、能登ワインで栽培しているブドウの有機肥料として“リサイクル”したわけだ。

牡蠣の貝殻 処分 再利用

【石川県穴水町 荷台の一斗缶には、ジャンボ牡蠣祭りのプロモーションのために、金沢で振る舞った牡蠣の殻が入っていた。牡蠣の殻は、ミネラルが豊富なため、有機肥料として能登ワインの葡萄栽培に活用される】

 

突然現れたフクロウ

この夜、玄関の隣の窓から、外の雪を眺めていた。

すると、玄関 外にある屋根に、「ザァー!」と音をたてて、鳥がとまった。びっくりした。鳥の尻尾だけ良く見える。

「こんな夜に鳶(トビ)?夜に鳶ってあまり見ないよね」と結花の顔を見る。「珍しいなぁ」と思い、窓を2回ぐらいトントンと軽く叩いてみた。

鳥は、屋根からジャンプして、「びっくりしたな」という、丸い顔と大きな目を、ぼくらの方に一瞬向けて、飛び去って行った。写真が撮れなかったのが残念だった。

初めて見た野生の梟(フクロウ)だった。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 65.3 石川県穴水町 “味噌作り”中の休憩 ~みんなで食べる美味しいカップラーメン。海にはナマコや真珠貝~ 』>

<次回のストーリー 『day 66 石川県穴水町 “オレンジ色の動物”との遭遇 』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 【能登での田舎暮らし】雪遊びを楽しもう
  2. Hiace solar panel ハイエース ソーラー Solar Panel on My Campervan / 再生…
  3. “遺伝子組み換え”時代だけど…「じゃぁ、どうしたらい…
  4. ミニ四駆塗り絵 かっこいい 穴水のコンテスト 入賞者決まる 穴水町鵜島で奥能登唯一のミニ四駆の常設コースを営む吉村覚司さん(36)が主催するミニ四駆の塗り絵コンテストの入賞者が、決まった。二十四日から同町大町の文具日用品店「よしむら」で作品を展示する。 新型コロナウイルスの「第四波」が拡大する中、巣ごもり生活をする子どもたちに楽しんでもらおうと、昨年に続き企画。今回は町内の児童らから計六十九点が集まった。町商工会で吉村さんら三人が審査し学年ごとの四部門で金賞、銀賞を選んだ。 何色もの色を使って仕上げた作品のほか、模様を付けたり、名前を付けたりした作品もあり、多種多彩。吉村さんは「全ての作品で独創性がありおもしろい。ボディーやホイール部分に自分ならではの模様を付けたりしてくれてうれしかった」と話した。入賞者には賞品としてそれぞれミニ四駆一台と金賞にはさらにパーツも贈られる。(森本尚平)◇入賞者の皆さん【1年生の部】金賞 船本怜鼓▽銀賞 坂本大翔【2年生の部】金賞 碓井瑛大▽銀賞 中川結生【3〜4年生の部】金賞 松田弥直▽銀賞 沖野結菜【5〜6年生の部】金賞 宮谷内孝星▽銀賞 寺西一真 【能登での田舎暮らし】娘・結生がミニ四駆コンテストで銀賞 ~ 少…
  5. 中川結花子 day 63 北國新聞コラム「うなばら」にぼくら田舎バックパッカ…
  6. アメリカ・ユタ州とオレゴン州への短期バックパッカー旅へ ~ 空で…
  7. 能登 穴水町 牡蠣 oyster in anamizu noto ishikawa 牡蠣で中日新聞 武藤記者の送別会
  8. 神奈川県 里山 畑シェア, 冒険 公園,あおいゆめの里 娘とのバンライフ旅や『娘の田舎暮らしと旅日記』3話など計5話アッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Anamizu camper van travel spot 穴水町 車中泊 娘と「中居湾ふれあいパーク」で車中泊 ちょい田舎旅へ Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット 【田舎旅 車中泊と仕事スポット】石川県穴水町『あすなろ広場』 “巨大”屋根付き 奥能登最高の車中泊スポット 某旅雑誌が表紙撮影のために能登穴水町岩車へ 【田舎で仕事 ‐ 広報】日テレ「news every.」特集枠に自動車電球メーカーが大井川電機製作所が作るはなびらたけ「ホホホタケ」 はなびらだけ 大井川電機 【田舎で仕事 – 広報】自動車電球製造の大井川電機の幻のきのこ「はなびらたけ」がテレビで特集

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 キャンピングカー, 保育園 キャンピングカー, 動けるおうちにノリノリ
  1. フリーランスって
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  4. 広島県 三原市,佛通寺,紅葉
  5. はなびらたけ ホホホタケ ラーメン
  6. 能登 穴水町 牡蠣食堂 コーストテーブル Ishikawa Oyster restaurant Coast table

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
【25枚の写真が語る】保育園児にバンライフ熱弁!?「動くおうち、バンライフの時代くるからね~!」ってお話し
【メディア掲載】奥能登に移住した ただの一般人のぼくが映画『裸のムラ』に一主演として登場!?10月から全国で順次公開 〜 『普通を問う』ドキュメンタリー 〜 < 動画あり >
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
Carstayと田舎バックパッカー、国内初 中長期滞在“住める”民家の駐車場「バンライフ・ステーション」を能登にオープン
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。