2011-01 Experiencing Life in Noto - 能登での田舎暮らし体験

day 64 石川県穴水町と愛媛県日振島 “地方と地方をつなげる”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水湾 おだやか


 
2011年1月9日(日) − ぼくら田舎バックパッカーは石川県穴水町の体験住居のプログラムに申し込み、14日間の田舎暮らしを体験している最中。

穴水町 別荘地

【穴水町 岩車 椿崎 現在ぼくらが住んでいる家】

穴水湾 おだやか

【穴水町 岩車 椿崎 現在ぼくらが住んでいる家の近くの穏やかな海】

サザエ 穴水 椿崎

【穴水町 岩車 椿崎 穏やかな海の近くにサザエが…】

 

バスに乗って穴水町の市街へ

この日、ぼくらは、椿崎のバス停から穴水駅へと向かった。

ちなみに椿崎から穴水駅までのバス代は480円。

再従兄弟(はとこ)の唐沢学くんの両親から結婚祝いをいただいたので、お返しを探しに行くぼくら。

学くん夫妻からはダッチオーブンをいただいたので、先日行った「竹葉(ちくは)」の日本酒を送った。

どうやら、このあたりは、栗金鍔(くりきんつば)が美味しいらしいので、金鍔を探しに行く。

唐沢学くんは、ぼくの再従兄弟にあたる親戚で、会社を離れる前に会い、ぼくの今後について話した唯一の親戚。

ぼくと学くんはお互いの親戚関係をよく把握していない。

会うと必ず、ぼくらの親戚関係を図に書いて…「うちらってやっぱ再従兄弟だよなー…」という会話をする。

会うと絶対にする会話がこれなのだが、いつもどおりで落ち着く。

そんなぼくらであり、そう頻繁に会うわけではないのだが、ぼくら夫婦の調子を気にかけてくれ、「で、今どこにいるの?」と頻繁に連絡をくれる。

10歳離れた“兄貴な”親戚で、一番頻繁に旅の会話をメールで交わす人なのだ。

泉花月堂 穴水町

【石川県 穴水町 結婚の内祝いに送る品物を選ぶ】

能登ワイン 内祝い

【石川県 穴水町 結婚の内祝いに送る品物を選ぶ】

今日夕方ごろ、役場の新田信明さん夫婦が家に来て、ぼくらの滞在先の眺めの良いお風呂に入る予定だったが、結花が熱っぽく体調が優れないため、キャンセルの連絡をした。

新田さんはここに来ると、羨ましそうに「この風呂に入ってみたいんですよー。穏やかな穴水湾が見えて眺めが最高ですからね」と、ここに滞在できるぼくらに問いかける。

新田さんには…入ってもらおう。

新田さんは、昨日から今日にかけて、月末に穴水町で開催される「ジャンボ牡蠣祭り」のプロモーションのために、金沢へ出張中。

今日夕方ごろ、出張の帰りにぼくらの家に来る予定だった。

 

穴水町でやりたかったこと。地方と地方をつなげる…

穴水町中心街に着いたら、もう一つやりたいことがあった。

結果、NGになる可能性も高いが、ぼくはまず、2010年12月に出会った日振島(ひぶりしま)の笠岡彰さんとの約束を果たしたかった。

笠岡さんが育てている真鯛(まだい)と縞鯵(しまあじ)を、ぼくが2010年10月に出会った、穴水町の板前寿司屋「幸寿し」の橋本公正(はしもと こうせい)さんに紹介すること。

笠岡さんは養殖業を営み頑張っている人。正直、ぼくの養殖に対する印象は、「不自然に育てられている」「薬を多く活用している」という勝手なイメージだった。

日振島で笠岡さんに出会い、養殖の縞鰺と真鯛の育て方から出荷現場の一貫した現場を見させてもらった。

笠岡さんは、「自分の子どもが食べても安全な魚を育てる」を基本概念に、栄養士のようにカロリー計算までして、魚には魚(具体的にはカタクチイワシ)とミネラルを給餌して、魚を育てている。

魚たちは元気に飛びついて餌に食らいつく。日振島で、笠岡さんの養殖現場をみて、ぼくの養殖に対する悪いイメージが払拭され、好印象に変わった。

しかし、真鯛や縞鰺が市場に出荷されると、「養殖は“あくまでも”養殖」と分類される。

しかも、どんなにお金をかけた育て方をしても、他の養殖の魚と同じ価格帯になってしまう。

それに加えて、板前寿司屋に営業をかけても、養殖に対するイメージの影響で、味見でさえ断られるそうだ。

そんなことから、笠岡さんはこれまで、板前寿司屋に自分が育てた魚を送ることはなかった。

笠岡彰 日振島 養殖

【愛媛県 日振島の笠岡彰さん(2010年12月撮影)】

一方、幸寿しの橋本さんは、50歳からインターネットを活用して、お寿司をネット販売するなどして、新しい事業展開を開始した。

自身にとっては新しい技術となるインターネットを活用して、寿司屋の不景気を乗りきった。

そんな橋本さんなら、新しい取り組みや頑張っている人に対して、理解を示してくれるとぼくは思い、笠岡さんに「石川県のお寿司屋さんに、笠岡さんの魚を取り扱ってもらえるか、お話しをしてみます」と伝えて別れた。

幸寿司 穴水町

【石川県穴水町 「幸寿し」の橋本公正さんとぼくら(2010年10月撮影)】

実際、質の良い魚を育てていることは事実。

板前のお寿司屋さんに販売できたら…それに一歩でも近づくことができたら、現在の養殖に対するイメージ「養殖=自然でなく元気のない魚」から、「笠岡さんが育てる魚=高品質な魚を育てている」というブランドイメージに少しでも転換できると考えた。

15:00ごろ、幸寿しに行くと、夕方からの開店に向けて、橋本さんが準備をしていた。

まず、10月にぼくらがここに来たことを覚えているかを確認して、再度自己紹介をさせてもらった。

そして、ぼくは、橋本さんに日振島の笠岡さんについて話し始め、笠岡さんの真鯛や縞鰺の取り扱い(まずは味見や試食)をお願いした。

すると、橋本さんは、「頑張っている若者は、サポートしなければ。是非、送って下さい」と話しがつながった。

そんなこんなで…地方と地方をつなげる出来事で、今日一日が終わった。

明日は、新田さん家族と、早朝から味噌づくりの日だ。今からとても楽しみだ。(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 63.1 石川県穴水町 椿崎の滞在先周辺 』>

<次回のストーリー 『day 65 石川県穴水町 薪を使った“味噌作り”準備開始 』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年l間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設で“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタル事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆”の山崖松花堂などの広報を担当する。また、移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 石川県 穴水町 牡蠣 直販 能登・穴水町岩車産の牡蠣<かき>販売サポート中。水揚げ直後の牡蠣があなたの手元に最速翌日届く 能登の田舎で今季の真牡蠣 出荷販売開始!
  2. 中川結花子 バックパッカー day 72・73 石川県穴水町 田舎暮らし“ちょい住み”最終日…
  3. 能登 穴水町 畑 バーベキュー 能登での田舎暮らし 薪を積んで… 畑でバーベキュー&…
  4. 田舎で『感受性』豊かに…
  5. 穴水町 星空 天の川 Milky Way in countryside Japan 星空旅スポット: 能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の…
  6. 地方 田舎 バーベキュー BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa 能登での田舎暮らし: “平和な日曜日”は岩車漁港で……
  7. 能登 田舎 中谷家 蕎麦 今年初の中谷家『そばきり 仁』へ ~ 最高の蕎麦 再確認 能登旅…
  8. 三井 100円温泉 day 70.9 石川県輪島市三井の100円 温泉へ

VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

能登・穴水町中居(石川県) - 中居湾ふれあいパークに出没したイルカ 田舎専門誌「田舎暮らしの本」取材中に出現した大きな“背びれ” su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学 「社会問題は優秀な人材が集まれば一気に解決できる」 シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに from noto to tokyo 能登から東京へ ハイエース 【田舎旅】再び能登の田舎から東京へ 上勝町 紅葉 究極な田舎フリーランスを目指して ~ 今日の北國新聞にバックパッカーがデカデカと?! ~ ishikawa wajima ryushoji temple self-sufficiency 輪島 龍昌寺 半自給自足 暮らし 村田和樹さん <写真で見る>田舎体験 3日目 最終日 輪島・与呂見 半自給自足暮らしの『龍昌寺』へ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所
  1. GAZOO 田舎バックパッカーハウス バンライフ ステーション vanlife station livable parking space
  2. 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊
  3. 冬 車中 仕事 モバイルオフィス 動くオフィス 動く拠点
  4. 穴水町 大雪 石川県

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
人気の動くオフィス「モバイル・オフィス」の存在感!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。