2010-12 Backpacking Shikoku Islands - 四国へのバックパッカー旅

day 57 四国の田舎バックパッカー旅 最終日 『一車両に約250人』が乗る電車で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
tokyo crowded train 東京 横浜 満員電車

2010年12月21日(火) – 昨日、ぼくらは四国 愛媛県松山を夜行バスで鎌倉へと出発した。(前回のストーリーはこちら

tokyo crowded train 東京 横浜 満員電車

朝8:30ごろ、横浜に到着。京浜東北線横浜駅のプラットホームはかなりこんでいた。

「なんでここに戻ってきたのだろうか」と無言になってしまった。プラットホームは人であふれていた。

「なぜ、こんなに混雑した場所に住むことを、人は好むのだろうか…なんでこんなに狭い社会に住んでいるのだろうか…」

田舎へのバックパッカー旅をしても、“山を越えて”歩いても、島へ行っても、ぼくはまだ会社生活の“気分”から出られていない。

tokyo crowded train 東京 横浜 満員電車

神奈川県 横浜駅のプラットホーム 満員電車時は一車両約250人の人が乗り込むそうだ。13車両で3,250人!ぼくらがこれまで行った一部の島々の人口よりも一車両の満員電車のほうが多い。島に住んでも、都会に住んでも、忙しさは変わらない。島の人たちは“もう少し”ゆとりある日々をすごしている。Yokohama Station platform at 8:30AM. It is a morning rush time here. When a single train is full, there are about 250 people inside. Usually 13 single trains are connected to each other that there are 3,250 people (if packed) heading towards Tokyo area. We backpacked to some countrysides of Japan from October. Some of its countryside’s population is even less than one single train.


まだ『戻ってきている』と思ってしまうところから、そう感じる。

大船駅に着いたら、改札口の駅員さんに「朝や夜の満員電車時ですが、一車両に何人が乗ってますか?」と質問をしてみた。

満員電車時には、一両の電車に約250人以上が乗っているそうだ。ぎゅうぎゅう詰めの状態で、おそらく250人以上と言う。250人×13車両で約3,250人。

この電車が毎朝大船から東京へ何回走って、東京へ向かっているのだろうか。3回東京へ向かうだけで、約10,000人。ぼくらが行った島や町をはるかに超えている。

ほとんどの島々の人口は、一車両の満員電車以下。

tokyo crowded train 東京 横浜 満員電車

ぎゅうぎゅうになって、ぼく自身を詰めて暮らすよりも「広々した場所で暮らしたほうが快適」とぼくは感じてしまう。

これまで「田舎には仕事がない」と聞いてきたが、「それはどうだろうか」と思い始めてきた。

仕事をして、お金を稼ぐ。

しかし、男や女が「人生=24時間仕事をしてお金を貯める=家族を幸せにする」だけの方程式だけで、暮らしていけるのだろうか。

「仕事で稼いで生きる!」は、格好良い響きかもしれない。

「稼ぐ生き方」に反論はない。それが幸せと感じられれば、もちろんそれが幸せだし、それで良いのだと思う。それで満足している人たちを否定しているつもりない。

tokyo crowded train 東京 横浜 満員電車

ただ、その生き方で、自分自身が満たされてないようであれば、身内の家族を幸せにできるのだろうか。

ぼくの場合、おそらく24時間体制の仕事では、満足した人生が過ごせない。もちろん家族も幸せにしたいが、自分が満足できていない人生を過ごしていたら、家族を満足させる余裕はあるのだろうか。

「それ以外の生き方があるのか?」「それ以外で“お金”を稼げるのか?」「その疑問自体、楽観的すぎないか?」という多くの疑問があるかと思う。



この社会の中で生きている以上、そんな疑問があるのは、当たり前だろう。これまで、ぼくも含め、資本主義の社会で暮らしているからだ。

それ以外のライフスタイルを見ることは、そう多くない。資本主義“特集”の1話で生きている。

だけど、「自分の人生は、今過ごしているもの以外にあるかもしれない」と思ったら、「一度やってみて、様々な過ごし方を見てみたらどうだろうか?」

その『かもしれない』を追いかけることはできないのだろうか。

そんな時間は、ぼくらにないのだろうか?「それ以外の生き方があるのか?」のような、疑問を投げかけ、頭の中だけで“考えるだけ”でなく、実際、アクションを起こし、やってみないとわからない

tokyo crowded train 東京 横浜 満員電車

特にこの社会の基盤を創り上げてきた昔の人々は一番わかるんじゃないのだろうか。

ぼくがこれまで過ごしてきた日々は、当たりまえの過ごし方。生まれ育った社会や人生の過ごし方に「違反」せず、流れにのることは簡単なんだろうかと思う。しかし、それで自分は「満たされる」のだろうか。

いろいろとチャレンジしてみないとわからない。仕事をやりながらだと、まず“自分の時間”をつくることが難しい。有給休暇は、年10~20日ぐらいだろう。

しかも、休暇をいっぺんにとることは困難だ。せめて、取れて7日間ぐらいだろう。その休暇の期間だけで、いろいろな過ごし方を見ることは難しい。 焦っていろんな場所へ行こうとして、ゆっくりと行き先を見られない。

自分の人生=自分が満たされた生活場所で自分のパートナーと一緒に過ごす ⇒ 満足できるライフスタイルの中で、生活できる程度のお金を稼ぐ ⇒ 満足した人生へとつながる」のではないかとぼくは思う。

人生…焦って仕事をして、会社を発展させようとする。みんな「当たり前」のように、「あー、業績アップしないなぁ」「不景気だ」を耳にしながら、仕事を続けているが、「そもそも」そこまで焦って、この社会をこれ以上 発展させる必要があるのだろうか。

必要な“モノ”は十分、世の中にある。「本当に不景気?」なのだろうか。

そんなことを思いつつ、12月の四国の旅が終了した。

新年を迎える…2011年1月。

次はどこへ行くか。

やはり、能登へ戻るかなぁ…(続きはこちら

<前回のストーリー 『day 56 田舎バックパッカー、愛媛県日振島から宇和島へ ~縞鯵(しまあじ)に続き…「これから船の上で鯛をさばきますか!」~』>

<次回のストーリー 『day 58 能登半島 穴水町に向けて再び出発 体験移住プログラム「ちょい住み」とは』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 四国 旅 中川生馬 day 40 香川県 讃岐相生から徳島県へ ~美術の先生との出会…
  2. 山越え バックパッカー 女性 day 43.4 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え1…
  3. 四国 芝小屋 神山町 day 42.2 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え3…
  4. バックパッカー 食事 day 43.7 徳島県上勝町 山越え後…「月ヶ谷温泉 月の宿」…
  5. day 52.2 高知県 沖の島の『赤い有名人』3 ~ けん坊宅…
  6. day 54 愛媛県 日振島へ なにがあるかわからないけど、と…
  7. 大船 ルミネ 旅人 day 37 鎌倉へ一度戻る田舎バックパッカー ~さて12月はど…
  8. 上勝 神山 勝浦川 day 43.5 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Quora QAサイト CEO 取材 アダム・ディアンジェロ Adam D’Angelo Facebook CTO 【田舎で仕事 – ライター】信頼性高いQAサイト『Quora』記者会見へ – 初代フェイスブックCTOを個別取材 カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar キャンピングカーのカーシェア本格稼働 車中泊仕様の車を激安利用?!車中泊仕様の車で副収入も?! 道の駅 車中泊 【田舎旅】風穴の里から鎌倉へ ~ クルマ旅向けお薦め電気ポッドとサブバッテリー ~ Youtuber Tomo san ユーチューバー 勝村知由 ともさん 車中泊 撮影 「田舎バックパッカーハウス」Carstay車中泊スポット初のお客さん ユーチューバー“ともさん” 【田舎で仕事 ‐ 広報】徳島県上勝町の“葉っぱ”ビジネス『いろどり』の広報サポート

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
田舎バックパッカーハウス, 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  1. ハイエース バンライフ, ハイエース 仕事, バン 仕事
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住, 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, child in the countryside japan
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
映画「人生、いろどり」上映をきっかけに『石本商店』再オープン ~ シェフ・谷本徹さんの噂のカレー ~
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記>
5歳の娘、今夜も“家の前”で車中泊?!将来は大物バンライファ―?!
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。