2010-12 Backpacking Shikoku Islands - 四国へのバックパッカー旅

day 50.2 高知県宿毛沖の島で「あの~すみません!シャワー貸してください!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島

2010年12月14日(火) – ぼくらは高知県の沖の島・母島(もしま)の港に到着し、現在、母島と沖の島のもう一つの町 弘瀬(ひろせ)の中間地点にある白岩岬公園にいて、ここに今日テントを張って一泊できないか探っている。

しかし、沖の島の12月はとにかく、強い季節風で…ぼくらの重い荷物を入れたテントでさえ、飛ばされそうになる勢い。

まぁ、さすがに30キロと10キロ級の荷物をテントに入れれば、飛ばされることはないが…ちょっと大げさに言ってみた。

さて、ここ白岩岬公園にテントを張ることを予定しているが、まだ時刻は16:00。

これからどうする?

キャンプ場に荷物を置いて弘瀬へ歩こうとしたが、「弘瀬にもテントを張る場所があるかもしれないなぁ…」と思ったので、重いバックパックを担いで、隣町 弘瀬の様子を見たり、テントを張れそうな場所を探しに行くことにした。

弘瀬までは、ヒッチハイクをして、おじさんの軽トラックの後ろに乗せてもらった。



「ヒッチハイクをして」というか、車が後ろから来るところを「あー、車来たよ!止まってくれないかなぁ」と「びみょーに困った顔」をして、振り向いたら、車を止めてくれたのだ。

島の人たちは優しいし親切だ。おじさんは、ぼくらを弘瀬の定期船発着所の休憩室前まで乗せてくれた。

テントを張れそうな広場が、定期船乗り場の周りにある。定期船乗り場の待合室でも寝られそうな感じだ…

テントを張る場所は、何とかなりそうだ、と思ったぼくらの次のミッションは、お風呂とシャワーだ。

まぁ、とにかく、頭がやたら痒くなってきたので、ぼくは「お金少しでも払ってでも、民家の人にシャワーを借りよう」と思い、まずは民宿などを訪ねることにした。そんな尋ね方は、今回が初めてだった。

そういう言い方にすることで、「ずうずうしさが軽くなるし、いきなり訪問してシャワーを借りるなんて、少し申し訳ない」とぼくは思った。

さすがに率直に

シャワー浴びさせてくれませんか?

と聞くのはストレート過ぎる。

まぁ、そもそも、いくら数百円を払ったとしても「民家の人に、シャワー貸してなんて聞かないだろ」と思う人が大半だと思うが… 

まず、ぼくらを弘瀬まで乗せてくれた軽トラックのおじさんにも聞いたが、「ちょっと家汚ねえからよー」と断られた。

次は、民宿に行って、聞いてみよう。

OKしてくれるだろうか。(続きはこちら

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島【表紙の写真: 高知県 沖の島 弘瀬の定期船待合所となりにある広場。風が強いが、今夜はここでテントかな…】

<前回のストーリー 『day 50.1 高知県沖の島 欠航ぎりぎり…船内で立っていられない…転覆しそうな風速18メートル弱の定期船の最悪な揺れ具合… ~なんとか沖の島に到着~』>

<次回のストーリー 『day 50.3 高知県 沖の島で入浴交渉中?!ぼくらの救世主『市原商店』』>

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 

シェアハウス, コワーキングスペース, ワークスペース, バンライフステーション, 能登, 穴水町 お知らせ:能登半島にある小さな田舎町<石川県穴水町>にシェアハウス、コワーキングスペース、バンライフ・ステーションなど多目的・多用途の家『田舎バックパッカーハウス』をオープンしました!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. 四国 芝小屋 神山町 day 42.2 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え3…
  2. 岡山 フェリー 香川県 駅前 旅 day 39 香川県 讃岐相生 二日間の鈍行列車旅でやっと四国へ…
  3. 四国 バックパッカー 旅人 day 42.3 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え4…
  4. 山越え バックパッカー 女性 day 43.4 徳島県 神山町から上勝町への『やばい』山越え1…
  5. 日振島 笠岡彰 養殖 day 55.2 愛媛県 日振島 養殖の収入や経費とは? / H…
  6. Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント day 50.1 高知県沖の島 風速18メートル弱 転覆しそうな…
  7. バックパッカー 食事 day 43.7 徳島県上勝町 山越え後…「月ヶ谷温泉 月の宿」…
  8. day 54 愛媛県 日振島へ なにがあるかわからないけど、と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

day 7 石川県穴水町で岩本さん、倉本さんとの出会い ソニーピクチャーズ 中山雅貴 弁護士 sony pictures entertainment masaki nakayama lawyer “自分に集中” 中毒的なSNSから離れる – 米・司法試験一発合格した人物から感じたこと day 14.2 奥能登一周中 再び穴水町へ 今度は町役場へ!? マイクロソフト ユニバーサル・モバイル・キーボード 出張 パソコン 不要 スマホで十分 仕事 【田舎でITレビュー】短期間の出張「旅」 モバイル周辺機器で仕事を快適に その1 – キーボードとスマホ day 13.3 奥能登一周旅 『ランプの宿』駐車場でのテント泊交渉はいかに?!

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
バンライフ 暮らし 移動型 定住 移動しながら暮らす vanlife
  1. asahi national daily newspaper vanlife 朝日新聞 バンライフ
  2. 海 プール 田舎暮らし 遊び場 穴水町 岩車 石川県 能登

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

能登・穴水ならでは!を活かした移住夫婦の牡蠣食堂『Coast table<コースト・テーブル>』
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
グルメ旅人お薦め 豪徳寺のイタリアン『テアトロアッカ』 新宿駅からわずか15分
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
穴水の牡蠣食堂『コースト・テーブル』や珠洲の海女食堂『つばき茶屋』、テレ東『出川哲郎の充電させてもらえませんか?』に登場
『田舎バックパッカーハウス』のシェアハウス&オフィスと、長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』について<まとめ情報>
【星空旅スポット】能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。