2010.12: 四国の島々と田舎町<沖の島・日振島・伊島><神山町・上勝町>

day 49 高知県 旅人に慣れている四国 ~道の駅「すくもサニーサイドパーク」へ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


20101213日(月) – ぼくらは昨晩、奈半利駅(なはりえき)でテントを張って寝た。北海道の函館へ以前、旅をしたとき、テントを張った時も町中だったが、今回も…またもすごいところにテントを張って、一泊してしまった。今日は雨なので、移動日にする。向かう先は宿毛(すくも)。

駅にテントを張っているにもかかわらず、今朝はリラックスしすぎで、いつもより遅い時間までテントで寝てしまったぼくらだった。

「四国には、お遍路さんのシステムがあるので、リラックスしてテントを張れる」と、ぼくの旅の経験上、そう思っている。昨日は、一人のお遍路さん、自転車で四国を回っていた鳴嶋英雄さんと出会った。お遍路さんは至る所に、テント張って、四国八十八箇所巡りをしている人が多い。

「四国にはお遍路さんや旅人が多い」から「みんな旅人慣れ」している。マナーはもちろん大切だが、四国を旅していると、そんな考えが、ぼくの中にうまれてくる。

これは四国を歩いてバックパッカー旅をしていないとわからない感覚だろう。

しかし、今日はよく考えると月曜日で、おそらくサラリーマンや学生の通勤が多いはずだ。テントの上から「トコトコ」と通勤で走る人たちの足音が聞こえるにもかかわらず、ぼくらは9:00ごろまで寝てしまった。荷物をまとめ、奈半利駅を出発した。

今日は、天気予報どおり雨だ。こんな雨の日は、散策しにくいので、移動に時間を費やす。

奈半利駅の次 田野駅で途中下車。昨日食べたかんば餅が美味しかったので、田野駅にあったお店で、お土産として、かんば餅を購入した。ぼくらが、お土産を買うなんて珍しい…

そして、引き続き電車に乗って、高知、窪川、中村(四万十)を経由して、宿毛に入った。

中村駅には、グッドデザイン賞を受賞した駅の待合室があり、Wi-Fiのスポットが整備されている。そこで、しばらくインターネットを使って、宿毛行きの電車を待った。

高知県 中村駅で宿毛行きの電車を待つ
At Nakamura Station in Kochi Prefecture, we waited in a Good Design Award winning and Wi-Fi-installed waiting room until a next train to Sukumo Station. 

宿毛に到着しても、雨はまだ止んでいない。しかも結構な大雨である。以前も書いたが、雨の日にテントを張るのは厄介なのだ。前日と同じように、雨の日は、できるだけ屋根付きのスポットにテントを張りたい。

宿毛駅周辺にはお店が多く、結構な都会だ。公園や広場がなく、屋根付きのスポットはない。人に聞いてみると、ここから一番近いところでテントを張れそうな場所は、国道321号線沿いの道の駅「すくもサニーサイドパーク」。そこに、お遍路さん用の小屋が建てられている。

宿毛駅から車で約10分。ありがたいことに、駅で「道の駅」について聞いた夫婦が、「そこまで乗せてあげるよ」と言ってくれ、言葉に甘え、道の駅「すくもサニーサイドパーク」(高知県宿毛市坂ノ下1023-44(国道321号沿い)へと向かった。

どんなお遍路さん用の小屋なのだろうか。

高知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク」 (翌朝撮影)と
そこに建てられたお遍路さん用の小屋。
下に置いてあるのはぼくらのバックパック
There are lots of huts for Shikoku Henro* in Shikoku island. At a Road Station “Sukumo Sunny Side Park” in Sukumo City, Kochi** Prefecture Japan, there is a hut for Shikoku Henro (Photo taken on the next day).
People in Shikoku are very kind and very used to travelers, because there is “Shikoku Henro (Shikoku Pilgrimage)” system. “Shikoku Henro” is associated with Kukai or Kobo Daishi, the Buddhist monk master who propagated the Buddhist teaching in 800s. There are 88 Shikoku Henro pilgrimage temples where Kukai (said to be) visited as his Buddhist teaching training. Since Kukai visited the 88 temples, Shikoku Henro journey is very popular among travelers (tourists, campers, bicyclist, bikers, etc). Travelers who visit 88 temples are called “Ohenro san.”
Because there is “Shikoku Henro,” there are so many huts for “Ohenro san” travelers in Shikoku. “Sukumo Sunny Side Park” hut is just one of them.

海岸沿いなのだろうか、道の駅「すくもサニーサイドパーク」周辺は、いつもより暖かく、少し湿気がある。

小屋は、2階建てで屋根だけがついて、四方には壁がない。それでも、屋根はあったので、横風が激しくなければ、雨は何とか防げる。屋根があるだけで嬉しい条件の小屋だ。乗せてもらった夫婦にお礼を言って、とりあえず、小屋に荷物を置いて、道の駅「すくもサニーサイドパーク」を散策してみる。

高知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク」に
設置されている遍路案内図 (翌朝撮影)
A Sukumo map of “Shikoku Henro*” at a Road Station “Sukumo Sunny Side Park” in Sukumo City, Kochi Prefecture Japan (Photo taken on the next day).


まず、トイレの場所を確認。あたりには、いくつかのお店があった。ぼくらがここに到着したのは19:30頃で、営業していたのは、お好み焼き屋さん「もくもく屋」だけ。

この「もくもく屋」のオーナー夫婦が、旅人に優しい人たちなのである…(続きは


高知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク」から見える
太平洋と綺麗な青空(翌朝撮影)
The Pacific Ocean by a Road Station “Sukumo Sunny Side Park” in Sukumo City, Kochi Prefecture (Photo taken on the next day).


*In Shikoku, there is “Shikoku Henro (Shikoku Pilgrimage)” sytem which is associated with Kukai or Kobo Daishi, the Buddhist monk master who propagated the Buddhist teaching in 800s. There are 88 Shikoku Henro pilgrimage temples where Kukai (said to be) visited as his Buddhist teaching training. Since Kukai visited the 88 temples, Shikoku Henro journey is very popular among travelers (tourists, campers, bicyclist, bikers, etc). Travelers who visit 88 temples are called “Ohenro san.”
**Kochi Prefecture is located on the southwestern part of Shikoku*** island in Japan.
***Shikoku island (4 prefectures / provinces including Tokushima, Kochi, Ehime and Kagawa) is the smallest of the four main islands of Japan, located south of Honshu and east of the Kyushu island.


続きは

<前回のエピソード 『day 48.2 高知県甲浦から室戸岬を経由して、奈半利へ ~駅で初めてのテント泊~』>
<次回のエピソード 『day 49.1 高知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク」 “優しい旅人哲学”をもつお好み焼き屋『もくもく屋』の平田秀美さん』>

ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

関連記事

  1. day 49.1 高知県 宿毛 道の駅「すくもサニーサイドパーク…
  2. day 45.3 徳島県 伊島 複式学級を採用している伊島小学校…
  3. day 49.2 高知県宿毛 2,500匹の猫と 道の駅「すくも…
  4. day 46 徳島県 伊島 離島振興・役員の川西勲さんとの出会い…
  5. day 48.1 高知県甲浦駅で都内自転車店『なるしまフレンド』…
  6. day 38.1 四国へと再出発する当日に届いた「林檎」と「手紙…
  7. day 47.1 徳島県 伊島から宍喰温泉へ ~ぼくらが「風呂に…
  8. day 48.2 高知県甲浦から室戸岬を経由して、奈半利へ ~駅…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

nikko rv park 日光 東照宮 車中泊スポット 日光の紅葉絶頂期、“老舗”通信大手NTT東日本が日光にCarstay車中泊スポット 2カ所オープン 【メディア掲載】“超変化球”で静岡や室蘭などの地方紙に奥能登の「田舎バックパッカーハウス」の「バンライフ・ステーション」が!? ガイアの夜明け カーステイ メロウ キャンピングカー 医療機関 支援 【田舎・地方で仕事 – 広報】来週6月16日放送の『ガイアの夜明け』に登場 ~ 医療現場でキャンピングカーが活躍 ~ ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ キャンプ タイミング 「おれは山のこじき!」と名乗りたくなる気持ちがわかる早朝5時54分 ~ ダブルダイヤモンド富士はいつ頃見られるの? ~ スタートアップ 災害時 俊敏 スピード 災害時 新興企業<スタートアップ>の俊敏な対応と行動力がポジティブな方向へ

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

ハイエース 動くオフィス 海 オフィス
  1. スタートアップビジネスプランコンテスト いしかわ2020 Carstay 宮下晃樹
  2. 日本海 10月 海 石川県 穴水町 岩車 空いてる ビーチ 田舎暮らし 子育て
  3. 秋葉博之 秋葉洋子 手紙
  4. 田舎暮らし 子育て 娘 小学校 日記

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
ここ最近は家から135メートル先の絶景スポットで仕事してるよ
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【メディア掲載】今日8月3日 石川テレビのバンライフ特集に登場
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
長期間 住める駐車場<車中泊スポット>『バンライフ・ステーション』併設型のシェアハウス&オフィス『田舎バックパッカーハウス』<まとめ情報>
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。