2010.12: 四国の島々と田舎町<沖の島・日振島・伊島><神山町・上勝町>

day 45.2 徳島県 四国本土最東端の『伊島(いしま)』へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2010129日(木) – ぼくらは、小松島ステーションパークで出会った阿波踊りの画家 銭谷誠(ぜにや/せにたに まこと)さんにクルマで、伊島(いしま)への定期船の発着港の答島(こたじま)まで送ってもらった。これから船で、伊島へと向かう。(銭谷さんとの25分の会話「画家として売れるまで」はこちら

ぼくらは、徳島の格安スーパー「セブン」で買いだしをして、答島(こたじま)12:15発の定期船で、伊島へと向かった。伊島は、徳島県阿南(あなん)市の一部(伊島町)で、四国本土最東端、答島/蒲生田岬から約6キロ先に浮かぶ島だ。


伊島の周囲は9.5キロで、標高は約124メートル。伊島、前島(まえじま)、棚子島(たなごじま)の3島と無数の小島からなっている徳島県で唯一人が住んでいる離島だそうだ。


世帯数は100軒で、島民は183人。だが、そんなにいるような感じではない。伊島にはガソリンスタンドはなく、自動車も走っていない。

徳島県 伊島 定期船の「みしま」、背景にあるのが「可動式防波水門」

また伊島の港には、暴風雨から漁船と島民を守るための防波堤として「可動式防波水門」が設置されている。伊島に全国で初めて「可動式防波水門」が設置されたそうだ。伊島は、磯釣りでも賑わう島で、ここに磯釣りをしにくる釣人が多い。グレ(メジナの別名)や茅渟/海鯽(チヌ)(クロダイの別名)などが釣れるそうだ。


島の名前「伊島(いしま)」は、空から見ると、ひらがなの「い」に似ていたことから、「伊島」と名付けられたと伝えられている。
ぼくらは、就航船みしま(0884-33-1271)で13:00ごろ、伊島に到着した。料金は大人1,000円(子ども500円)。結花は船で酔ってしまい、伊島の定期船待合室で休憩することに。


ぼくは、とりあえず、伊島を散策しようかな…(続きはこちら

【伊島への連絡船/定期船の時刻表】

◇伊島→答島
1月~12月: 1便 7007302便10001030
1月、11月~12月: 3便 14451515
2月、10月: 3便 15151545
3月~9月: 3便 16001630

◇答島→伊島
1月~12月: 1便 8309002便12301300
1月、11月~12月: 3便 16151645
2月、10月: 3便 16451715

3月~9月: 3便 17151745

徳島県 四国本土最東端の伊島へ向かう定期船からの眺め
徳島県 伊島へ向かう定期船からの眺め
途中の海の上には多くの無人島が並んでいる
徳島県 伊島の港にある待合所
徳島県 伊島 港周辺の雰囲気 のんびりした雰囲気が良い
徳島県 伊島 港周辺にある案内地図「伊島の史跡・自然・名所案内版」
結構大きそうな湿原地帯もあるようだ
徳島県 伊島 港周辺の雰囲気 車がない島


ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・岩車で育てらた牡蠣の販売サポートも思っている。

関連記事

  1. day 49.2 高知県宿毛 2,500匹の猫と 道の駅「すくも…
  2. day 47.1 徳島県 伊島から宍喰温泉へ ~ぼくらが「風呂に…
  3. day 48.2 高知県甲浦から室戸岬を経由して、奈半利へ ~駅…
  4. day 48 徳島県 道の駅「宍喰温泉」で海の幸BBQ無料朝食 …
  5. day 45.3 徳島県 伊島 複式学級を採用している伊島小学校…
  6. day 47 徳島県 伊島 小さな島に大きな『湿原』
  7. day 46 徳島県 伊島 離島振興・役員の川西勲さんとの出会い…
  8. day 38.1 四国へと再出発する当日に届いた「林檎」と「手紙…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【ざっくり特集 – VANLIFE 1】車で“移動暮らし”『バンライフ』できる時代到来 『移動型定住』『動くX』とは? 穴水町 役場 ずさん 無責任 穴水町役場 政策調整課 課長の無責任な『報酬』発言と『証拠』 – バックパッカーが語る地方自治体のあるある?!<その1> ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ キャンプ タイミング 「おれは山のこじき!」と名乗りたくなる気持ちがわかる早朝5時54分 ~ ダブルダイヤモンド富士はいつ頃見られるの? ~ ドライブスルー牡蠣祭り『おうちDEかき祭り』2月21日(日)11:00~ 石川県穴水町で Carstay CMO 田端信太朗 資金調達 【速報】CarstayのCMOに田端信太朗氏が就任 「バンライフ」ワールド市場浸透に加速 「バンライフこそ未来のライフスタイル」

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 役場
  1. トヨタ, ハイエース, 動く家
  2. MRO 絶好調W
  3. tsubaki zaki anamizu Ishikawa 石川県 穴水町 岩車 椿崎
  4. テレビ金沢 石川県 バンライフ
  5. 静岡第一テレビ はなびらたけ ホホホタケ 電球 大井川電機

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎旅】能登鹿島駅「さくら駅」満開終わり葉桜に ~ 新駐車場 まもなく完成 ~
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
日本最大の“桜駅”能登さくら駅<能登鹿島駅>へ ~ 着物モデルも登場。奥能登は“葉桜”に...~
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!<2021年注文受付・出荷・販売開始!>
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。