2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 34.3 愛媛県 八幡浜 大島の漁師からバックパッカーへの最高のプレゼント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
大島 愛媛 漁師

2010年11月20日(土) – 楽しみながら釣りをしていた90歳のおばあちゃんがいた三王島(さんのうじま)から、昨日から泊らせてもらっている木村さんの旧・民宿へと戻る予定だったが寄り道をする。

「猪探しだけでこの日を終わらせるのはもったいない」と思い、民宿へは戻らず、夕方の島や港付近の様子を見に行った。

数人の漁師たちが港付近にある漁協の倉庫前に座って何かをしている。

「何をしているのかなぁ」と思い、「今日釣った魚ですか?」など、彼らに話しかけてみた。

大島 漁師 島暮らし

【愛媛県 八幡浜 大島 魚をさばくよしあきさんたち漁師 「時間がとまったような島の空間…これがやっぱりいいよね」と、漁師たち】

大島 愛媛 漁師

【愛媛県 八幡浜 大島 漁協の倉庫前で魚をさばくよしあきさん】

ホースで魚を洗いながら、一人が数匹の魚を3~4枚に下ろしている…。

大島 漁師 釣り 穴場

【愛媛県 八幡浜 大島 魚をさばき中】

大島で出会ったあさみさんは、この島で一番若い人は30歳ぐらいと言っていたが、ここで出会った漁師のよしあきさんは、25歳の若手漁師。

よしあきくんが、魚を下ろしていると、まわりに漁師仲間たちが集まってきた。

愛媛県 大島 釣り 穴場

【愛媛県 八幡浜 大島 今日獲れた魚の一部。平目…このどでかい目の魚は?】

そして、一人がバーナーで鰹(かつお)を炙っている。

この美味しそうに炙った鰹を、みんなに振る舞っている。ぼくらも食べさせてもらった。

これが最高にうまい!一切れ食べると、もう一切れ、そしてもう一切れ、と勝手に食べてしまう。

 

漁師からもらった最高のおつまみ!

そして、この漁師さんがつくったタレもとんでもなく美味しかった。

タレには醤油、酢、砂糖、生姜、ニンニクを使っているそうだ。

よくあるタレなのかもしれないが、このタレと鰹の絶妙なコンビネーションが何とも言えない美味しさだった…

「これ本当に美味しいですね!」と、とにかく何度も「美味しい、美味しい!」と言うことしかできない自分。

漁師さんが「一切れ持っていきな」と、ぼくらに鰹を一切れ分けてくれたのだ。

鰹のたたきだけでなく、その美味しいタレも持ち帰らせてくれた。

カツオのたたき 激うま 愛媛県 大島 旅

【愛媛県 八幡浜 大島 漁師からもらった鰹(かつお)のたたき。夕飯がすごいことになった。】

ぼくら田舎バックパッカーは、旧・民宿へと戻り、飯盒でご飯を炊き、鰹のたたきを食べた。

ぼくがこれまで食べた鰹には、臭味があることが多かったと思う。もらった鰹には臭味が全くない。

これまで食べた鰹で一番美味しかった…としか本当に言いようがなかった。本当に最高な鰹のたたきだった。

さっき魚をさばいていたよしあきさんの隣にいた眼鏡の漁師さんに「島のどこが一番好きですか?」と聞いてみた。

彼は、島の時間が止まった空間が好きだと言っていた。

鰹の美味しさに圧倒されていた自分だったが、彼のその発言は深くぼくの頭に残った。

この島には、都会の人たちが遊びに行くような場所はない。

だからこそ、自分の自由な時間を見つけて、ゆっくりと自分の時間を過ごせる。

大島 愛媛県 漁師 穴場 釣り

【愛媛県 八幡浜 大島 夕方の港】

漁師の人たちと道端でのんびりと話して、鰹のたたきを食べるこの空間。何とも表現しにくい不思議でいい時間だった。

満月 魚 採れない

【愛媛県 八幡浜 大島 今日は満月だから、魚が釣れるかどうか…】

道端で、魚をさばき、鰹を炙り、みんなに振る舞う…。この空間はこれまで過ごしてきた都会では経験できない。

ちなみに、漁協周辺は、「しおだたきの道」と呼ばれるらしく、国道ではない。

法律上、ヘルメットなしでバイクに乗ったり、乗用車のナンバープレートがなくても良いと言っていた。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 34.2 愛媛県八幡浜 大島で楽しそうに魚釣りを楽しむ90歳の“釣りガール”』>

<次回のストーリー 『day 34.4 愛媛県八幡浜 大島 暗闇の中で『猪探検隊』再結成 ~アオリイカを断る…残念なぼくら~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 坊勢島 飯盒 キャンプ テント 兵庫県 テント泊スポット day 22 兵庫県 坊勢島 田舎バックパッカーと坊勢島の高校生…
  2. 日振島 笠岡彰 養殖 day 55.2 愛媛県 日振島 養殖の収入や経費とは? / H…
  3. 大船 ルミネ 旅人 day 37 鎌倉へ一度戻る田舎バックパッカー ~さて12月はど…
  4. バックパッカー 中川生馬 講演 day 26.5 香川県 伊吹中学校で語る日本とアメリカの教育の…
  5. バックパッカー 中川 day 28 愛媛県 瀬戸内海に浮かぶ怱那諸島へのバックパッカー…
  6. 大島 港 愛媛 day 34.4 愛媛県八幡浜 大島 暗闇の中で『猪探検隊』再結…
  7. 笠岡彰 養殖 日振島 day 55.1 愛媛県 日振島 『魚には魚の餌』『養殖漁師は魚…
  8. バックパッカー 四国 伊吹島 day 26.4 香川県 伊吹小中学校 校門前で“島のお母さん”…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar キャンピングカーのカーシェア本格稼働 車中泊仕様の車を激安利用?!車中泊仕様の車で副収入も?! 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 【メディア掲載】中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』 Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 待合室 day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~ Hiace solar panel ハイエース ソーラー 田舎旅: 冬の“ソーラー”重視のクルマ旅 どこへ? ~ 一式と一石二鳥的メリットとは ~

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

  1. Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  2. 大井川電機製作所 広報
  3. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar
  4. campervangelist ikuma nakagawa vanlife station
  5. スタートアップ 災害時 俊敏 スピード

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP