2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 34.3 愛媛県 八幡浜 大島の漁師からバックパッカーへの最高のプレゼント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
大島 愛媛 漁師

2010年11月20日(土) – 楽しみながら釣りをしていた90歳のおばあちゃんがいた三王島(さんのうじま)から、昨日から泊らせてもらっている木村さんの旧・民宿へと戻る予定だったが寄り道をする。

「猪探しだけでこの日を終わらせるのはもったいない」と思い、民宿へは戻らず、夕方の島や港付近の様子を見に行った。

数人の漁師たちが港付近にある漁協の倉庫前に座って何かをしている。

「何をしているのかなぁ」と思い、「今日釣った魚ですか?」など、彼らに話しかけてみた。

大島 漁師 島暮らし

【愛媛県 八幡浜 大島 魚をさばくよしあきさんたち漁師 「時間がとまったような島の空間…これがやっぱりいいよね」と、漁師たち】

大島 愛媛 漁師

【愛媛県 八幡浜 大島 漁協の倉庫前で魚をさばくよしあきさん】

ホースで魚を洗いながら、一人が数匹の魚を3~4枚に下ろしている…。

大島 漁師 釣り 穴場

【愛媛県 八幡浜 大島 魚をさばき中】

大島で出会ったあさみさんは、この島で一番若い人は30歳ぐらいと言っていたが、ここで出会った漁師のよしあきさんは、25歳の若手漁師。

よしあきくんが、魚を下ろしていると、まわりに漁師仲間たちが集まってきた。

愛媛県 大島 釣り 穴場

【愛媛県 八幡浜 大島 今日獲れた魚の一部。平目…このどでかい目の魚は?】

そして、一人がバーナーで鰹(かつお)を炙っている。

この美味しそうに炙った鰹を、みんなに振る舞っている。ぼくらも食べさせてもらった。

これが最高にうまい!一切れ食べると、もう一切れ、そしてもう一切れ、と勝手に食べてしまう。

 

漁師からもらった最高のおつまみ!

そして、この漁師さんがつくったタレもとんでもなく美味しかった。

タレには醤油、酢、砂糖、生姜、ニンニクを使っているそうだ。

よくあるタレなのかもしれないが、このタレと鰹の絶妙なコンビネーションが何とも言えない美味しさだった…

「これ本当に美味しいですね!」と、とにかく何度も「美味しい、美味しい!」と言うことしかできない自分。

漁師さんが「一切れ持っていきな」と、ぼくらに鰹を一切れ分けてくれたのだ。

鰹のたたきだけでなく、その美味しいタレも持ち帰らせてくれた。

カツオのたたき 激うま 愛媛県 大島 旅

【愛媛県 八幡浜 大島 漁師からもらった鰹(かつお)のたたき。夕飯がすごいことになった。】

ぼくら田舎バックパッカーは、旧・民宿へと戻り、飯盒でご飯を炊き、鰹のたたきを食べた。

ぼくがこれまで食べた鰹には、臭味があることが多かったと思う。もらった鰹には臭味が全くない。

これまで食べた鰹で一番美味しかった…としか本当に言いようがなかった。本当に最高な鰹のたたきだった。

さっき魚をさばいていたよしあきさんの隣にいた眼鏡の漁師さんに「島のどこが一番好きですか?」と聞いてみた。

彼は、島の時間が止まった空間が好きだと言っていた。

鰹の美味しさに圧倒されていた自分だったが、彼のその発言は深くぼくの頭に残った。

この島には、都会の人たちが遊びに行くような場所はない。

だからこそ、自分の自由な時間を見つけて、ゆっくりと自分の時間を過ごせる。

大島 愛媛県 漁師 穴場 釣り

【愛媛県 八幡浜 大島 夕方の港】

漁師の人たちと道端でのんびりと話して、鰹のたたきを食べるこの空間。何とも表現しにくい不思議でいい時間だった。

満月 魚 採れない

【愛媛県 八幡浜 大島 今日は満月だから、魚が釣れるかどうか…】

道端で、魚をさばき、鰹を炙り、みんなに振る舞う…。この空間はこれまで過ごしてきた都会では経験できない。

ちなみに、漁協周辺は、「しおだたきの道」と呼ばれるらしく、国道ではない。

法律上、ヘルメットなしでバイクに乗ったり、乗用車のナンバープレートがなくても良いと言っていた。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 34.2 愛媛県八幡浜 大島で楽しそうに魚釣りを楽しむ90歳の“釣りガール”』>

<次回のストーリー 『day 34.4 愛媛県八幡浜 大島 暗闇の中で『猪探検隊』再結成 ~アオリイカを断る…残念なぼくら~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 興居島 海水浴場 day 29.2 愛媛県 興居島 忽那諸島で開催されていた「島博…
  2. 日振島 笠岡彰 養殖 day 55.2 愛媛県 日振島 養殖の収入や経費とは? / H…
  3. 興居島 バックパッカー 島旅 四国 day 28.2 愛媛県 興居島での一夜目
  4. day 24.1 兵庫県 坊勢島 最終日 ~「技術力の高い」漁師…
  5. 荻野さん 興居島 みかん day 30 愛媛県 興居島の萩野さんからもらった最高に美味しく…
  6. 日振島 漁師 day 55 愛媛県 日振島 笠岡彰さんの養殖現場を見学 …
  7. 辛い ラーメン 旅 day 36 愛知県から静岡県沼津へ ~冒険開始2ヶ月目にして、…
  8. バックパッカー 怒和島 四国 瀬戸内海 day 31 愛媛県 怱那諸島の『怒和島』へ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

ダブル ダイヤモンド富士 田貫湖 たぬきこ キャンプ タイミング 「おれは山のこじき!」と名乗りたくなる気持ちがわかる早朝5時54分 ~ ダブルダイヤモンド富士はいつ頃見られるの? ~ Iwagruma Anamizu Ishikawa 能登半島 石川県 穴水町 岩車 農山漁村の『岩車』に移住した理由 ~ 東京で“埋もれる”よりも田舎へ ~ 穴水町 役場 ずさん 無責任 穴水町役場 政策調整課 課長の無責任な『報酬』発言と『証拠』 – バックパッカーが語る地方自治体のあるある?!<その1> 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ 中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信 【メディア掲載】中日新聞1面トップ『車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信』

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

石川テレビ バンライフ ishikawa tv vanlife media
  1. Carstay CMO 田端信太朗 資金調達
  2. ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材
  3. kinto carstay キャンピングカー プレゼント
  4. 福岡県 小呂島

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP