2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 33 愛媛県 八幡浜 大島へ向けて出発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
愛媛県 八幡浜 船

2010年11月19日(金) – 7:00ごろ起きると、既に駐車場に一台のクルマが止まっていた。

「もうちょい寝ても大丈夫そうだけど…」と思いつつも、7:00をまわっているので、すばやくテントを片付けて、ずらかる…

 

今日はどこへ…?

今日、ぼくら田舎バックパッカーは愛媛県八幡浜港から、西南海上約12キロに位置する大島(八幡浜大島と呼んでいることもあるそうだ)に行く。

地図を見て「おっ、ここに島があるじゃん!(地図上)線も引かれているし、船も出てる」が理由だ。

大島までの定期船は680円で、約30分かかる。出航時間は以下のとおり。(2010年11月19日(金)現在)

八幡浜発 大島発
1. 11:30 07:30
2. 16:30 14:30
※毎月第1・第3日曜日は、1便のみ運航

tabi_02_shikoku1_2010_11_0845

【愛媛県 八幡浜港近くのレストラン「三和」で朝から、ちゃんぽんを食べるぼくら。これが結構美味い!「でも、安いからって、最近外食しすぎじゃないかぁ~?やっぱり飯盒と米だろ」とぼく。】

愛媛県 八幡浜 船

【JR八幡浜駅から大島への定期船が出航している八幡浜港まで歩いてきたぼくら。意外と遠かった…】

八幡浜 愛媛 船 大島

【愛媛県 八幡浜大島への定期船。穏やかな海。「大島ってどんな島なんだろうね~」「あ、とりあえず事務所で、パンフレットだけでももらってこよっかな」】

八幡浜 大島 船

【愛媛県 八幡浜 大島へ出発!サヨナラ、ビルたちよ!】

大島になにがあるのかはもちろん知らない。調べてもいない。

しかし、探究心からだろうか、知らないからこそぼくらは探りたくなる。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 32.3 愛媛県八幡浜 ぼくら“ストリートキャンパー”にとって困った場所』>

<次回のストーリー 『day 33.1 愛媛県 八幡浜 大島を散策 ~到着早々ベンチで寝始める結花…~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. バックパッカー 四国 day 29.1 愛媛県 興居島ミカン ~農家の工夫。農家の後継…
  2. オレゴン ホームステイ 家族 写真 day 25.1 香川県 伊吹島で高熱 ~熱で寝ぼけて…救急車を…
  3. 坊勢島 漁船 漁師 day 21.2 兵庫県 坊勢島での『両替』 ~ 若者が誇る漁師…
  4. 愛媛 興居島 瀬戸内海 住職 day 28.1 愛媛県 興居島 弘正寺の住職さんの車で、泊から…
  5. シュードタキライト 大島 愛媛 day 33.2 愛媛県八幡浜『シュードタキライト』で有名だが子…
  6. 四国 坊勢島 バックパッカー旅 旅行 day 21 兵庫県 坊勢島(ぼうぜじま)に向けて出発
  7. 大船 ルミネ 旅人 day 37 鎌倉へ一度戻る田舎バックパッカー ~さて12月はど…
  8. バックパッカー 中川生馬 講演 day 26.5 香川県 伊吹中学校で語る日本とアメリカの教育の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

能登・穴水町岩車(石川県) - バックパッカー中川生馬の娘 【メディア掲載】ラジオ 文化放送<AM1134>に登場!田舎でホントやっていけんの?! day 14.3 奥能登一周中 穴水町の『田舎暮らし体験』とは?岩車の新田信明さん宅で急遽?! セブ・パシフィック航空 「#CEBjuanderers Backpacker Challenge」での日本チーム優勝に関するリリースを配信! 田舎バックパッカー 広報 写真家 中川生馬 day 75 福岡県博多に到着し、小呂島(おろのしま)へ…って「どこそれ?」 creative coffee shop countryside in Japan 能登での田舎暮らし: 穴水町岩車にカフェ?!

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 車中泊,石川県 車中泊,石川県 バンライフ,ふれあいパーク
  1. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. Carstay Koki Miyashita カーステイ 宮下晃樹
  4. 都市構造再編を活用へ/穴水中央地区立地適正化計画/町、採択要望/総事業費61億4000万円
  5. 石川県 新移住者, バンライフ 地方移住, 岩本舜夫
  6. 穴水町 岩車 キリコ祭り 2020年

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
【メディア掲載】NHK BSプレミアムに登場!「旅する★手作りキャンピングカー」 8月18日放送!
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
day 45.1 徳島県小松島 『ル・サロン』『国連本部』にも飾られたと話す『阿波おどり』の画家 銭谷誠さんとの出会い ~ “画家として売れるまで…”の25分間の会話 ~
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
【メディア掲載】note上のCarstay公式マガジンに登場
自動車用電球メーカーが“幻のきのこ”はなびらたけをつくってるって?!なぜ?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。