2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 32.2 愛媛県 松山駅 『22冊の本を電子化』 ~ 本…旅に持っていくべきか… ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
松山駅 タクシー 都会

2010年11月18日(木) – 今月(2010年11月)の旅出発前日の11月5日(金)自分が持っている約20冊の本を電子化することにした。

松山駅前 温泉 マクドナルド

【愛媛県 松山駅で下車】

本をスキャンして、それをPDF化してくれるサービス。

これによって旅先で使っているスマートフォン「X06HT」や「X02HT」上で本を読める。

また、部屋のスペースを拡大するためにも良いかもしれない。

「読みたくて買った本が家に沢山あるけど読んでない」、「旅に出るとき、読みたくなった時のために携帯しておきたい」と思ったことが背景にあり、本の電子化をすることにした。

本は重いので、さすがに何冊もバックパックに入れて持っていくことができない。

松山駅 タクシー 都会

【愛媛県 松山駅 ここは都会だ…】

ネット上で、「スキャン」、「書籍」と入れて検索すると、いくつかのサービスを発見した。

一冊約80円~100円、これにオプションで、書籍内の文字検索もできるOCRスキャンが一冊約80円~100円。

約22冊を電子書籍化させた。一冊のデータ量は、ページ数によって異なるが、ぼくがスキャンを依頼した本は、42MB~228MBのデータサイズとなり、合計32GB。

結構、データ量が重い。

納入は、書籍がサービス会社に到着し、4日後だった。(通常は3日だが、1日遅れた)

ダウンロード期間が迫っていたため、ぼくらは松山駅周辺にあるマクドナルドのWifiスポットで、合計32GBの書籍をダウンロードした。

32GB…結構時間がかかった。

ダウンロードしている間、結花は、同ビル内にある温泉「キスケの湯」に入りに行った。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 32.1 愛媛県 怒和島 学校訪問第3弾: 愛媛県 怒和島 怒和小学校の“集合学習”と“故郷を知る教育”』>

<次回のストーリー 『day 32.3 愛媛県八幡浜 ぼくら“ストリートキャンパー”にとって困った場所』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)で広報責任者として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てられた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. バックパッカー 中川生馬 講演 day 26.5 香川県 伊吹中学校で語る日本とアメリカの教育の…
  2. 観音寺 伊吹島 藤代 day 27.1 香川県 観音寺駅での“とんでもない”偶然 ~ …
  3. Fuji Wifi モバイルルーター 地方 格安SIM Fuji Wifi 100GB 田舎でITレビュー:そろそろケーブルTVや光回線を解約する時期か…
  4. 愛媛県 八幡浜大島 地大島 猪 罠 day 33.4 愛媛県八幡浜大島の隣にある『獣臭~い』地大島へ…
  5. 日振島 笠岡彰 day 56 田舎バックパッカー、愛媛県日振島から宇和島へ ~縞…
  6. 【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ120…
  7. 愛媛県 怒和島 day 31.7 愛媛県 怒和島 田中さんの家で飲み食べ語る&#…
  8. バックパッカー 四国 伊吹島 day 26.4 香川県 伊吹小中学校 校門前で“島のお母さん”…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気 能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味噌”作り ~ 今年は“青”豆で! ~ 穴水町 キャンピングカー, 保育園 キャンピングカー, 動けるおうちにノリノリ 【25枚の写真が語る】保育園児にバンライフ熱弁!?「動くおうち、バンライフの時代くるからね~!」ってお話し anamizu noto ishikawa Is living in Japan expensive? 【メディア掲載】各地の地方紙「時のひと」「この人」などの人コラムに「田舎バックパッカー」 nuroモバイル ソネット 0SIM 【田舎でITレビュー】格安SIM 音声通話だけなら基本料金最安の『0SIM』がベスト

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
穴水町 キャンピングカー, 保育園 キャンピングカー, 動けるおうちにノリノリ
  1. フリーランスって
  2. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  3. 石川県 子育て,石川県 移住,石川県 移住者,穴水町 子育て,穴水町 小学校,穴水町 川尻,穴水町 移住者,能登 田舎, 能登 移住者, 田舎 学校, 田舎 小学校,向洋小学校
  4. 広島県 三原市,佛通寺,紅葉
  5. はなびらたけ ホホホタケ ラーメン
  6. 能登 穴水町 牡蠣食堂 コーストテーブル Ishikawa Oyster restaurant Coast table

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<のとかき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
day 70.4 輪島塗の現状 ~ 輪島に残れない輪島塗に熱心な次世代 ~
【田舎旅】サブバッテリーの走行充電ができないとき、確認したいポイント
【25枚の写真が語る】保育園児にバンライフ熱弁!?「動くおうち、バンライフの時代くるからね~!」ってお話し
【メディア掲載】奥能登に移住した ただの一般人のぼくが映画『裸のムラ』に一主演として登場!?10月から全国で順次公開 〜 『普通を問う』ドキュメンタリー 〜 < 動画あり >
【カーステイ車中泊スポットレビュー】500円で車中泊 都会の24時間オープンお風呂カフェ
【田舎バックパッカーハウス】能登半島・石川県穴水町の田舎暮らし体験シェアハウス、長期間 車中泊滞在“バンライフ移住”可能な<住める駐車場>『バンライフ・ステーション』について
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。