2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 32.1 愛媛県 怒和島 学校訪問第3弾: 怒和小学校の『集合学習』と『故郷を知る教育』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
愛媛県 怒和島 学校

2010年11月18日(木) – 怒和小学校には、6人しか生徒がいないため、同じ世代の多くの生徒と交流することができない。

怒和小学校の生徒のほとんどは、卒業後、中島の中島中学校に入学する。

怒和小学校では、中島のみんなと上手く交流できるように、中島小学校の生徒と交流する『集合学習』を実施している。

愛媛県 怒和島 学校

【愛媛県 怒和島の砂田校長先生と】

以前、同じく瀬戸内海にある島 伊吹島の伊吹小中学校を訪問した際、小さな学校では、個別に先生から徹底して教えてもらえる、というメリットを校長先生の山本忠由さんから聞いた。

 

子どもが少ない島の学校のメリットとデメリット

生徒が何を理解して、何を理解できなかったか、など生徒個人がわかるため、個別に親切に先生が教えてくれる。

小さな学校には、このようなマンツーマンの個別指導の大きなメリットがあるが、そこにはデメリットもある。

生徒が少数なため、同年代の意見を取り入れることができない。

少人数の学校の場合、個人の意見や発想を伸ばすことができるかもしれないが、様々な人の意見や考え方を自分の参考にしたり、あらゆる人たちの価値観を学ぶことが難しい。

このデメリットを解消するために、怒和小学校では、中島小学校との集合学習を取り入れているのだ。

また、このようなプログラムにより、怒和小学校の生徒は、中島小学校の多くの生徒と友達になるため、怒和小学校から進学予定先の中島中学校に入学すると、友だち作りもスムーズで、中学校コミュニティ内に入りやすい。

ちなみに、怒和島の中学校は4~5年前に廃校となった。

怱那諸島には、中島にしか中学校がないそうだ。

怒和島では、畑体験、魚釣りなど対自然の授業を実施するときに、地域の人たちの協力を得る。

自分が住む怒和島の人たちと触れあうことで、島の利点や欠点、島の大切さを実際体感することができる。

子どもと地域の関係性を強化することで、自分の島「怒和島」が好きになる。

怒和島の高齢者とクロッケーをして触れあったり、小学校が小規模なため、運動会は島の人たちも参加して、島全体で開催する。

島の自然、島の人々と触れ合い、『自分の場所を感じて知る』ことで『ここが自分の家』と思い、子どもたちの心が安定へとつながると話す。

愛媛県 怒和島 学校

【愛媛県 怒和島 怒和小学校 農業体験の授業中】

愛媛県 怒和島 学校 教育

【愛媛県 怒和島 怒和小学校 運動会は島民がみんな参加して盛り上げる】

ちなみに、砂田校長先生は授業を担当してないが、積極的に島の人々と関わり、あらゆる活動をしているそうだ。

学校を中心に怒和島のコミュニティと触れあう。

怒和島 愛媛 学校

【愛媛県 怒和島 怒和小学校 年に一度の『学習発表会』を計画中】

子どもたちは、アオリイカや魚を釣って遊ぶ。

海や山で楽しめる暮らし。2011年3月には、1年間勉強したことを発表する学習発表会が、上怒和と元怒和の二つの場所であるので、これからみんな忙しくなる。

この発表会には、約30人島民が集まるそうだ。

給食中、ぼくらは生徒の皆に、「怒和島の何が好き?」と聞いてみた。

「夕焼けが好き」、「夕日で空や鳥が光っているところが好き」、「海や釣りが好き」、「将来は漁師になりたい」、「運動会は地域の人たちと一緒にできるから好き。

(指示された物を島民から借りてくることを競う)『借り物リレー』も好き」、「クロッケーも好き」など、子どもたちは島が大好き。

島の人たちも協力的で、皆が優しい。クロッケーは、授業の一環として取り入れていて、島の人たちと競うそうだ。

怒和小学校訪問が終わり、定期船乗り場へと向かった。

船を待っていると、優しい田中さんの奥さんが、ぼくらにミカンとおにぎりを持ってきてくれた。

愛媛 怒和島

【愛媛県 怒和島を出発】

ぼくら田舎バックパッカーは、14:01発の定期船で高浜港へ戻り、八幡浜港から次の島へと向かうことにした。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 32 愛媛県 怒和島 学校訪問第3弾:怒和小学校を訪問 ~「故郷を捨てない」教育(続く)~』>

<次回のストーリー 『day 32.2 愛媛県 松山 『22冊の本を電子化』 松山駅でダウンロード』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 怒和島小学校 愛媛県 day 32 愛媛県 怒和島 学校訪問第3弾:怒和小学校を訪問 …
  2. アイルランドのシャロンと横浜で再会
  3. 愛媛 興居島 瀬戸内海 住職 day 28.1 愛媛県 興居島 弘正寺の住職さんの車で、泊から…
  4. day 20 四国の島々へのバックパッカー旅スタート
  5. バックパッカー 四国 day 29.1 愛媛県 興居島ミカン ~農家の工夫。農家の後継…
  6. 荻野さん 興居島 みかん day 30 愛媛県 興居島の萩野さんからもらった最高に美味しく…
  7. バックパッカー 中川結花子 興居島 瀬戸内海 day 28.3 愛媛県 興居島「さぁ、ビールだ」 スクーターを…
  8. 観音寺 伊吹島 藤代 day 27.1 香川県 観音寺駅での“とんでもない”偶然 ~ …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road 【メディア掲載】日本最大の英字紙『The Japan Times』やアメリカのRVニュースサイトに登場 hiace cruise control ハイエース クルーズコントロール クルコン 長距離 車旅が“楽”になるアイテム: ハイエースを自動運転化?!新たなポータブルバッテリーも 東奥日報 2020年7月29日 車中泊 バンライフ 中川生馬 田舎バックパッカーハウス 【メディア掲載】青森県の地方紙「東奥日報」でも「バンライフ 車で寝泊まり、旅しながら仕事 『新しい生活様式に』奥能登に拠点 高まる需要」 day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』 今日発売の「田舎暮らしの本」(2015年5月号)の内容は... 【メディア掲載】宝島出版の「田舎暮らしの本」に2ページカラーでバックパッカーファミリー登場

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

ハイエース 動くオフィス 海 オフィス
  1. スタートアップビジネスプランコンテスト いしかわ2020 Carstay 宮下晃樹
  2. 日本海 10月 海 石川県 穴水町 岩車 空いてる ビーチ 田舎暮らし 子育て
  3. 秋葉博之 秋葉洋子 手紙
  4. 田舎暮らし 子育て 娘 小学校 日記

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

ここ最近は家から135メートル先の絶景スポットで仕事してるよ
【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
【田舎暮らし歴約10年が語る】田舎/地方でスマホ、携帯電話の購入で、最も気を付けるべき点は?田舎で絶対必要「プラチナバンド」とは?
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
【メディア掲載】今日8月3日 石川テレビのバンライフ特集に登場
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
day 54 愛媛県 日振島へ  なにがあるかわからないけど、とにかく行ってみっか

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。