2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 30 愛媛県 興居島の萩野さんからもらった最高に美味しく甘いミカン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
荻野さん 興居島 みかん

2010年11月16日(火) – この日ものんびりした1日だった。興居島は落ち着く島。

海水浴場でご飯を料理。温かく海も透明。

海水浴場にぼくら田舎バックパッカーしかいなかったせいか、のんびりとした空間を過ごしていた。

興居島 海水浴場

【愛媛県 興居島 相子ヶ浜海水浴場 ゴミは持ち帰る。海水浴場には、流れ着いた多くのゴミが流れ着いていた。】

相子ヶ浜海水浴場(あいこがはまかいすいよくじょう)を出て、興居島を歩いていると、二日前に、スクーターを貸してくれた萩野尚子さんと会った。

萩野さんは、自転車でミカン農園に向かっているところ。

ぼくらがいる泊港あたりから、徒歩約20分先に、萩野さんのミカン農園があり、そこまで行けば、萩野さんのミカンをいただけるとのことだったので、ぼくらは、萩野さんの「カネミツ農園」の出荷場所まで行くことにした。

興居島 萩野さん みかん 農園

【愛媛県 興居島 萩野さんと結花】

荻野さん 興居島 みかん

【愛媛県 興居島 萩野さんとぼく】

ぼくらは結局、カネミツ農園に辿り着くことが出来なかった。

するとなんと農園から萩野さんがわざわざぼくらのところまで自転車で来て、ビニール一袋分の興居島みかんを持ってきてくれた。

早速、ぼくらは海岸沿いの堤防に座り、このミカンを食べ始めた。

もらったミカンは、ものすごく甘く…、はまってしまい、短期的なミカン中毒症状になってしまった…。

ぼくらは、「こんなに甘いミカンを初めて食べた…」と思われる食いっぷりをしていた。

おそらく、このビニール袋に30~40個ぐらい入っていただろうか…。

泊の港に戻ろうと、立ったときには、残り5~10個ぐらいしか残ってなかった。

 

美味しいミカンの秘訣

萩野さんのカネミツ農園のミカンの特長は、瀬戸内海の小魚を沢山使った有機肥料、空・海・石垣からの3つの太陽、自然の潮風の、海・風・太陽など自然や天候を効果的に活用して、ミカンの甘さを、さらに甘くさせている。

そして、愛情をこめて生産から荷造りまでの全てを、手作業で行う。

みかんは、12月中旬から、イヨカンは1月中旬から出荷される。

愛媛県 興居島 弘正寺

【愛媛県 興居島 弘正寺前で】

愛媛県 興居島 弘正寺

【愛媛県 興居島 弘正寺前で】

愛媛県 興居島 弘正寺

【愛媛県 興居島 弘正寺前で】

ミカンを食べ終わり、ぼくらは、弘正寺に行き、由良から泊へと送ってくれた住職さんにお礼をしにいった。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 29.3 愛媛県 興居島 相子ヶ浜海水浴場にある栄子さんの「山田商店」』>

<次回のストーリー 『day 30.1 愛媛県 三津駅で『旅してるの!?』と、はりきって問いかける…ぼくらより怪しい男』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 坊勢島 海苔 洗濯機 day 22.1 兵庫県 坊勢島の気になる『タンク』と全国『約1…
  2. バックパッカー 四国 瀬戸内海 島 day 26.7 香川県 伊吹島 藤代さん家族との縁 ̵…
  3. 茂雄さんがお祝いを…
  4. 日振島 笠岡彰 day 56 田舎バックパッカー、愛媛県日振島から宇和島へ ~縞…
  5. 八幡浜大島(愛媛県)のおばあちゃん みかん day 34 愛媛県八幡浜大島のおばあちゃんと犬の「ミカン」
  6. 四国 島旅 伊吹島 day 26.3 香川県伊吹島 伊吹民俗資料館で学ぶ島の歴史
  7. 笠岡彰 養殖 日振島 day 55.1 愛媛県 日振島 『魚には魚の餌』『養殖漁師は魚…
  8. バックパッカー お薦めの地図 帝国書院 地図帳 day 21.3 バックパッカー旅で活用する地図帳

VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

ロス イギリス 輪島 day 70.8 “神”の領域にある”Pure Beauty”(純粋な美しさ)をつくりたいSuzanne Ross(スザーン・ロス)さん ぐい吞み 菊 彫刻 漆器 輪島 芯漆 漆器界最強の『芯漆』 中日新聞 車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信 【メディア掲載】中日新聞1面トップ『車中泊で白山麓の旅を 企業、大学、住民連携 密のない交流 発信』 能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気 能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味噌”作り ~ 今年は“青”豆で! ~ 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ 【メディア掲載】石川テレビに車中泊旅漫画「渡り鳥とカタツムリ」と“住める駐車場”「田舎バックパッカーハウス」

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
ソフトバンクは田舎/地方でもつながるのか?つながる携帯会社は?
奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
【メディア掲載】 トヨタ自動車の社内報「TESマガジン」2019年10月号に登場 〜 時代 〜
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
石川県内最大手地方銀行から農家に 能登岩車の33枚の田んぼをカボチャ畑に転換 ~ “ノルマ”は“能登の里山”の赤土で甘~い2万個のカボチャと1千万円 ~
【能登での田舎暮らし】主婦の財布に優しすぎる 新鮮&格安スーパー『どんたく』対『江ノ島』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。