2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 27.2 愛媛県波止浜 バックパッカー見て「旅はいいですね~」とハシャグおじさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
愛媛県 波止場

2010年11月13日(土) – さてさて…今夜はどこに泊まるか…

ぼくら田舎バックハッカー夫婦は、結婚してまだ7日しか経っていない。

この7日間で…兵庫県の坊勢島(ぼうぜじま)、伊吹島(いぶきじま)へ行った。

“ただ行っただけ”ではない、今回もかなり多くの人たちとの出会い、そしてライフスタイルという面では発見や刺激があった。

ぼくらはこの日も自由気ままな感じで、観音寺駅(かんおんじえき)から予讃線(よさんせん)で愛媛県松山方面へと向かった。

今治駅(いまばりえき)で降りて、トイレに行った結花を駅構内のベンチでぼくは待っていた。

すると「旅はいいですね~」とおじさんから声をかけられた。

おじさんは、70歳ぐらいだろうか。

彼は昔、大学の山岳部に所属していたことから、ぼくらの大きなバックパックに惹かれ、話しかけてきたのだ。

卒業後、郵政公社で勤務し退職。今日は同窓会の帰り。少し酔っぱらっているそうだ。

おじさんは、ぼくらと同じく松山方面へ向かい自宅へと帰るそうだが、3人そろって、プラットホームを間違えてしまい、慌てて松山方面に向かう電車のプラットホームへと走った。



おじさんは、電車の中でも、ぼくらが座っている席に来て、ぼくらの旅スタイルを見ては「いいですね~」と、笑顔で嬉しそうにぼくらに話しかけ、ウキウキと軽快なステップではしゃぎながら、持っていたデジカメでぼくらをフラッシュ撮影。

おじさんは、ぼくらを見ると、ウキウキし、すぐに真面目な表情に戻る…

この笑顔と真面目顔のギャップが実におもしろかった。

愛媛県 波止浜

【愛媛県 予讃線内 この笑顔でぼくらを電車内でフラッシュ撮影し…↓】

愛媛県 波止浜 予讃線

【愛媛県 予讃線内 ここまで真面目な表情にもどる… 「旅はいいですね~」と話しかけられたおじさん】

 

さて、ぼくら田舎バックパッカーは一体どこへ向かっているのか…

明日、愛媛から、徒歩で広島の三原まで行くことができる「来島海峡大橋(くるしまかいきょうおおはし)」を渡ろうとしているんだよね…っと考えながら、19:50分、波止浜駅(はしはまえき)で電車を降りた。

ぼくらは、「来島海峡大橋」入口への途中で、テントを張る場所を探すために、歩き探し始めた。

愛媛県 波止浜駅

【予讃線 波止浜駅に19:50ごろ到着】

波止浜駅から約300メートル歩くと、スーパー、蕎麦屋、ほか弁がある場所にたどり着いた。スーパーで、水やお酒を買って、先へと進む。

ようやく、野球などのスポーツができそうなグラウンドの隣に公園を見つけ…

今晩はここにテントを張って寝ることにした。

それにしても、今日もよく歩いた。

明日は本当にこの橋を渡ることになるのだろうか…と考えながらぐーすかと寝始めたぼくら田舎バックパッカー夫婦だった。<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 27.1 香川県 観音寺駅での『とんでもない偶然』 ~バックパッカー夫婦と藤代さん家族との『縁』 その2~』>

<次回のストーリー 『day 28 愛媛県 瀬戸内海に浮かぶ怱那諸島(くつなしょとう)へのバックパッカー旅』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 坊勢島 飯盒 キャンプ テント 兵庫県 テント泊スポット day 22 兵庫県 坊勢島 田舎バックパッカーと坊勢島の高校生…
  2. 愛媛県 八幡浜大島 - 地大島と三王島へ day 33.3 愛媛県 八幡浜 大島 民宿を営む木村さんとの出…
  3. イリコ 瀬戸内海 伊吹島 日本一 day 26.9 香川県 伊吹島の藤代さん宅でのバックパッカー“…
  4. 観音寺 伊吹島 藤代 day 27.1 香川県 観音寺駅での“とんでもない”偶然 ~ …
  5. 日振島 笠岡彰 養殖 day 55.2 愛媛県 日振島 養殖の収入や経費とは? / H…
  6. バックパッカー 四国 day 29.1 愛媛県 興居島ミカン ~農家の工夫。農家の後継…
  7. 興居島 海水浴場 day 29.2 愛媛県 興居島 忽那諸島で開催されていた「島博…
  8. バックパック 島旅 瀬戸内海 興居島 day 29 愛媛県 興居島 栄子さん家族との出会い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

高級珍味 山菜『タラの芽』を植えた ~ 田舎暮らしの半自給自足生活 ~ 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ 上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  1. 大井川電機製作所 広報
  2. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar
  3. campervangelist ikuma nakagawa vanlife station
  4. スタートアップ 災害時 俊敏 スピード
  5. かんぽの宿 車中泊 カーステイ Carstay

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP