2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 25 香川県最西端の『伊吹島(いぶきじま)』へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
比地大駅 香川県 テント バックパッカー Kagawa backpacker

2010年11月11日(木) – 香川県の比地大駅(ひじだいえき)の広場で朝起きると、結花は、女性の痛みで体調をひどく崩している。それだけでなく、昨晩から、結花は少し風邪っぽかった。

腹痛でお腹を押さえて屈んでいる。ぼくは、近くのコンビニで水など結花が必要なものを買い、結花の背中をさすりながら、体調の回復を待った。こんなとき、ぼくは、とにかく結花の回復を待つしかないのだ。

比地大駅 香川県 テント バックパッカー Kagawa backpacker ひじだい

【比地大駅(ひじだいえき)(香川県)前の広場でテントを張ったぼくら田舎バックパッカー。We set up our tent at a park right next to Hijidai Station. We are getting ready to leave for Ibuki-jima island (Kanonji City in Kagawa Prefecture). Ibuki-jima is locally famous for dried sardine.】

その間、広場にあった多目的トイレ裏に、ほうきなどの掃除用具が入っていた倉庫内の電源で、PCと携帯を充電していたが、役所から掃除のおじさんが駅の掃除を始めたので、ぼくらは急いで電源を外す。

しばらくすると、おじさんはぼくらがいた広場に来て、話始めた。おじさんは自転車乗りで、頻繁に自転車と共に旅に出ているそうだ。



ぼくらの旅、今後の住処を探していることについて話をすると、おじさんは、「香川県は讃岐山脈に囲まれており、台風は滅多にとおらず、自然災害が滅多に起きないから、住みやすいよ」と薦めてくれた。

また、このおじさんによると、昭和45年以来、香川県では雪も降ってないそうで、寒波もこないと話す。比地大付近のサンビーチでは、ミカンが有名で美味しいそうだ。そんなこんなを話しているうちに、おじさんは仕事に戻り、結花の体調も良くなってきたので、観音寺駅(かんおんじえき)行きの電車に乗った。

体調 崩す 旅 生理 伊吹島 バックパッカー

【体調を崩す結花。Yuka was having a stomachache…】

観音寺駅から伊吹島行きの定期船乗り場の観音寺港までは、約30分。観音寺港から伊吹島までは、1日4往復する定期船が発着していて、約25分で伊吹島の真浦港に到着する。

【観音寺市営定期船】
伊吹丸事務所: Tel. 0875-25-4558(観音寺)、0875-29-2113(伊吹)

●観音寺港発 7:50、11:20、15:40、17:50
●伊吹島発 7:00、9:00、13:30、17:10

伊吹島 バックパッカー 時刻表 ibuki jima island time schedule

【観音寺港⇔伊吹島への定期船の運賃表】

運賃は片道500円(子ども250円)。香川県最西端に位置する伊吹島は、観音寺港沖約10キロ、瀬戸内海の真ん中あたり(燧灘(ひうちなだ)の中央)に浮かぶ島。

周囲5.4キロ(一部資料には6.2kmと書かれている)、面積1.2キロ㎡。伊吹島から西沖合約8キロ先には天然記念物の菊花石(きくかせき(菊の花模様が入った石)(球状ノーライトとも呼ばれる)で有名な円上島(まるがみじま)、股島、小股島があるが、いずれも無人島。

ぼくらは、17:10の定期船で伊吹島へと向かうことにした。しかし、結花の風邪がうつったのか、ぼくの体調が優れず、発熱。観音寺駅近くのコンビニで1.5リットルの水を2本購入して、悪いものを体外に出そうと、水をがぶ飲みする。

伊吹島に行く前に、まずお風呂に入りたい。まぁ、熱があったが何とかなるだろう…。ぼくらはまず、地元の銭湯について聞き込み調査を開始。

港に行く途中に、銭湯「共楽湯」(大人(中学生以上)300円、小学生 110円スーパー銭湯・健康ランド、香川県観音寺市観音寺町甲2926 定休日月曜日、営業時間15:00~24:00 Tel. 0875-25-4695)があることがわかった。

ここは、15:00からオープンするので、共楽湯の隣のビル2階にあるCafé de COM(営業時間8:00~15:00、Tel. 0875-56-1626、観音寺市観音寺町甲2940、定休日月曜日と第3日曜日)で、オレンジジュースを飲み、携帯やPCなどを充電しながら時間を潰す。このCaféでは、閉店の15:00以降、店主の女人が、一対一で英語を教えていた。

Cafe de COM 英語 店主

【Cafe de COMの店主。We stayed at a cafe Cafe de COM and waited for a sento (public bathhouse) to open. At Cafe de COM in Kanonji City (Kagawa Pref), she teaches English after cafe closes at 15:00.】

伊吹島 銭湯 共楽湯 観音寺港 かんおんじえき sento onsen ibukijima island kagawa

【伊吹島への定期船が出航している観音寺港に行く前に、ぼくらは銭湯「共楽湯」へ。Before going to Ibuki-jima island, we also stopped by at a sento (public bathhouse) to clean ourselves.】

ぼくの体調は変わらず良くなかったが、15:00過ぎにこのカフェを出て、銭湯に入り、港へと向かった。港へ行く途中、今日のおかずとして、魚の揚げ物を購入。

観音寺から、定期船「ニューいぶき」(片道500円)に乗る前に、伊吹島の伊吹町中学校の伊藤慎也先生と出会った。ソニーの40インチBRAVIA(ブラビア)を町の電機屋で購入して、島に戻るそうだ。先生は船内で、伊吹島の生徒と思われる子どもたちと仲良く話している。

伊藤先生には、一年生に一人、二年生に看護婦になりたい子どもがいるそうだ。船内で、伊藤先生から、伊吹小学校が今年4月に、中学校と併設されたことを聞いた。

テントを張る場所を探していることを話すと、「問題ないかと思いますが、万が一のために、校長先生に連絡をしたほうがいいかもしれませんね」と言われたが、時間も遅かったので、「おそらく小学校の校庭にテントを張っても問題ないだろうな」とぼくらは勝手に思い、そのプランを実行することにした。

というか、校長先生がいる中学校までは少し遠そうで、ぼくが体調不良だったので、テントを張る許可を得に中学校まで行く余裕がなかった。<続きはこちら

四国 香川 サギ 鷺 heron japan backpacker shikoku kagawa ibukijima island

【観音寺港で撮影した鷺(サギ)。Before leaving Kanonji Port for Ibuji-jima island, I took a photo of a heron.】

伊吹島を選んだ理由は、地図を見ると「こんなところに島がある」、「あまり知られてなさそうだし、なんとなく面白そう」と、ただそれだけ。いつもの選び方である。

<前日のストーリー 『day 24.1 兵庫県 坊勢島「技術力の高い」漁師の稼ぎ』>

<翌日のストーリー 『day 25.1 香川県 伊吹島で高熱 ~熱で寝ぼけて…救急車を呼ばれたオレゴンでの出来事~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 興居島 バックパッカー 島旅 四国 day 28.2 愛媛県 興居島での一夜目
  2. 伊吹島 小学校 中学校 旅 島旅 day 26.1 伊吹島(香川県)のイリコ(イワシの煮干し)漁 …
  3. バックパック 島旅 瀬戸内海 興居島 day 29 愛媛県 興居島 栄子さん家族との出会い
  4. 茂雄さんがお祝いを…
  5. 八幡浜大島(愛媛県)のおばあちゃん みかん day 34 愛媛県八幡浜大島のおばあちゃんと犬の「ミカン」
  6. イリコ 瀬戸内海 伊吹島 日本一 day 26.9 香川県 伊吹島の藤代さん宅でのバックパッカー“…
  7. 四国 バックパッカー 怒和島 島めぐり day 31.1 愛媛県 怒和島で“どでかい”バックパックを背負…
  8. 四国 坊勢島 バックパッカー旅 旅行 day 21 兵庫県 坊勢島(ぼうぜじま)に向けて出発

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に 能登 穴水町 味噌作り 高齢 元気 能登の田舎で…一日で12家族分 約360キロの“薪味噌”作り ~ 今年は“青”豆で! ~ mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【メディア掲載】プロモ映像に登場!世界5大の自動車祭典「東京モーターショー2019」の歴史に残る!? campervangelist ikuma nakagawa vanlife station 【メディア掲載】英字ニュースに『CAMPERVANGELIST<キャンパーバンジェリスト>』として登場 Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road 【メディア掲載】日本最大の英字紙『The Japan Times』やアメリカのRVニュースサイトに登場

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  1. 大井川電機製作所 広報
  2. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar
  3. campervangelist ikuma nakagawa vanlife station
  4. スタートアップ 災害時 俊敏 スピード
  5. かんぽの宿 車中泊 カーステイ Carstay

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP