2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 25 香川県最西端の『伊吹島(いぶきじま)』へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
比地大駅 香川県 テント バックパッカー Kagawa backpacker

2010年11月11日(木) – 香川県の比地大駅(ひじだいえき)の広場で朝起きると、結花は、女性の痛みで体調をひどく崩している。それだけでなく、昨晩から、結花は少し風邪っぽかった。

腹痛でお腹を押さえて屈んでいる。ぼくは、近くのコンビニで水など結花が必要なものを買い、結花の背中をさすりながら、体調の回復を待った。こんなとき、ぼくは、とにかく結花の回復を待つしかないのだ。

比地大駅 香川県 テント バックパッカー Kagawa backpacker ひじだい

【比地大駅(ひじだいえき)(香川県)前の広場でテントを張ったぼくら田舎バックパッカー。We set up our tent at a park right next to Hijidai Station. We are getting ready to leave for Ibuki-jima island (Kanonji City in Kagawa Prefecture). Ibuki-jima is locally famous for dried sardine.】

その間、広場にあった多目的トイレ裏に、ほうきなどの掃除用具が入っていた倉庫内の電源で、PCと携帯を充電していたが、役所から掃除のおじさんが駅の掃除を始めたので、ぼくらは急いで電源を外す。

しばらくすると、おじさんはぼくらがいた広場に来て、話始めた。おじさんは自転車乗りで、頻繁に自転車と共に旅に出ているそうだ。



ぼくらの旅、今後の住処を探していることについて話をすると、おじさんは、「香川県は讃岐山脈に囲まれており、台風は滅多にとおらず、自然災害が滅多に起きないから、住みやすいよ」と薦めてくれた。

また、このおじさんによると、昭和45年以来、香川県では雪も降ってないそうで、寒波もこないと話す。比地大付近のサンビーチでは、ミカンが有名で美味しいそうだ。そんなこんなを話しているうちに、おじさんは仕事に戻り、結花の体調も良くなってきたので、観音寺駅(かんおんじえき)行きの電車に乗った。

体調 崩す 旅 生理 伊吹島 バックパッカー

【体調を崩す結花。Yuka was having a stomachache…】

観音寺駅から伊吹島行きの定期船乗り場の観音寺港までは、約30分。観音寺港から伊吹島までは、1日4往復する定期船が発着していて、約25分で伊吹島の真浦港に到着する。

【観音寺市営定期船】
伊吹丸事務所: Tel. 0875-25-4558(観音寺)、0875-29-2113(伊吹)

●観音寺港発 7:50、11:20、15:40、17:50
●伊吹島発 7:00、9:00、13:30、17:10

伊吹島 バックパッカー 時刻表 ibuki jima island time schedule

【観音寺港⇔伊吹島への定期船の運賃表】

運賃は片道500円(子ども250円)。香川県最西端に位置する伊吹島は、観音寺港沖約10キロ、瀬戸内海の真ん中あたり(燧灘(ひうちなだ)の中央)に浮かぶ島。

周囲5.4キロ(一部資料には6.2kmと書かれている)、面積1.2キロ㎡。伊吹島から西沖合約8キロ先には天然記念物の菊花石(きくかせき(菊の花模様が入った石)(球状ノーライトとも呼ばれる)で有名な円上島(まるがみじま)、股島、小股島があるが、いずれも無人島。

ぼくらは、17:10の定期船で伊吹島へと向かうことにした。しかし、結花の風邪がうつったのか、ぼくの体調が優れず、発熱。観音寺駅近くのコンビニで1.5リットルの水を2本購入して、悪いものを体外に出そうと、水をがぶ飲みする。

伊吹島に行く前に、まずお風呂に入りたい。まぁ、熱があったが何とかなるだろう…。ぼくらはまず、地元の銭湯について聞き込み調査を開始。

港に行く途中に、銭湯「共楽湯」(大人(中学生以上)300円、小学生 110円スーパー銭湯・健康ランド、香川県観音寺市観音寺町甲2926 定休日月曜日、営業時間15:00~24:00 Tel. 0875-25-4695)があることがわかった。

ここは、15:00からオープンするので、共楽湯の隣のビル2階にあるCafé de COM(営業時間8:00~15:00、Tel. 0875-56-1626、観音寺市観音寺町甲2940、定休日月曜日と第3日曜日)で、オレンジジュースを飲み、携帯やPCなどを充電しながら時間を潰す。このCaféでは、閉店の15:00以降、店主の女人が、一対一で英語を教えていた。

Cafe de COM 英語 店主

【Cafe de COMの店主。We stayed at a cafe Cafe de COM and waited for a sento (public bathhouse) to open. At Cafe de COM in Kanonji City (Kagawa Pref), she teaches English after cafe closes at 15:00.】

伊吹島 銭湯 共楽湯 観音寺港 かんおんじえき sento onsen ibukijima island kagawa

【伊吹島への定期船が出航している観音寺港に行く前に、ぼくらは銭湯「共楽湯」へ。Before going to Ibuki-jima island, we also stopped by at a sento (public bathhouse) to clean ourselves.】

ぼくの体調は変わらず良くなかったが、15:00過ぎにこのカフェを出て、銭湯に入り、港へと向かった。港へ行く途中、今日のおかずとして、魚の揚げ物を購入。

観音寺から、定期船「ニューいぶき」(片道500円)に乗る前に、伊吹島の伊吹町中学校の伊藤慎也先生と出会った。ソニーの40インチBRAVIA(ブラビア)を町の電機屋で購入して、島に戻るそうだ。先生は船内で、伊吹島の生徒と思われる子どもたちと仲良く話している。

伊藤先生には、一年生に一人、二年生に看護婦になりたい子どもがいるそうだ。船内で、伊藤先生から、伊吹小学校が今年4月に、中学校と併設されたことを聞いた。

テントを張る場所を探していることを話すと、「問題ないかと思いますが、万が一のために、校長先生に連絡をしたほうがいいかもしれませんね」と言われたが、時間も遅かったので、「おそらく小学校の校庭にテントを張っても問題ないだろうな」とぼくらは勝手に思い、そのプランを実行することにした。

というか、校長先生がいる中学校までは少し遠そうで、ぼくが体調不良だったので、テントを張る許可を得に中学校まで行く余裕がなかった。<続きはこちら

四国 香川 サギ 鷺 heron japan backpacker shikoku kagawa ibukijima island

【観音寺港で撮影した鷺(サギ)。Before leaving Kanonji Port for Ibuji-jima island, I took a photo of a heron.】

伊吹島を選んだ理由は、地図を見ると「こんなところに島がある」、「あまり知られてなさそうだし、なんとなく面白そう」と、ただそれだけ。いつもの選び方である。

<前日のストーリー 『day 24.1 兵庫県 坊勢島「技術力の高い」漁師の稼ぎ』>

<翌日のストーリー 『day 25.1 香川県 伊吹島で高熱 ~熱で寝ぼけて…救急車を呼ばれたオレゴンでの出来事~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. イリコ 瀬戸内海 伊吹島 日本一 day 26.9 香川県 伊吹島の藤代さん宅でのバックパッカー“…
  2. バックパッカー テント 四国 day 35 愛媛から香川へ 海岸寺駅でのテント泊
  3. 荻野さん 興居島 みかん day 30 愛媛県 興居島の萩野さんからもらった最高に美味しく…
  4. オレゴン ホームステイ 家族 写真 day 25.1 香川県 伊吹島で高熱 ~熱で寝ぼけて…救急車を…
  5. 観音寺 伊吹島 藤代 day 27.1 香川県 観音寺駅での“とんでもない”偶然 ~ …
  6. 大船 ルミネ 旅人 day 37 鎌倉へ一度戻る田舎バックパッカー ~さて12月はど…
  7. バックパッカー 四国 day 29.1 愛媛県 興居島ミカン ~農家の工夫。農家の後継…
  8. 愛媛県 怒和島 day 31.7 愛媛県 怒和島 田中さんの家で飲み食べ語る&#…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

中日新聞 田舎 仕事 【メディア掲載】中日新聞『記者コラム 窓』~ 田舎は仕事ができる環境なのか ~ 【メディア掲載 – ライブ配信】8月7日(金)YouTube「とうちゃんはテンネンパーマ」に登場 【田舎でITレビュー】『FUJI Wifi』2ヶ月 データ1200GB使用で速度制限は?!<2021年7月2日追記> 石川県 移住特使 石川県の移住促進プロジェクト「いしかわ移住応援特使」に任命 クラブハウス 田舎 地方 世間はClubhouseが爆発的な流行… なんで?さすが日本って感じがしてならないけど

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
vanlife asahi バンライフ 朝日新聞
  1. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  2. 高津マコト, 車中泊漫画, 渡り鳥とカタツムリ
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記, 稲刈り, 田舎時間, 田舎体験 穴水町, 向洋小学校, 通学 バス, countryside life in japan

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【バンライフ動向】朝日新聞の“選挙”コーナーにバンライフに関するコメント 女子大生バンライファー宮本芽依さん
田舎バックパッカーハウス < 公式概要と利用料金について>
デルのノートパソコン 購入半年で三度目の修理、デルの最悪なサポート対応を暴露
day 76.6 福岡県 小呂島 EXILEのミュージックスクール特待生 島田乾生くん家族とバックパッカー夫婦の夕べ
【田舎で仕事】カナダ出身の映画俳優兼監督コナー・ジェサップ 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル映画「Locke & Key」に登場!
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。