2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 22.1 兵庫県 坊勢島の気になる『タンク』と全国『約1%』の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
坊勢島 海苔 洗濯機

2010年11月8日(月) – 島の周りには、道路が整備されていて、徒歩約2時間で島を一周できる。

ぼくらはとりあえず島散策をしたいので、9:30ごろ、定期船乗り場の奈座(なざ)を出発した。

14:00までに定期船乗り場に戻り、姫路での葬式のため坊勢島を出発する松尾さんに挨拶をするつもりだ。



 

坊勢島の弁天島

船乗り場の隣には、漁業豊作を願うための弁天島がある。直径20メートルぐらいの島。

この弁天島には、農林水産大臣に認定された「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選ばれるほどの伝説がある。

坊勢島 弁天島

昔、掟破りの荒漁をする漁師とその娘がこの島に住んでいた。

ある日、父親は大量の魚を採った。その中に龍神の使いがいることを知らず、父親は大漁だったことを喜び港へ戻ろうとした。

兵庫県 坊勢島 弁天島

港の入り口あたりで、天気が一天して、波風と激しい雨に襲われ、船が転覆寸前になった。

岸にいた娘は、「この嵐は無法な漁による龍神のたたり、早く魚を海に返して」と父親に叫ぶが、父親は聞き入れない。

娘は父の命を助けようと、龍神の御霊(みたま)を鎮めるために、自らを海に投じたところ、竜巻がおこり、嵐がおさまった。

兵庫県 坊勢島 弁天島からの眺め

そして、そこに小島が現れた。これが、弁天島と言われている。

そんな伝説から、この弁天島は、漁師の守護神となっていて、「神権(じんごん)さん」の名前で親しまれているそうだ。

弁天島は、定期船乗り場の隣にあったので、とりあえずここに行き、記念撮影。

兵庫県 坊勢島 海水浴場

(島にカラオケ屋があると思ってなかったが…)カラオケ「マンボー」を通り過ぎ、松尾さんに教えてもらったテントを張れる場所「坊勢海水浴場」に行った。

兵庫県 坊勢島 キャンプ場 連絡先

海水浴場にキャンプ場のような場所があったので、ぼくらは今夜、ここでテントを張ることを決めた。

ぼくはここでトイレに行き、結花は、海水浴場にあるコンクリートの段差で寝っ転がる。

兵庫県 坊勢島 キャンプ場 連絡先

 

坊勢島を散策

今夜の寝床を決めたぼくらは、引き続き島散策を続ける。坂を上り、「果樹園ルート」の山道に入った。

ここに来る人は少ないのか、通り道はクモの巣だらけ。どのクモも同じ種類で、どこにでもいる黄色と緑のシマシマ模様のクモだ。どの道に行っても、このクモに遭遇する。

クモ 秋 季節

クモの気持ちなど考えず「なんで、歩く道に巣をはるかなぁ」と思いつつ、せっかく巣をはったクモには申し訳ないが、ぼくらは枝でクモの巣をどかしながら先を進む。

兵庫県 坊勢島 どんぐり

この山道の名のとおり、「果樹園」がありミカンがなっているが、この道を通ってミカンの手入れをしに来ている人たちはいるのだろうか…と思ってしまうぐらい道が荒れ、クモの巣だらけだった。

兵庫県 坊勢島 ウバメガシ 梅林

このあたりは、「ウバメガシ」というどんぐり林で、一部道には、多くのどんぐりが転がりすぎて、歩いていると滑ってしまう。

兵庫県 坊勢島 散策ルート 眺め

かしわの山展望台に行き、このルートを抜けると、浜に着き、どこからか、大きな流木が流れ着いていた。

兵庫県 坊勢島 海辺 散策ルート

流木を海へと投げ込むが、海の力ですぐに浜に流れ着き戻ってきてしまう。

この浜から別のルートへは進めないので、果樹園ルートを通って、島の周囲に整備されている車道へと戻る。

兵庫県 坊勢島 海辺 流木

兵庫県 坊勢島 どんぐり 散策ルート

 

謎のタンク

12:30ごろ、ぼくらは、奈座の反対側にある町に着いた。この町の車道の横に、「なんだこれは?」と思ってしまう、直径10メートルぐらいのタンクが沢山設置されている。

「このタンクの存在…とにかく気になってしまう」、「なんで、ここにタンクがあるんだ」と、とにかく辺りをうろうろし始める。

兵庫県 坊勢島 廃棄 バス

気になることを調べず、「後で聞いておけばよかったな」と後悔はしたくない。

兵庫県 坊勢島 海苔 タンク boze jima seaweed tank

あたりには、5~6人の男の人たちが座って、煙草を吸って話している。

少し話しかけにくい雰囲気だったが、話しかけるしかない。このタンクの謎が解明されるまで、ぼくらは先に進めない。

兵庫県 坊勢島 海苔 洗濯機 boze jima seaweed

タンクの前に座っている人たちに、これらタンクについて聞いてみると、「このタンクは海苔を作るために使用される」と言う。全国の約1%の海苔が坊勢島でつくられている。

坊勢島で海苔を養殖していて、兵庫県一位の水揚げ高だそうだ。毎年1月ごろ、1日約10万枚、年間で約400万枚の海苔をつくる。

そして、この海苔は、山本山や商社に出荷される。商社は、ローソンなどのコンビニのおにぎりのパリパリ海苔にも、坊勢島の海苔を使っているそうだ。



直径30センチ以上の穴が開いているポンプ式のホースで、海苔となる海藻を船に吸い上げる。

それをぼくらが見た道脇にある大きなタンクに入れ、このタンクの中で海藻を洗う。この気になったタンクは、海藻を洗うのに使われているのだ。

そして、海藻はタンク近くにある家へと運ばれ、海藻をミンチにして、干され、ぼくらがコンビニなどでよく見かけるおにぎりの海苔となる。

ちなみに海苔の素となる海藻は、牡蠣の殻の中にある菌(胞子)。

坊勢島 海苔 洗濯機

この菌を網につけ、網を海の中に入れて、海苔となる海藻に育てられるそうだ。

通りがかった大きなタンクの裏に、こんな答えがあるとは思わなかった…

タンクの中はこんな感じだ。「海藻洗濯機」のような感じだろうか…<続きはこちら

<前回のストーリー 『day 22 兵庫県 坊勢島 田舎バックパッカーと坊勢島の高校生』>

<次回のストーリー 『day 22.1 兵庫県 坊勢島の気になる「タンク」』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 坊勢島 飯盒 キャンプ テント 兵庫県 テント泊スポット day 22 兵庫県 坊勢島 田舎バックパッカーと坊勢島の高校生…
  2. 比地大駅 香川県 テント バックパッカー Kagawa backpacker day 25 香川県最西端の『伊吹島(いぶきじま)』へ
  3. 兵庫県 坊勢島 乱菊ずし 海鮮丼 day 23 兵庫県坊勢島の寿司屋「乱菊すし」へ
  4. 大島 港 愛媛 day 34.4 愛媛県八幡浜 大島 暗闇の中で『猪探検隊』再結…
  5. バックパッカー 四国 瀬戸内海 島 day 26.7 香川県 伊吹島 藤代さん家族との縁 ̵…
  6. 四国 坊勢島 バックパッカー旅 旅行 day 21 兵庫県 坊勢島(ぼうぜじま)に向けて出発
  7. アイルランドのシャロンと横浜で再会
  8. オレゴン ホームステイ 家族 写真 day 25.1 香川県 伊吹島で高熱 ~熱で寝ぼけて…救急車を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅 能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料亭”農家民宿 brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち 【メディア掲載】プロモ映像に登場!世界5大の自動車祭典「東京モーターショー2019」の歴史に残る!? Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 待合室 day 52 高知県 沖の島の『赤い有名人』1 ~ 自己ブランドを構築する荒木健吉さん ~

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

2020年7月10日付 北國新聞朝刊「横浜の40代夫婦、3カ月滞在 コロナ禍 穴水で車中泊 自然、人情に触れ『来て良かった』」
  1. 田舎バックパッカー 娘
  2. 田舎バックパッカーハウス 秋葉博之 秋葉洋子 車中泊 ぶうすけ
  3. 中川結生 田舎バックパッカー
  4. Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  5. 大井川電機製作所 広報
  6. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP