2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 21.2 兵庫県 坊勢島での『両替』 ~ 若者が誇る漁師 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
坊勢島 漁船 漁師

2010年11月7日(日) – ぼくら田舎バックパッカーの兵庫県坊勢島でのバックパッカー旅のストーリーは続いている。

坊勢島(ぼうぜじま)の定期船乗り場で、ご飯を飯盒で炊いている最中、ビールが飲みたくなり、近くの自動販売機に行く。

自販機につくと、大きいお札しかないことに気づいた。「あー、しまったー」とせっかくここまで来たのにこれは想定外。港までは、7分弱かかる。そこまで遠くないが、戻るのは面倒。

ちょうどそう思っている時、自販機の二軒隣に女の人が、スクーターに乗って帰ってきた。夜遅く、両替について聞くのも悪いと思ったが、話しかけてみる。

こんばんは。こんな遅くにすみません。両替をお願いできませんか?」と尋ねる。やはりこんな夜遅くに、お金に関するお願いだったからか、驚いた顔をしてこっちを振り向く。

びっくりしたー。襲われるかと思ったでー」と言いつつも、手持ちの財布を確かめてくれた。

手持ちの財布には両替がなかったので、家の中に入り、別の財布を確かにいってくれた。そして、家から出てきて、両替をしてくれた。

助かった…。これでビールを買える。

松尾さんとラピート桂の二人も飲めるよう、500mlを数本余分に買った。ラピード桂で出会った人は、上田晃稔(うえだあきとし)さん(28歳)。

結花と同い年。松尾さんは、23:00まで仕事なので、飲まなかった。ご飯を食べたり、ビールを飲みながら、話を楽しんだ。結婚してこんな旅をしている人は珍しいのか、松尾さんや上田さん、二人とも驚いている。

兵庫県 坊勢島 ラピート桂 船内

ぼくらが今夜泊まらせてもらう海上タクシーの中。広くて快適

23:00に、海上タクシーが閉まり、シャワーを浴びるために、松尾さんの自宅へと向かう。松尾さんのスクーターに、松尾さん、結花、ぼくの3人が乗る。

そう、都内でもよく見かけるスクーター3人乗りだ!

なんとか走った…。というよりも、「スクーターに3人乗りですか!?」という感じだった。

松尾さん宅に行くまでには、上り坂があり、さすがに3人乗りでは上れなかったので、バイクを降りて、ぼくらは松尾さん宅へと向かった。

シャワーを浴びて、松尾さんの自宅で美味しい塩昆布茶をご馳走になった。原産地は忘れたが、塩昆布をコップに入れて、お湯を入れるだけ。もう時間が遅かったので、歩いて定期船発着場に戻った。



暗やみの中だったが、「この島には坂が多い」と、松尾さん宅から定期船発着場へと戻る際に気づいた。お年寄りにとっては、少し大変そう。

それよりも、「わざわざスクーター3人乗りする距離だったのか…?!」という感じだった。

松尾さんの船に行くと、喉が渇いたので、ぼくは自動販売機で水を買いに行く。結花は先に船の中で寝てしまった。

 

坊勢島の漁師は「すごいんすよ!」と語りだす若者

自動販売機の前で、バイクに二人乗りした若者と出会った。彼らは、少し酔っぱらってそうだったが、ぼくは「こんばんわー」と話しかける。彼らは、静かに「こんばんわ」と返す。

「この島には若い人たちが多いですね。みなさん、漁師さんですか?」と聞く。すると、ここから、一人の若者が元気になり、坊勢島の漁師について語り始めた。

「ここの漁師はすごいんですよ。全国で一番、漁師の技術が高いんじゃないですかね。ここの漁師は常に、魚の捕り方を研究しているんですよ。ここの鰺(あじ)と鯖(さば)は美味しいですよ」と、繰り返しぼくに話す。

とにかく、彼は、「ここの漁師はすごいんですよ」と繰り返し言う。地方で過疎化が進む中、こんな誇らしげに話されると、こっちも「何がすごいの!」とポジティブな意味で、楽しくなり嬉しくなってくる。

話してくれた彼は、姫路の某製造業の工場で働いていて、現在お休み中なので、実家がある坊勢島に戻ってきている。

ここの多くの島民は漁業に携わる。

漁業中心の島で、漁獲高は兵庫県一位。以前、坊勢島の漁師で一番漁獲高が低かった人が、坊勢島から広島に引っ越した。

坊勢島では、下っ端の成績だったらしいが、坊勢島の漁の技術を持ち優れていたせいか、広島内で一番になったとのことだった。

そして、引き続き、「ここの漁師は本当にすごいんですよ」と繰り返し話す。

坊勢島 漁船 漁師

実際どう技術力があり優れているのか、具体的な内容はわからなかったが、ここまで自身の島について、誇りをもって話す若い人がいる。

これには、きっと深い理由が絶対あるのだろう。「ここまで誇らしげに話す島の若者がいる=この島は元気」という印象を受け、「ここの漁師の凄さを探りたい」と思いぼくは船へと戻り寝た。

明日は結花の限界に迫る…<続きはこちら

兵庫県 坊勢島 海上タクシー

<前日のストーリー 『day 21.1 兵庫県 坊勢島 海上タクシー松尾さんとの出会い ~ 島でよくみるスクーター3人乗り?! ~』>

<翌日のストーリー 『day 21.3 バックパッカー旅で活用する地図帳』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 90歳 釣り おばあちゃん 田舎暮らし day 34.2 愛媛県八幡浜大島で毎日魚釣りを楽しむ90歳の『…
  2. 兵庫県 坊勢島 乱菊ずし 海鮮丼 day 23 兵庫県坊勢島の寿司屋「乱菊すし」へ
  3. 愛媛県 八幡浜 day 32.3 愛媛県 八幡浜 バックパッカーがテント泊/野宿…
  4. 大船 ルミネ 旅人 day 37 鎌倉へ一度戻る田舎バックパッカー ~さて12月はど…
  5. 興居島 海水浴場 day 29.2 愛媛県 興居島 忽那諸島で開催されていた「島博…
  6. 愛媛県 怒和島 学校 day 32.1 愛媛県 怒和島 学校訪問第3弾: 怒和小学校の…
  7. 坊勢島 飯盒 キャンプ テント 兵庫県 テント泊スポット day 22 兵庫県 坊勢島 田舎バックパッカーと坊勢島の高校生…
  8. バックパッカー 四国 day 26 田舎バックパッカー、イリコの『伊吹島』(香川県) …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

穴水町 役場 ずさん 無責任 穴水町役場 政策調整課 課長の無責任な『報酬』発言と『証拠』 – バックパッカーが語る地方自治体のあるある?!<その1> van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える campervangelist ikuma nakagawa vanlife station 【メディア掲載】英字ニュースに『CAMPERVANGELIST<キャンパーバンジェリスト>』として登場 Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road 【メディア掲載】日本最大の英字紙『The Japan Times』やアメリカのRVニュースサイトに登場 brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

2020年7月10日付 北國新聞朝刊「横浜の40代夫婦、3カ月滞在 コロナ禍 穴水で車中泊 自然、人情に触れ『来て良かった』」
  1. 田舎バックパッカー 娘
  2. 田舎バックパッカーハウス 秋葉博之 秋葉洋子 車中泊 ぶうすけ
  3. 中川結生 田舎バックパッカー
  4. Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  5. 大井川電機製作所 広報
  6. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP