2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 21.2 兵庫県 坊勢島での『両替』 ~ 若者が誇る漁師 ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
坊勢島 漁船 漁師

2010年11月7日(日) – ぼくら田舎バックパッカーの兵庫県坊勢島でのバックパッカー旅のストーリーは続いている。

坊勢島(ぼうぜじま)の定期船乗り場で、ご飯を飯盒で炊いている最中、ビールが飲みたくなり、近くの自動販売機に行く。

自販機につくと、大きいお札しかないことに気づいた。「あー、しまったー」とせっかくここまで来たのにこれは想定外。港までは、7分弱かかる。そこまで遠くないが、戻るのは面倒。

ちょうどそう思っている時、自販機の二軒隣に女の人が、スクーターに乗って帰ってきた。夜遅く、両替について聞くのも悪いと思ったが、話しかけてみる。

こんばんは。こんな遅くにすみません。両替をお願いできませんか?」と尋ねる。やはりこんな夜遅くに、お金に関するお願いだったからか、驚いた顔をしてこっちを振り向く。

びっくりしたー。襲われるかと思ったでー」と言いつつも、手持ちの財布を確かめてくれた。

手持ちの財布には両替がなかったので、家の中に入り、別の財布を確かにいってくれた。そして、家から出てきて、両替をしてくれた。

助かった…。これでビールを買える。

松尾さんとラピート桂の二人も飲めるよう、500mlを数本余分に買った。ラピード桂で出会った人は、上田晃稔(うえだあきとし)さん(28歳)。

結花と同い年。松尾さんは、23:00まで仕事なので、飲まなかった。ご飯を食べたり、ビールを飲みながら、話を楽しんだ。結婚してこんな旅をしている人は珍しいのか、松尾さんや上田さん、二人とも驚いている。

兵庫県 坊勢島 ラピート桂 船内

ぼくらが今夜泊まらせてもらう海上タクシーの中。広くて快適

23:00に、海上タクシーが閉まり、シャワーを浴びるために、松尾さんの自宅へと向かう。松尾さんのスクーターに、松尾さん、結花、ぼくの3人が乗る。

そう、都内でもよく見かけるスクーター3人乗りだ!

なんとか走った…。というよりも、「スクーターに3人乗りですか!?」という感じだった。

松尾さん宅に行くまでには、上り坂があり、さすがに3人乗りでは上れなかったので、バイクを降りて、ぼくらは松尾さん宅へと向かった。

シャワーを浴びて、松尾さんの自宅で美味しい塩昆布茶をご馳走になった。原産地は忘れたが、塩昆布をコップに入れて、お湯を入れるだけ。もう時間が遅かったので、歩いて定期船発着場に戻った。



暗やみの中だったが、「この島には坂が多い」と、松尾さん宅から定期船発着場へと戻る際に気づいた。お年寄りにとっては、少し大変そう。

それよりも、「わざわざスクーター3人乗りする距離だったのか…?!」という感じだった。

松尾さんの船に行くと、喉が渇いたので、ぼくは自動販売機で水を買いに行く。結花は先に船の中で寝てしまった。

 

坊勢島の漁師は「すごいんすよ!」と語りだす若者

自動販売機の前で、バイクに二人乗りした若者と出会った。彼らは、少し酔っぱらってそうだったが、ぼくは「こんばんわー」と話しかける。彼らは、静かに「こんばんわ」と返す。

「この島には若い人たちが多いですね。みなさん、漁師さんですか?」と聞く。すると、ここから、一人の若者が元気になり、坊勢島の漁師について語り始めた。

「ここの漁師はすごいんですよ。全国で一番、漁師の技術が高いんじゃないですかね。ここの漁師は常に、魚の捕り方を研究しているんですよ。ここの鰺(あじ)と鯖(さば)は美味しいですよ」と、繰り返しぼくに話す。

とにかく、彼は、「ここの漁師はすごいんですよ」と繰り返し言う。地方で過疎化が進む中、こんな誇らしげに話されると、こっちも「何がすごいの!」とポジティブな意味で、楽しくなり嬉しくなってくる。

話してくれた彼は、姫路の某製造業の工場で働いていて、現在お休み中なので、実家がある坊勢島に戻ってきている。

ここの多くの島民は漁業に携わる。

漁業中心の島で、漁獲高は兵庫県一位。以前、坊勢島の漁師で一番漁獲高が低かった人が、坊勢島から広島に引っ越した。

坊勢島では、下っ端の成績だったらしいが、坊勢島の漁の技術を持ち優れていたせいか、広島内で一番になったとのことだった。

そして、引き続き、「ここの漁師は本当にすごいんですよ」と繰り返し話す。

坊勢島 漁船 漁師

実際どう技術力があり優れているのか、具体的な内容はわからなかったが、ここまで自身の島について、誇りをもって話す若い人がいる。

これには、きっと深い理由が絶対あるのだろう。「ここまで誇らしげに話す島の若者がいる=この島は元気」という印象を受け、「ここの漁師の凄さを探りたい」と思いぼくは船へと戻り寝た。

明日は結花の限界に迫る…<続きはこちら

兵庫県 坊勢島 海上タクシー

<前日のストーリー 『day 21.1 兵庫県 坊勢島 海上タクシー松尾さんとの出会い ~ 島でよくみるスクーター3人乗り?! ~』>

<翌日のストーリー 『day 21.3 バックパッカー旅で活用する地図帳』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking

こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

IKU - INAKA Backpacker

投稿者の記事一覧

1979年1月生まれ、東京生まれ鎌倉と米オレゴン育ち。鎌倉の中学校卒業後、オレゴン州の高校と大学を卒業。現在、石川県鳳珠郡穴水町岩車在住。ソニーやPR会社で広報業務に約10年間携わり、2010年10月、ライフスタイルの選択肢を増やすべく、日本の田舎/地方を中心に、テント・寝袋・自炊道具などを担いだバックパッカー旅を開始。以後2年半にわたり旅を続ける。「テント」ベースから、2012年5月以降は「バン」ベースのバックパッカーになりバンライフ開始。2013年5月、人口約100人の限界集落 能登半島・石川県穴水町岩車に移住。現在は、「田舎への旅」と「田舎でのライフスタイル」の二つを軸に、田舎旅やライフスタイルの情報発信、都市部の人たちが能登の暮らしを体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の提供を行なうほか、東京のスタートアップ/ベンチャー企業、移住先・能登や静岡県の中小企業の広報サポート、地域活性プロジェクトサポートにもリモートワークで従事。また、ブログやウェブ制作、写真、執筆活動なども行なっている。移住先で自宅がある岩車の隣の地区 穴水町川尻では、シェアハウス・サテライトオフィスなど多目的・多機能の「田舎バックパッカーハウス」、そこに併設する“住める駐車場”であり長期滞在可能な車中泊スポット「バンライフ・ステーション」も運営。現在、東京の“バンライフ”のCarstay(カーステイ)にフルタイム広報として関わりつつも、モノのレンタルや借り放題事業を行う「flarii(フラリー)」、“遊び”を取り入れ人間関係“つながり”をリモートで構築する「バヅクリ」、静岡県島田市で幻のきのこ“はなびらたけ”「ホホホタケ」を生産する大井川電機製作所、石川県輪島市では国産漆だけでアート作品をつくる“芯漆(しんしつ)”の山崖松花堂などの広報を担当する。移住先・石川県穴水町岩車で育てらた牡蠣の販売もサポートする。

関連記事

  1. 愛媛県 八幡浜 船 day 33 愛媛県 八幡浜 大島へ向けて出発
  2. バックパッカー 四国 day 26 田舎バックパッカー、イリコの『伊吹島』(香川県) …
  3. アイルランドのシャロンと横浜で再会
  4. day 20.2 四国へのバックパッカー旅、初日からまたも外国人…
  5. 兵庫県坊勢島 工事のお姉さん トイレ day 22.2 兵庫県 坊勢島での“大きな”トイレパニック
  6. 大島 愛媛 漁師 day 34.3 愛媛県 八幡浜 大島の漁師からバックパッカーへ…
  7. 四国 坊勢島 バックパッカー旅 旅行 day 21 兵庫県 坊勢島(ぼうぜじま)に向けて出発
  8. いりこ 瀬戸内海 旅 伊吹 day 26.8 香川県 伊吹島に三好さんと合田さんが多い歴史的…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


VANLIFE特集 バン・車に暮らすとは?

VANLIFE Feature article バンライフ 特集 車上生活 車中生活

Pickup Post

スザーンロス 輪島 イギリス day 70.2 漆芸作家Suzanne(スザーン)さんとClive Ross(クライブ・ロス)さんとの出会い ~ 別れるか、日本へ行くかの選択 ~ 動くオフィス 書斎 ハイエース 自動車 車中泊 今さらだけどキャンピングカー・車中泊仕様の車ってなんなんだ?! soba noodle in Notocho Wajima Ishikawa 中谷家 能登町 輪島 穴水 蕎麦 そばきり 仁 中谷家 【田舎旅】“飽きない”超美味な奥能登の一押し蕎麦屋「そばきり 仁」 4月12日から今年度再オープン stars ishikawa, anamizu stars, noto stars, 穴水町 星空, 石川県 星空, 能登半島 星空, 移住 星空の町, 星空 綺麗 田舎 【能登での田舎暮らし】星空の村 天の川の時期到来 運営する能登の車中泊スポットで星空撮影 静岡第一テレビ はなびらたけ ホホホタケ 電球 大井川電機 【田舎で仕事】静岡第一テレビ「まるごと」“阿佐ヶ谷姉妹”コーナー枠に“幻のキノコ”「ホホホタケ」登場 ~ 食べチョクで販売開始 ~

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
  1. かき, 石川県 牡蠣, 穴水町 牡蠣, 穴水町 かき, 七尾 牡蠣, 七尾 かき, 能登かき, 能登牡蠣, 輪島 牡蠣, 輪島 かき, 能登半島 牡蠣, 能登半島 かき, oyster in Anamizu, oyster in ishikawa
  2. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  3. 石川県 穴水町, 田舎暮らし, 移住. 日記, 地方移住, 地方 子育て, 日記
  4. トヨタ ハイエース, hiace toyota
  5. 穴水町 鮭, salmon in anamizu Ishikawa, 石川県 鮭
  6. 能登 うさぎ, 穴水, 石川県 野生動物, rabbit anamizu

車中泊スポットを探す!

vanlife RV station バンライフ 車中泊 車旅

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  3. 中津川

ランキング

人気の投稿とページ

一般人のテレビ出演、どれぐらいお金をもらえるのか?
東京の駅だったら批判殺到?!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から
漁師水揚げ直後の能登牡蠣<かき>最速翌日あなたの手元に!石川県穴水町岩車産の牡蠣販売!
day 75.1 福岡県で一番小さい島“小呂島(おろのしま)”に到着 ~学校へ向かった~
「ここにいつか住みたい」と思ってしまう鎌倉の天空カフェ『樹ガーデン』
【田舎でITレビュー】キャノン製プリンタ 黒インク切れ!残ったインクで文書印刷する裏技
『ランプの宿』の『青の洞窟』は本当に青いのか?日本のウルトラパワースポットへ
【田舎で仕事 ‐ 田舎バックパッカーハウス】「さよなら、ぼくのモンスター」のコナー・ジェサップが写真で語る『結生の能登暮らし』続編
冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~
day 10.3 石川県舳倉島の『へぐら愛らんどタワー』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。