2010-11 Backpacking Shikoku Islands - 四国・瀬戸内海の島々へのバックパッカー旅

day 21.1 兵庫県 坊勢島 海上タクシー松尾さんとの出会い ~島でよくみるスクーター3人乗り?!~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
兵庫県 坊勢島 スクーター 原付 二人乗り

2010年11月7日(日) – 19:00前に坊勢島(ぼうぜじま)に到着。

ぼくら田舎バックパッカーが旅を開始して、坊勢島は、島の旅先としては、二番目となる。

坊勢島には、3つの漁港があり、定期船発着場に一番近い港が奈座港(なざこう)。その他、長井港や西ノ浦港がある。西ノ浦港には、130メートルの日本一長い浮桟橋が設置されている。

最初に行った島は、石川県の能登半島の舳倉島

舳倉島は、シベリア・中国・韓国などから飛んでくる渡り鳥が休息する島で、野鳥カメラマンにとって有名な島。

島民よりも野鳥カメラマンのほうが多かったと感じた島だ。

兵庫県 坊勢島 ラピート桂 スタッフ

【(左から)松尾さん、ぼく、「ラピート桂」の従業員。舳倉島と比べると、坊勢島の人口は圧倒的に多い。坊勢島には若い人たちが多く、活気がありそうな島】

そして、人口よりも、まず驚いたことがある。

ここの人は、ヘルメットをかぶらず、平気でスクーター/原付を二人乗りする。

兵庫県 坊勢島 スクーター 原付 二人乗り

舳倉島では、自転車に乗る人たちはいたが、スクーターや自動車は見かけなかったので、交通の安全性は高い。

おそらく、どんな島でも、警察の駐在員が少なかったり、たまに警察が見回りに来るような島では、ヘルメットはかぶらないのだろう。

クルマの通りも少ないので、気をつければ、問題なさそうだ。しかし、都会からきたぼくらにとっては、新鮮な光景だった。

都会にいたら、すぐ警察に止められる。

兵庫県 坊勢島 ラピート桂

ぼくらはまずこの島で、海上タクシーで働く松尾正和さんと出会った。そして、ぼくらが、ここに来たときに乗った定期船「ラピート桂」の従業員の二人。

松尾さんは、親切な人で、ぼくらがこの夜、テントと寝袋で一晩することを話すと、彼が働いている「海上タクシーの船の中で寝て良いよ」と言ってくれた。

しかも、松尾さん自宅のシャワーも使わせてくれるとのことだった。ちなみに海上タクシーで姫路港へ行くと、6,800円かかるそうだ。松尾さんから、上記の基本的な坊勢島に関する情報を聞いた。



海上タクシーは万が一緊急事態があったことを想定して、23:00までオープンしているので、23:00閉店後、松尾さんの自宅へ行くことになった。

あたりが暗くなり次々と島民が姫路から戻ってくる中、ぼくらは定期船付近のベンチで、飯盒(はんごう)を使ってご飯を炊く。

島民の人たちは、ベンチでご飯を作るぼくらを珍しそうに見ながら、定期船乗り場そばにある駐車場に行き、ヘルメットをかぶらずスクーターで家へと帰る。

定期船乗り場にあるベンチで、ご飯を洗って、それを飯盒で炊くぼくら、そして定期船で姫路から坊勢島に戻りノーヘルで家に帰る島民。自身で言うのもなんだが、面白い光景である。

ちなみに、瀬戸内海は穏やかなので、船が欠航することがあまりなく、この島から、姫路へと「瀬戸内海通勤」することは、そこまで珍しくないそうだ。<続きはこちら

兵庫県 坊勢島 海上タクシー

<前日のストーリー 『day 21 兵庫県 坊勢島(ぼうぜじま)に向けて出発』>

<翌日のストーリー 『day 21.2 兵庫県 坊勢島での『両替』 ~ 若者が誇る漁師 ~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. アイルランドのシャロンと横浜で再会
  2. 四国 香川 旅 島旅 day 27 香川県 伊吹島で「お元気で。ガンバッテー。マタキテ…
  3. 大島 港 愛媛 day 34.4 愛媛県八幡浜 大島 暗闇の中で『猪探検隊』再結…
  4. 坊勢島 漁船 漁師 day 21.2 兵庫県 坊勢島での『両替』 ~ 若者が誇る漁師…
  5. バックパッカー 瀬戸内海 島 伊吹島 day 26.6 香川県 伊吹島 ”瀬戸内国際芸術祭”参加を目指…
  6. day 20 四国の島々へのバックパッカー旅スタート
  7. 兵庫県 坊勢島 乱菊ずし 海鮮丼 day 23 兵庫県坊勢島の寿司屋「乱菊すし」へ
  8. 八幡浜大島(愛媛県)のおばあちゃん みかん day 34 愛媛県八幡浜大島のおばあちゃんと犬の「ミカン」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

Hiace solar panel ハイエース ソーラー 田舎旅: 冬の“ソーラー”重視のクルマ旅 どこへ? ~ 一式と一石二鳥的メリットとは ~ su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学 「社会問題は優秀な人材が集まれば一気に解決できる」 シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに 動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」中川生馬さん(右)と会話を弾ませて交流を深める赤井成彰さん=穴水町川尻で 写真 金沢の赤井さん、穴水で魅力伝える 宿泊型移動車「モバイルハウス」で一風変わった旅をしている赤井成彰さん(30)=金沢市=が二十九、三十の両日、穴水町川尻に宿泊し、なじみの薄いモバイルハウスの面白さを町民らに伝えた。(田井勇輝)赤井さんは昨年春、営業社員だった大手玩具メーカーを退社。ハワイでの暮らしを夢見て、貯金するため家賃を節約しようとさまざまな生活の仕方を模索。家を持たないで車内や荷台で寝泊まりしながら生活するモバイルハウスと出合った。中古の一トントラックを購入し、昨年十月から荷台で部屋作りを開始。長さ二・五メートル、幅一・六メートル、高さ一・九メートルの木製による落ち着きある空間を手掛けた。壁を開閉して楽しめる縁側や、天窓、折り畳み式机といった工夫を凝らした家具を設置。外壁はオレンジ色と茶色の細長い板千枚以上を組み合わせ、魚のうろこを表した。製作は今年一月に終了。車の購入と製作の総額約九十万円の大部分は資金を募るクラウドファンディングで集めた。モバイルハウスの可能性だけでなく、全国の魅力ある人や場所を探そうと、今月二十七日に金沢市を出発。車中泊可能な場所を検索できるサイト「カーステイ」で、中川生馬さん(40)=同町岩車=が運営する場所を見つけ訪れた。赤井さんは中川さんや通り掛かった住民に「まさに動く個室。行った場所がどこでも庭になる」と熱く語った。バックパッカーとして国内を旅した経験がある中川さんとはうまが合い、縁側でいつまでも会話を弾ませていた。赤井さんは十一月末まで全国を巡る予定。三十日は珠洲市、三十一日は七尾市能登島で泊まり、その後県外に出る。 【メディア掲載】中日新聞『動く個室 行った場所が庭 宿泊型移動車「モバイルハウス」』 上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅 Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road 【メディア掲載】日本最大の英字紙『The Japan Times』やアメリカのRVニュースサイトに登場

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

石川テレビ バンライフ ishikawa tv vanlife media
  1. Carstay CMO 田端信太朗 資金調達
  2. ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材
  3. kinto carstay キャンピングカー プレゼント
  4. 福岡県 小呂島

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP