2010-10 Backpacking Nagano & Noto - 長野と能登へのバックパッカー旅

day 5 長野県 茅野市立金沢小学校での田舎バックパッカーの講演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
茅野小学校 バックパッカー 講演

2010年10月12日(火) – ぼくら田舎バックパッカーは現在、長野県茅野市にいる。

今日が鎌倉を出発して、5日目。地図を見ながら、次の旅先について考えている最中だ。

翌朝、地図をみながら、次の行き先について考えていたら、「こっちの子どもたちの学校の雰囲気はどんな感じなのだろう」「今後の子どもの将来につながる教育、みんなどうやって教育されているのだろう」と思い、ひさよさんに「お子さんの学校を見学することはできませんでしょうか?」と、いきなり尋ねた。

「できると思うわよー。聞いてみましょうかー?」と、すぐに茅野市立金沢小学校の校長先生に電話をしてくれた。

長野県 茅野市 矢島さん 家族

ひさよさんに車で学校まで送ってもらい、まずは校長先生にご挨拶。

その後、小学一年生で、かいと君の担任 宮阪直央(みやさか なおひろ)先生の教室に入り、まだ出発して5日目だったが、先生から「全国を旅する人」として一年生に紹介された。

先生は以前、教員の勉強で埼玉に行っていたそうだ。

「心がリラックスして、ゆとりがあるライフスタイルを探すために国内外で旅をしている」と旅の背景について話すと、先生は南米に行ったことがあるそうで、彼らは大変リラックスした人たちだと言う。

冬がなく、冬の準備という文化がないので、南米の人々はいつもリラックスしているという。「良い天気なのに、なんで働くの」というスタイルだそうだ。

茅野 学校 バックパッカー 講演 旅が重要

小学一年生の子どもたちは元気。聞きたい質問があれば何でも聞く。みんな自由に手を上げて、意見を発言する。

結花は、「子どもたちがきっと喜ぶよ」と大きなリュックを背負って学校内に入った。予想通り、子どもたちが「なにあれー?なにが入ってるのー」と話しかけ、中を見せる。

 

旅5日目にして…講演!

先生が、これも「縁ですし、せっかくですから、旅について、みんなに語って下さいよ!写真はありませんか?」と聞かれ、「まだ出発して5日しか経ってないから、そんなに話すことあるかなぁ」と思いつつも、「写真は沢山撮っているのでありますよ」と返答。

茅野小学校 バックパッカー 講演

すると、「じゃ、プロジェクターもあるから、そこから投写しましょう」と話が進む。

しかし、一眼レフのメモリーは、コンパクトフラッシュ(CF)に写真が保存されているので、CFをプロジェクターに差し込めない。

「よし、プレゼンやるか!」と思い、「PCを持ってきているので、車からとってきますよ!」と矢島さんの車にPCを取りに行き、PCとプロジェクターをつなげる。

茅野小学校 バックパッカー 講演

急遽、写真をとおして、これまでの冒険記について子どもたちに発表開始。

学校に行く前に、ひさよさんが、「もしかしたら、『全校生徒の前でお話しして下さい』って頼まれるかもねー」と言っていたが、「授業もあるし、そうはならないだろー」と思いつつ、学校まで来た。

「見学だけのつもり」だったのに、まさかこうなるとは想定外だった。ひさよさんは、後ろの席に座り、ぼくらの話を楽しそうにみていた。

茅野小学校 バックパッカー 講演

休み時間約10分で、写真やプロジェクターの設定などの準備終了。

「まだ出発して5日しか経ってないし、そんなに話すことあるのだろうか」と思っていたが、1時間以上、写真を見せながら話してしまった。

茅野小学校 バックパッカー 講演

「浜松→北八ヶ岳みどり湖→白駒の池→剣ヶ峰→茅野」の旅の途中で撮影した自然、テントや寝袋での冒険生活の写真を見せながら、旅や自然の良さを話した。

都内エリアではみることができない、信州の自然の良さを可能な限り、わかりやすく伝える。

茅野小学校 バックパッカー 講演

小学一年生は、約30人。

「こんな緑、星、動物を都内で見ることができません。皆がいるところは、自然が豊富ですごく貴重なんですよー」「ぼくらのような旅だと、一歩一歩様々な風景を見ることができるんですよー」などと、写真をとおして伝える。

茅野小学校 バックパッカー 講演

一年生からは、「へー。ぼくたちは、こっちで星を沢山見ることできるし、この前鹿が田圃にいたよー。たぬきとかも沢山いるよー」、「テントは何人ぐらい入れるのー」、「この写真の人は誰ー?」という質問や反応がある。

小学校一年生は、高学年とは違い、自由な発想、自由な質問をする。

茅野小学校 バックパッカー 講演

ここの子どもたちは、今いる自然豊かな環境が当たり前だと思って暮らしている。その他の環境を体験したことがなければ、ぼくらがこう話しても感じることが難しい。

茅野小学校 バックパッカー 講演

将来、子どもたちが旅に出て、高層ビルが並ぶ都会で生活すると、きっと子どもたちが住んでいたところの大切さを感じることができるのだろうと感じた。

ぼくの周りにもいるように、逆に、高層ビルに囲まれた都会が好きになる子どもたちもいるだろう。

茅野小学校 バックパッカー 講演

小学一年生は将来どこに住みたいのだろうと思い、プレゼン中、ぼくは子どもたちに、「みんな、将来どこに住みたい?」と質問をした。

「神奈川県!お父さんがいるから」、「アメリカ!格好良いから」、「東京!スカイツリーやディズニーランドがあるからー」「ドラゴンボールの世界に行きたい」と「テレビの影響かな?」と思わせる意見などが多かった。

茅野小学校 バックパッカー 講演

その後、お休み時間になり、外で、先生や子どもたちと記念撮影。そして、そのまま外に連れ出され一緒に遊んだ。

子どもたちからは、お土産にアサガオの種や子どもたちが採ってきたキノコをもらった。

茅野小学校 バックパッカー 講演

そして、みんなに挨拶をして、最後に先生から子どもたちに課題がでた。「身近な人にハガキを送ろう」というプロジェクトで、今度、子どもたち各自から、ぼくらに手紙が届く予定になった。

内容には、①将来の夢、②将来皆が住みたい場所とその理由(これはぼくからリクエストをさせてもらった)が書かれる予定。

茅野小学校 バックパッカー 講演

茅野小学校 バックパッカー 講演

 

ストーブようやく入手!諏訪大社へ

その後、お昼頃、学校を出て、ひさよさんにお願いをして、アウトドアショップ(アルペン)に連れて行ってもらった。

ようやく、ガスにつける、ストーブ部分(2,090円)を購入。

これでようやく持ってきた飯盒でお米を炊き、料理をすることができる!

長野県 茅野 諏訪大社 御柱 旅人

長野県 茅野 諏訪大社 御柱

そして、諏訪大社へ行き、昨晩話しできいた実際の御柱をみた。

長野県 茅野 諏訪大社 御柱 旅人

お昼には、ところてんや焼きもちを食べて、茅野駅で、ひさよさんとお別れした。

矢島さんファミリーのお陰で、楽しい2日間を過ごすことができた。

長野県 茅野 諏訪大社 御柱 旅人

長野県 茅野 諏訪大社 御柱 旅人

 

さて…これからどこへ?!

茅野駅では荷物が重すぎたので、まず、これまで過ごした旅の日々で不要と思われる荷物をまとめて、茅野郵便局から鎌倉の実家に送り返すことにした。

ぼくらは、とりあえず、長野県茅野から石川県の能登半島・輪島の町から沖合50キロ先に浮かぶ舳倉島(へぐらじま)へ向かうことにした。

途中、22:30過ぎ、無人駅の市振で降りて、駅外の駐車場脇にテントを張って寝た。<続きはこちら

長野県 茅野 諏訪大社 御柱

長野県 茅野 諏訪大社 御柱 旅人

長野県 茅野 諏訪大社 御柱 旅人 おやき

長野県 茅野 諏訪大社 御柱 旅人

長野県 茅野 諏訪大社 御柱

長野県 茅野 諏訪大社 山下清

長野県 茅野 諏訪大社 御柱 旅人

諏訪大社 心太 ところてん

<前日のストーリー 『day 4 長野県茅野 バックパッカーと消防士・矢島さんとの出会い』>

<翌日のストーリー 『day 6 石川県 津幡の焼肉屋に約4時間30分 ~津幡の公園で一泊~』>

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 長野県 白駒池 女 バックパッカー day 4 長野県茅野 バックパッカーと消防士・矢島さんとの出会…
  2. living trial in Anamizu Ishikawa 穴水町 移住体験 体験住居 day 15 奥能登一周中 穴水町を半日散策後、金沢へ
  3. day 12 奥能登一周旅 職務質問されるバックパッカー ~ 真…
  4. day 10.4 <写真で見る>石川県舳倉島の渡り鳥 / Pho…
  5. campervan rv spots in Nagano Kinasa Japan 長野県鬼無里 おやき いろは堂 車中泊 RV スポット Carstay車中泊スポットレビュー: 発掘感掻き立てる長野市鬼…
  6. day 7.2 石川県穴水町 次世代の板前寿司屋『幸寿し』
  7. day 7.1 石川県穴水町 NOTO Shift鈴木久善さんと…
  8. day 14.3 奥能登一周中 穴水町の『田舎暮らし体験』とは …

コメント

  1. ムネです。<br />旅の5日目でこんなビッグイベントに!旅の神が降りてますね。<br />写真もいいですね。<br />楽しんできてねー!

  2. こんなになるとは思ってなかったですよ。いやー、でもどこかに行って、いろいろと見るっていいですね。世界も広いけど、国内もまだ行ったことがない場所が沢山ありますね。都会はどこも大して変わらないけど、田舎は場所によって、食べ物や生活スタイルが全然違いますね。

CAPTCHA


Pickup Post

車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 北陸中日新聞 カナダ人映画監督 穴水で脚本 能登暮らし 創造力刺激 コナージェサップ メディア掲載:中日新聞『カナダ人映画監督 穴水で脚本』コナー・ジェサップ 高級珍味 山菜『タラの芽』を植えた ~ 田舎暮らしの半自給自足生活 ~ 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa どこにでもあるような東京よりもリアルな“日本”を見たい ヨーロッパやアメリカから穴水町岩車へ

今季の牡蠣出荷・販売開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

能登・石川県穴水町のシェアハウス・バンライフステーション『田舎バックパッカーハウス』

Okinoshima island in Kochi Japan 高知県 沖の島 人口200人 石造り 島 サントリーニ島 キャンプ テント
  1. バックパッカー 石川県 日本
  2. 能登 石川県 穴水町 川尻 シェアハウス 田舎バックパッカーハウス
  3. オレゴンコースト 歩く
  4. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  5. 薪ラーメン 薪暮らし 田舎暮らし

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP