シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに「世界最大の社会問題には最大のビジネスチャンスがある」

“The world’s biggest problems are the biggest business opportunities.”

「エクスポネンシャル・テクノロジー/指数関数的技術、テクノロジーは飛躍的に伸びている、ここ10年ぐらいの伸びがとにかく飛躍的だ」「国連が掲げるような世界最大の社会問題には最大のビジネスチャンスがある」「だが、今や国連が掲げる世界の社会問題は、世界にいる優秀な人材が揃えば一気に、すぐに解決できる」とシリコンバレーに拠点を置くシンギュラリティ大学のCEOや創業者は言う。

su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学

「世界最大の社会問題には最大のビジネスチャンスがある」

この考え方をローカルレベルに落とし込むと、「地方創生」も、同じなんだろうなぁと思う。

「地方創生なんちゃら」って言っている優秀な人たちが、一気に現場に入り、がらっとやってみたらいいのに。

離れた都会で口だけ動かして、そしてお金・税金だけ、ぶち込んでも、ただただ地方/田舎で口が立つ人に税金をうまく利活用されるだけで終わる。そんな地方と都会のやり取りが、もうどのぐらい続いているのだろうか。そろそろ気づいたほうがいいよなぁ、地方創生なんちゃらって、遠くから叫ぶ人たち。

特に政治家なのかなぁ。そもそも、多くの政治家は地方出身の人が多いのでは?そこまで「地方創生」に本気であれば、自身の出身地、現場へと戻って、「地方創生なんちゃら」ってプロジェクトを立ち上げて、口手足動かして、実行したらいいのにねぇ。

How will you improve the lives of a billion people?

どのようにして何十億人もの生活を向上させますか?

論文だけ書いても、評論家になっても、口だけでアドバイスしても、現場で実行へと移さないと世の中は変わらない。

これからも同じサイクルは続くのだろうか。

「地方創生」や「地域活性」のキーは、①中長期間、優秀な人材を一気に田舎/地方に送り込むこと、②今あるテクノロジーを可能な限り最大限に利活用すること、③そして、そこで展開するプロジェクトが地域が実行したいことと合致しているのか、そうでなければ、その優秀な人材たちが現地に残り、その立ち上げたプロジェクトを責任もってしぶとく継続すること。

「中長期」という期間は、人材の人数にもよってくることだろうが、基本、これらがとにかく重要なポイントとなると思う。

まずは数年間は地方/田舎に身を置いてみてはいかがだろうか?

…まぁ、上で「あれこれ」言いつつも、結局のところ、本当に、本気で田舎/地方へ行きたい人たち、なにがあってもやっていく気がある人たちが田舎/地方に来て暮らすが「現状維持」の最大の秘訣なんだろうね。

singularity university シンギュラリティ大学 取材

#singularityuniversity #SU #singularity #exponentialtechnology #inakabackpacker

#シンギュラリティ大学 #シンギュラリティ #田舎で仕事 #取材 #田舎バックパッカー #ロブネイル

コメントを残す