『VAN LIFE』カンパニーのスタートアップ CarstayがCTO候補 募集中!

ぼくが広報を担当/サポートしているCarstay(カーステイ)が最高技術責任者(Chief Technical Officer)候補を募集している。

エンジニアスキルを持っていたら、すぐにでも応募したいし、バンの中をオフィスにして、プログラミング作業をしたくなる。

今さらながら、「プログラミングとか勉強しておけばよかったなぁ~」と思ってしまうようなポジション。

Carstay カーステイ 日経 一面

日本経済新聞社「日経産業新聞」1面で、注目スタートアップ企業として取り上げられたCarstay

新しいライフスタイル「VANLIFE(バンライフ)」、モビリティ(機動性)ある世界が広がろうとしているわけだが、そのベースとなるMaaS(マース・Mobility as a Service)の一プラットフォームになることを目指している会社だ。目指しているというか、いずれその時がくることだろう。既に大手各社、「VANLIFE」感 強めな車両製作を手掛け始めている。

carstay cto position カーステイ CTO ポジション

Carstay CTO募集の詳細は画像をクリック

“ざっくり”言うと、MaaSとは情報技術の発達により、サービスの基盤が“移動”となり、その“移動”を介して、あらゆるサービスが提供され始めるという概念だ。

今やトヨタやソフトバンクが共同でその世界を拡大しようと、Carstay含め関係各社とのつながりを強化しているほど。

それほど、この世界は注目され始めているのだ。

Carstay カーステイ 日経

この日経グループの記事内でも「最後に、スタートアップではCarstayが面白い。同社は車中泊・テント泊をしてクルマ旅を楽しみたい人と、駐車場や観光体験を提供したい”ホスト”をつなぐシェアリングサービスを展開しており、モネ・テクノロジーズが展開するモビリティーサービス、ないしはMaaSとの親和性も高いだろう」と紹介されている

Carstay 宮下晃樹 CEO 社長

Carstay代表の宮下晃樹さん。「快適な移動と感動体験を」をミッションにCarstayのサービスを開始。



既に以前も語っているので、この記事で多くは語らないが、「バンライフ」のライフスタイルは今後あらゆる社会の課題にも対応することになるだろう。

新しい世界をイメージすることができる人、創造力ある人でないと、わからないかもしれないが、ワクワクする新たなライフスタイルを創ろうとしているスタートアップの企業だ。※それに関する特集はこちら

Carstay 車中泊 スポット

Carstayは今年1月末、誰でも安心安全に車中泊ができるスポットのシェアサービスの提供を開始した。

サービス開始若干1年もしないうちに、車中泊スポットが全国各地に約130箇所まで拡大している。

10月下旬から11月上旬あたりまでを目指し、車中泊仕様のクルマのシェアサービス「バンシェア」も開始する予定だ。

誰でも気軽にクルマ旅、車中泊ができるようになる。

これらサービスはまだまだスタートライン、これからモビリティある世界が広がるとともに、Carstayのサービスも拡大していくことだろう。

今後のMaaS社会のプラットフォーム/基盤を支えるスタートアップ、興味のあるエンジニアの方々、応募してみてはいかがだろうか?

ちなみに、会社は新宿だが、勤務地は問わず、遠隔地/リモートでOKのはず。勤務地はキャンピングカー、車中泊仕様のクルマなど大歓迎の会社だろう。

“ざっくり”特集: クルマで“移動暮らし”できる時代 始まる『移動型定住』『動くX』 – 1 –

Carstay 代表 社長 宮下 テリー 伊藤 カートラベルジャパン

 

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す