100% 漆だけで『阿修羅』なんてつくれるの?!構想から13年の時を経て…

今日は輪島へ。輪島と言えば、漆を使った「輪島塗」だが、従来の漆器を超え、さらに進化した技法で、新たなアート作品を作っている兄弟がいる。

山崖松花堂の山崖宗陽さんと松堂さんだ。

asura shinshitsu 阿修羅 芯漆 漆器 輪島

この「阿修羅」、日本産の漆のみで作ったアート。「漆のみ」、いわゆる漆の木の樹液だけ…

木地などの下地は一切使われていない。まさに職人技である。技術スゴすぎる。
これが“芯”から表面まで全て“漆”の『芯漆』技法だ。

asura shinshitsu 阿修羅 芯漆 漆器 輪島

ちなみに、漆芸作家や漆に詳しい人から、頻繁に「それって乾漆(かんしつ)じゃないの?」と聞かれるが、答えは「ノー」だ。乾漆とは麻布や和紙の上に漆を塗り重ねたり、漆と木粉を混ぜて作品を作る技法。

「芯漆」とは、純粋の国産漆のみでアートをつくる技法だ。

asura shinshitsu 阿修羅 芯漆 漆器 輪島

詳しい内容は芯漆のホームページに載っている。

asura shinshitsu 阿修羅 背中 芯漆 漆器 輪島

Asura made only by Japanese lacquer sap, no wooden base is used. The technique “Shin Shitsu” is just so amazing.

asura shinshitsu 阿修羅 芯漆 漆器 輪島

asura shinshitsu 阿修羅 芯漆 漆器 輪島

asura shinshitsu 阿修羅 芯漆 漆器 輪島

 

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す