能登から東京へ… 父と娘の電車“仕事”旅

今日からほんの数日間、久しぶりの東京出張“旅”へ。

今回も“父ちゃんと娘の二人旅”なので、新幹線。飛行機はあっという間なんだけど、2人分の費用がかかってしまうんでね。

why father and daughter travel together 父と娘 旅

帰りは夜行バスにチャレンジしてみようかなぁ~っとも思っているけど、どうかなぁ~。結生は旅慣れているから余裕で対応できそうな気がする。

why father and daughter travel together 父と娘 旅

のと鉄道 穴水駅から七尾へ。田園風景をみて「きれ~い」と。



 

なぜ娘と一緒に旅を?

2歳ぐらいのときから、結生とは2人で1~2週間の旅へと行くことが多い。1~2歳のころの“足”はクルマや飛行機、3~5歳はクルマと電車のミックス。

why father and daughter travel together 父と娘 旅

田舎は自然に囲まれ、あらゆる選択肢があると思っているが、都会の混雑具合、ビル、ショッピングセンター、渋滞などの“モノ”や“コト”、都会へ行かなければ体感できないので、機会があるときは連れていき、都会のそういった面も体感させるようにしている。

why father and daughter travel together 父と娘 旅

「旅っていいねぇ」「早くみぃちゃん(姪っ子)とよーよー(ばぁちゃん)と会いたい」と話し始める結生。

小さいころから、あらゆる選択肢を体感して、「世の中、これ、あれ、いろいろなことがありなんだなぁ」ってことを自身で体感してほしいと思っている。

why father and daughter travel together 父と娘 旅

ざっくり言うと、“旅”するといろんな人と出会えて、旅は楽しい、旅から学べることは沢山あるってことを体感してほしいんだよね。

ぼくの仕事と合わせて、結生にはそういった体験をしてほしいなぁと思っている。

“ちょい”旅をとおした、娘の“修行”これからも続く…

why father and daughter travel together 父と娘 旅

「可愛い子には旅をさせよ」ってこういうことだと思うなぁ。

why father and daughter travel together 父と娘 旅

東京駅で新幹線とその色を見て騒ぎ出す結生

why father and daughter travel together 父と娘 旅

ようやく鎌倉(大船駅)に到着

why father and daughter travel together 父と娘 旅

why father and daughter travel together 父と娘 旅

なにを本当に想い楽しんでいるのだろうか… 子供が大きくなる“道”をいつも側で見られるのは嬉しいね。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す