Work in Inaka / Countryside - 田舎/地方で仕事

福島でU-18東北選抜 対 東南アジア選抜の国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ジャパファンカップ サッカー 福島 国際親善試合 リトグリ

先日、国際交流基金と日本サッカー協会が、2019年6月22日 14:00からキックオフ予定のU-18東北選抜 対 U-18東南アジア選抜「ASIAN ELEVEN」のサッカー国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」に関する共同記者会見を開催した。

開催予定場所は福島県の「Jヴィレッジスタジアム」。

能登から羽田空港へと飛び、会見場所の「日本サッカーミュージアム」へ向かった。

能登空港 羽田空港

この親善試合は、日本と東南アジアの交流のために、国際交流基金アジアセンターが主催、日本サッカー協会が共催して実現となった。

国際交流基金アジアセンターは2013年12月に東京で開催された「日・ASEAN特別首脳会議」で合意され、国際交流基金が2014年に設立した組織。

国際交流基金 安藤理事長

国際交流基金の安藤理事長

現在、ASEANと日本との間で、日本語の学習支援、芸術文化の双方向の交流事業を柱に、様々な取り組みを行っている。

芸術文化では、演劇、映画、音楽、美術など様々な活動を通した交流がある。

今回は「スポーツ」分野での取り組み。



サッカー交流事業分野では、国際交流基金アジアセンター、JFA、Jリーグが2014年に3社協定を締結。

これまで、日本からアジア各地へと、延べ166人の指導者を派遣、東南アジアにいる3,150人の選手を指導してきた。

アジアセンターの5年間の活動を総括して、今年「響き合うアジア2019」を発足。これまでの成果発表の一環として、今回の親善試合を企画した。

5年の継続した活動により、「絆」「信頼関係」などが築けたことから、今年の試合開催となったそうだ。

福島 親善試合 JapaFunCup ジャパファンカップ ユニフォーム 増田セバスチャン

今回の国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」は、「響あうアジア2019」の主要事業の一つだが、別で「東京では6月や7月に、バンコク、ジャカルタ、ハノイなどでは今年後半に別事業を実施する予定」と国際交流基金の安藤裕康(あんどう ひろやす)理事長は話した。

JFA 田嶋辛三 会長

日本サッカー協会の田嶋辛三(たしま こうぞう)会長は、「アジア内にライバルを増やしたい。現在、ASEAN10か国で14名の日本出身サッカー指導者が活動している。ASEANは、経済やスポーツ面でも急成長中。人口はEUよりも多い6億5千万人。FIFAもASEANのポテンシャルに注目していて、多くの国がユース育成に取り組んでいる」と話した。

東南アジア11か国から選抜され、結成したチーム「ASIAN ELEVEN」の代表監督には、ジュビロ磐田や清水エスパルスで活躍した元Jリーガーの古賀琢磨さんが就任。

古賀さんはJリーガー引退後、シンガポール、東ティモール、ミャンマーの三か国でユース世代の選手にサッカーの指導を行ってきた。

今年はU-15ミャンマー代表監督に任命され、9月開催のアジア選手権にも参加する予定だ。

福島 親善試合 JapaFunCup ジャパファンカップ

古賀監督が紹介した注目選手。攻撃的ミッドフィルダー タイ出身の最年少プロサッカー チョンブリFCのチャナロング選手、マレーシア出身のボランチ/守備的ミッドフィルダーのハリス選手。

東ティモール含めASEAN各11か国のサッカー連盟にポジションを指定して、代表2名の選出を依頼、合計22名の選手を選抜した。選抜選手は試合約1週間前に福島に入り、調整を行う予定だ。

今回、福島県の「Jヴィレッジスタジアム」で6月22日に開催する「JapaFunCup」は「ASIAN ELEVEN」のデビュー戦。

7月にはベトナム・ハノイでも試合を予定している。

Jリーガー ミャンマー 監督 古賀琢磨

東北日本代表チームには、東日本大震災以来、JFA復興特任コーチを務める手倉森浩(てぐらもり ひろし)さんが監督に就く。



「Jヴィレッジ」は2018年に再スタートを切り、4月20日から全面再開。サッカー以外でも、コンサートや展示会など多目的用途の施設となった。

福島 親善試合 JapaFunCup ジャパファンカップ ユニフォーム 増田セバスチャン

「ASIAN ELEVEN」のユニフォームデザインを担当した増田セバスチャンさん。

今回の試合に関わる予算は数千万円で、国際交流基金が100%負担する。

国際交流基金の安藤理事長は「支持を得られれば、来年の実施も予定したい。まずは成功にむけて頑張る」と述べた。

ジャパファンカップ サッカー 福島 国際親善試合 リトグリ

会見では、「JapaFunCup」のテーマソング「Little Glee Monster(リトルグリーモンスター(リトグリ))」の「I Believe」が発表され、リトグリがサプライズ登場、会見ステージで歌を披露した。

リトグリは、2014年にデビューし、2017年から2年連続で、NHK紅白歌合戦に出場。2019年1月にリリースし、「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」のテーマソング「I Believe」を収録したアルバム「FLAVA」は、オリコンウィークリーチャートで1位を獲得した。

福島 サッカー リトグリ

試合当日、リトグリは、「I Believe」を生ライブで歌うことになっている。

ちなみに、リトグリ メンバーのかれんさんは古賀監督の娘さんだそうだ。

リトグリが「I Believe」を歌っている写真は次のページに載せている。※動画は完成次第 載せる予定。(続きはこちら

国際交流基金アジアセンター  2019 活動 スケジュール

国際交流基金アジアセンター 主催の「響きあうアジア2019」 今後のスケジュール

また、国際交流基金アジアセンターは、スポーツだけでなく、芸術分野でも活動を展開している。

今年2月から3月の間には、東北エリアで、「宿ル」をテーマに、主に舞踊を中心とした「三陸国際芸術祭 2019」も開催した。

国際交流基金アジアセンター 三陸国際芸術祭 2019

国際交流基金アジアセンター 三陸国際芸術祭 2019

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 能登空港 飛行機内 Noto Airport Airplane 田舎で仕事『広報』:羽田から能登空港間 ほぼ満席時期に R…
  2. cbcテレビ チャント バンライフ ミチトライフ 矢井田夫婦 田舎で仕事『広報』: 東海エリア「CBCテレビ」が「バンライフ」…
  3. 田舎で仕事『広報』:シンギュラリティ大学CEO ロブ・ネイルさん…
  4. 埼玉県 横瀬町 よこらぼ 田舎プロジェクト 富田能成町長 花形照美 荒井一広 小島俊 青木孝裕 IBM Dropbox リクルート TABICA スペースマーケット 田舎で仕事『ライター』:IT系最大級『ZDNet』に“都会の田舎…
  5. SUUMOジャーナル ライター バンライフ 新生活様式 【田舎で仕事 – 広報】執筆記事が4月の月間人気記事…
  6. コナー・ジェサップ DVD falling skies フォーリングスカイズ 『クリエイター向け“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中のコナー・…
  7. 福島 サッカー リトグリ テーマソング 福島県でのサッカー国際親善試合でリトグリが生ライブ
  8. ウミネコパーラー 石川県 穴水町 看護師 足立秀幸 土倉菜々香 かき氷 カフェ スコーン Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe 田舎で仕事『広報』:辺鄙なスポットのかき氷屋が多くのメディアに載…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

2020年7月10日付 北國新聞朝刊「横浜の40代夫婦、3カ月滞在 コロナ禍 穴水で車中泊 自然、人情に触れ『来て良かった』」 【メディア掲載】北國新聞 田舎バックパッカーハウス滞在の秋葉さん夫婦、生馬と結生が親子で同日メディア掲載 旅行 用品 商品 グッズ レンタル 配送 サービス 【田舎で仕事 – 広報】 旅の荷造り不要!旅の荷物減らせる!旅行用品レンタルのウェブサービス「フラリー」 wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本 北海道へのバックパッカー旅: 日本で最も大きい野生動物マッコウクジラと国後島側にいたシャチ テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県 メディア掲載: 北陸エリアのテレビで特集「バンライフに物語あり!?」 その内容はいかに!? campervangelist ikuma nakagawa vanlife station 【メディア掲載】英字ニュースに『CAMPERVANGELIST<キャンパーバンジェリスト>』として登場

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

2020年7月10日付 北國新聞朝刊「横浜の40代夫婦、3カ月滞在 コロナ禍 穴水で車中泊 自然、人情に触れ『来て良かった』」
  1. 田舎バックパッカー 娘
  2. 田舎バックパッカーハウス 秋葉博之 秋葉洋子 車中泊 ぶうすけ
  3. 中川結生 田舎バックパッカー
  4. Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road
  5. 大井川電機製作所 広報
  6. カーステイ バンシェア carstay van share rv campingcar

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP