福島でU-18東北選抜 対 東南アジア選抜の国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」開催

先日、国際交流基金と日本サッカー協会が、2019年6月22日 14:00からキックオフ予定のU-18東北選抜 対 U-18東南アジア選抜「ASIAN ELEVEN」のサッカー国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」に関する共同記者会見を開催した。

開催予定場所は福島県の「Jヴィレッジスタジアム」。

能登から羽田空港へと飛び、会見場所の「日本サッカーミュージアム」へ向かった。

能登空港 羽田空港

この親善試合は、日本と東南アジアの交流のために、国際交流基金アジアセンターが主催、日本サッカー協会が共催して実現となった。

国際交流基金アジアセンターは2013年12月に東京で開催された「日・ASEAN特別首脳会議」で合意され、国際交流基金が2014年に設立した組織。

国際交流基金 安藤理事長

国際交流基金の安藤理事長

現在、ASEANと日本との間で、日本語の学習支援、芸術文化の双方向の交流事業を柱に、様々な取り組みを行っている。

芸術文化では、演劇、映画、音楽、美術など様々な活動を通した交流がある。

今回は「スポーツ」分野での取り組み。



サッカー交流事業分野では、国際交流基金アジアセンター、JFA、Jリーグが2014年に3社協定を締結。

これまで、日本からアジア各地へと、延べ166人の指導者を派遣、東南アジアにいる3,150人の選手を指導してきた。

アジアセンターの5年間の活動を総括して、今年「響き合うアジア2019」を発足。これまでの成果発表の一環として、今回の親善試合を企画した。

5年の継続した活動により、「絆」「信頼関係」などが築けたことから、今年の試合開催となったそうだ。

福島 親善試合 JapaFunCup ジャパファンカップ ユニフォーム 増田セバスチャン

今回の国際親善試合「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」は、「響あうアジア2019」の主要事業の一つだが、別で「東京では6月や7月に、バンコク、ジャカルタ、ハノイなどでは今年後半に別事業を実施する予定」と国際交流基金の安藤裕康(あんどう ひろやす)理事長は話した。

JFA 田嶋辛三 会長

日本サッカー協会の田嶋辛三(たしま こうぞう)会長は、「アジア内にライバルを増やしたい。現在、ASEAN10か国で14名の日本出身サッカー指導者が活動している。ASEANは、経済やスポーツ面でも急成長中。人口はEUよりも多い6億5千万人。FIFAもASEANのポテンシャルに注目していて、多くの国がユース育成に取り組んでいる」と話した。

東南アジア11か国から選抜され、結成したチーム「ASIAN ELEVEN」の代表監督には、ジュビロ磐田や清水エスパルスで活躍した元Jリーガーの古賀琢磨さんが就任。

古賀さんはJリーガー引退後、シンガポール、東ティモール、ミャンマーの三か国でユース世代の選手にサッカーの指導を行ってきた。

今年はU-15ミャンマー代表監督に任命され、9月開催のアジア選手権にも参加する予定だ。

福島 親善試合 JapaFunCup ジャパファンカップ

古賀監督が紹介した注目選手。攻撃的ミッドフィルダー タイ出身の最年少プロサッカー チョンブリFCのチャナロング選手、マレーシア出身のボランチ/守備的ミッドフィルダーのハリス選手。

東ティモール含めASEAN各11か国のサッカー連盟にポジションを指定して、代表2名の選出を依頼、合計22名の選手を選抜した。選抜選手は試合約1週間前に福島に入り、調整を行う予定だ。

今回、福島県の「Jヴィレッジスタジアム」で6月22日に開催する「JapaFunCup」は「ASIAN ELEVEN」のデビュー戦。

7月にはベトナム・ハノイでも試合を予定している。

Jリーガー ミャンマー 監督 古賀琢磨

東北日本代表チームには、東日本大震災以来、JFA復興特任コーチを務める手倉森浩(てぐらもり ひろし)さんが監督に就く。



「Jヴィレッジ」は2018年に再スタートを切り、4月20日から全面再開。サッカー以外でも、コンサートや展示会など多目的用途の施設となった。

福島 親善試合 JapaFunCup ジャパファンカップ ユニフォーム 増田セバスチャン

「ASIAN ELEVEN」のユニフォームデザインを担当した増田セバスチャンさん。

今回の試合に関わる予算は数千万円で、国際交流基金が100%負担する。

国際交流基金の安藤理事長は「支持を得られれば、来年の実施も予定したい。まずは成功にむけて頑張る」と述べた。

ジャパファンカップ サッカー 福島 国際親善試合 リトグリ

会見では、「JapaFunCup」のテーマソング「Little Glee Monster(リトルグリーモンスター(リトグリ))」の「I Believe」が発表され、リトグリがサプライズ登場、会見ステージで歌を披露した。

リトグリは、2014年にデビューし、2017年から2年連続で、NHK紅白歌合戦に出場。2019年1月にリリースし、「JapaFunCup<ジャパファンカップ>」のテーマソング「I Believe」を収録したアルバム「FLAVA」は、オリコンウィークリーチャートで1位を獲得した。

福島 サッカー リトグリ

試合当日、リトグリは、「I Believe」を生ライブで歌うことになっている。

ちなみに、リトグリ メンバーのかれんさんは古賀監督の娘さんだそうだ。

リトグリが「I Believe」を歌っている写真は次のページに載せている。※動画は完成次第 載せる予定。(続きはこちら

国際交流基金アジアセンター  2019 活動 スケジュール

国際交流基金アジアセンター 主催の「響きあうアジア2019」 今後のスケジュール

また、国際交流基金アジアセンターは、スポーツだけでなく、芸術分野でも活動を展開している。

今年2月から3月の間には、東北エリアで、「宿ル」をテーマに、主に舞踊を中心とした「三陸国際芸術祭 2019」も開催した。

国際交流基金アジアセンター 三陸国際芸術祭 2019

国際交流基金アジアセンター 三陸国際芸術祭 2019

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す