others - その他ネタ

アメリカ主要メディア 仏ノートルダム大聖堂の火災 一面トップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
notre dame on fire ノートルダム 大火災

フランス・パリの観光名所ノートルダム大聖堂の大規模な火災について、アメリカのウォールストリート・ジャーナル、ニューヨークポストなどでも一面で報じている。

wall street journal notre dame ノートルダム ウォールストリート・ジャーナル

ウォールストリート・ジャーナル紙 一面トップ「炎がノートルダム大聖堂を破壊」

850年もの歴史あるローマカトリック教会の大聖堂… 現在も大司教座聖堂としても使われている。フランスのシンボル、ゴシック建築を代表する建物で、1991年にはユネスコの世界遺産にも登録されている。

wall street journal notre dame ノートルダム ウォールストリート・ジャーナル

2019年4月16日付けの「ウォールストリート・ジャーナル紙」一面トップ。時間単位でなにが起きたのか紙面で詳しく報じている。

wall street journal notre dame ノートルダム ウォールストリート・ジャーナル

850年もの歴史あるノートルダム大聖堂



wall street journal notre dame ノートルダム ウォールストリート・ジャーナル

2019年4月16日付けの「ウォールストリート・ジャーナル紙」より

400人もの消防士が消火活動を行い、ようやく落ち着いたそうだけど、どのぐらいのアートや遺跡が残っているのかは不明。屋根の塔は完全に崩壊したようだ。

New York Post notre dame ノートルダム ニューヨークポスト

“Paris in tears” 「パリ 涙に」とニューヨークポストもノートルダム大聖堂の悲劇を報じている。

カトリック教徒にとっては悲しいニュースだろうね。

notre dame on fire ノートルダム 大火災

さて、ちょっと、マイアミの外へと散歩しに行ってこよ。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 映画「MONSTERZ」に登場してるから「俳優デビューした」っと…
  2. 体調不良 寝る 写真 咳って…体力の消耗につながるんだね
  3. クリスマス & 音楽ライブイベント by なぎさGAR…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

高級珍味 山菜『タラの芽』を植えた ~ 田舎暮らしの半自給自足生活 ~ Iwagruma Anamizu Ishikawa 能登半島 石川県 穴水町 岩車 農山漁村の『岩車』に移住した理由 ~ 東京で“埋もれる”よりも田舎へ ~ 能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料亭”農家民宿 NHK 所さん 大変ですよ 爲 能登 石川県 メディア掲載: 今日(11月28日)のNHK総合『所さん!大変ですよ』に爲公史さんと登場!<その一> なぜ能登へ? su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学 「社会問題は優秀な人材が集まれば一気に解決できる」 シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
nuroモバイル ソネット 0SIM
  1. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  2. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  3. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  4. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  5. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。
  6. テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県

Pickup Post

  1. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  2. wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本
  3. スザーンロス
  4. 神山 ヒッピー

ランキング

PAGE TOP