“ざっくり”特集: クルマで“移動暮らし”できる時代 始まる『移動型定住』『動くX』 – 1 –

さて、今夜はためていた“ざっくり”ロングストーリー。

以前から“ちょい”だししていた“移動型定住”に関するもの。

=======
こんなクルマがあったら楽に暮せる時代が到来している。最近では『バンライフ』と呼ばれ、『車中泊』のイメージが刷新され始めている。

ハイエース クルマ 暮らし 家族

これはトヨタのハイエースがベース車両となっているアネックス社の「ファミリーワゴンC」

mobile lifestyle 移動型定住

自動車の進化、“工夫”した活用、従来の移動や運転のためだけでない自動車の世界が進行している。

自動運転もそろそろ。ここ数年から5年弱で定着してくるのではないだろうか。既に空飛ぶ車やタクシー試験運転も始まっている。

日本経済新聞によると、日本では2019年中に経済産業省と国土交通省が東京、大阪、福島、三重で「空飛ぶクルマ」の実証実験を開始するそうだ。(こちら

自動運転が始まると思ったら、既に空飛ぶクルマ。

ホント、そんな“不思議”な時代が到来しているのだ。もはや、ドラえもんの世界。



「クルマさんよ、自分が寝ていたら、この時間までに、次の目的地へと走って。で、到着45分前には必ず起こしてね」とクルマに話しかけるようになることだろう。

運転中には、膝にノートパソコンをのせて、自由に仕事、読書をしながら移動。

これまでナビがあった位置には、大きな15インチクラスのタブレットPCが設置され、キーボードを膝に、仕事をしながら快適にクルマ旅・移動をしていることだろう。

日本 テスラ 自動運転 パソコン クルマ Tesla Japan PC Car

テスラのダッシュボードは、もはやパソコン。Bluetoothでスマホをつなげて通話も可能。

テスラが既にそんな仕様となったクルマと言っても過言ではない。

そんなところまで“クルマ”は時代と共に走り、進化している。

“クルマ”と“暮らし”の融合が、そろそろあってもおかしくない時代になりつつある。



もう始まっている「モバイル」「動くX」な暮らし

都会のワンベッドルームのアパートに住むよりも、機動性あり、同じように快適に寝られるのであれば、クルマのほうが自由、楽しい、それにいろいろな意味でお得かもしれない。

ちなみに、田舎バックパッカーの“動く拠点”ハイエースの寝床は、快適過ぎで、冗談抜きで、家の布団やベットよりも深い眠りにつける。全てをフルフラットにすれば、大きさはクイーンサイズほどに。

家賃が5,000円~3万円以内ならば話しは別だが、毎月8万円、10万円、15万円+光熱費+維持管理+(クルマ所有者は)クルマ維持管理費や駐車場代 数万円というのは実にもったいない。

特にアパートなどの借家に住んだ場合だ。自身の家ではないので、極端に言えば、お金を捨てているようなもの。ワンルームで十分であれば、スペース的には自身のクルマでも十分。自身の“モノ”に投資したほうがお得感もある。

将来的に、借家は、こんな“暮らせるクルマ”と、それを停められるスペースと競合してくるのかもしれない。

ICT(情報通信技術)とクルマを利活用したサービスの基本概念「MaaS(Mobility as a Service (モビリティ・アズ・ア・サービス))」も誕生。

トヨタ モバイルホテル

トヨタ 車 研究所

世界大手の自動車会社 トヨタでもこのように「モバイル・ホテル」「モバイル・ショップ」という「イーパレット」のコンセプト・カーを紹介している。まさにこれはわかりやすい一例だ。

トヨタ イーパレット

トヨタの「イーパレット」 研究すら車内でできるようになる。

トヨタ ピザ 車

自動車会社から言えば、“動く”コンビニ、“動く”打ち合わせスペース、“動く家”なんてお手のもの、すぐに実現可能なのだろう。

って…もう既に、キャンピングカー、移動販売車、ハイエースやキャラバンなどのワンボックスカーをカスタマイズした「バンコン」と呼ばれるクルマが存在している。

今後、全てに関して“動く”がベースになりそうな予感だ。

これまでは、これらクルマをベース車輌に、キャンピングカーとして製造していたが、今後は、いわゆる“動くX”としてメーカー側が新たなスタイルのクルマを開発・販売する日が来ることだろう。

Continential社

2019年1月、米国ラスベガスで開幕した「CES 2019」でコンチネンタル(Continental)社が発表した自動運転車とロボット犬



それらモバイルがベースとなったクルマ「動くX」は自動運転機能や、空を飛んでいたりと、優れた様々な技術を搭載する。

そうなると、今後、自動車会社は、不動産や建築会社と連携しつつも、競合する存在になる。“モビリティ“がベース。

不動産会社は、建物でなく、豪華な”自動運転モバイルアパート”の賃貸を開始しているかもしれない。

よくよく考えると、家の取り壊し、引っ越し、修復などを考えると“動いて”くれたほうが効率も良い。

リサイクル・リユースも、固定された家よりもお手頃だ。だが、“動くX”を駐車する場所、炊事場所、トイレなどのスペースは必ず必要となってくる。

自動車をコアとした産業も一気に変化しそうな予感だ。

移動型のライフスタイルも確実に始まることだろう。

日本では、そもそもトレーラーハウス、キャンピングカーに暮らす人はまだまだ少数派。ハイエースや軽トラが、キャンピングカー仕様になることすら知らない人がほとんどではないだろうか。

だが、これだけ豊かになっている時代、そろそろ“動く拠点”、“動く家”、“移動型定住”という“モバイル”、“モビリティ”がベースとなった概念があっても良い時代だろう。(続きはこちら

Sales of oyster in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto 能登 牡蠣 穴水町 岩車 直販

お知らせ:「田舎バックパッカー」、牡蠣販売のサポート開始!
能登牡蠣 販売サポート中!水揚げ直後の牡蠣があなたの手元に“最速”翌日届く!

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す