Carstay - カーステイ

Carstay車中泊スポットレビュー①: 静けさと癒し求める都会旅人向けの筑波山「ムクムク」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Carstay 車中泊スポット レビュー 筑波山 ムクムク

つくば市での「つくばVAN泊」前日、Carstay(カーステイ)に登録されている筑波山(つくばさん)の「筑波山シェアスペースムクムク」スポットで車中泊した。

「ムクムク」からの眺めや静けさは最高。東京から「ムクムク」へは約1.5時間の距離で、わりと近い。

Carstay 車中泊スポット レビュー 筑波山 ムクムク

「都会での人混み、慌ただしい環境、騒がしさから解放されたい!」っと、クルマで“ちょい”ドライブ、ムクムクでゆっくりしたあとは、そのまま、ここで1泊するのも良いって感じのスポットだ。

夜到着して、「寝るだけ」の一晩限りの車中泊スポットとして利活用するだけでは、もったいない。

Carstay 車中泊スポット レビュー 筑波山 ムクムク

眺めが素晴らしいスポットだし、オーナ―の飯塚“かっち”さんは交流しやすい方で親切。

“かっち”さんが筑波山に移住した理由の一つは「音楽」だそうだ。“かっち”さんはDJをしていて、「“音”を出すときは、人がいないところがいいんですよ!」と話す。要するに、“雑音”がない場所が、音楽に適しているということだろう。音楽好きだ。

Carstay 車中泊スポット レビュー 筑波山 ムクムク

「音楽」を考えると、理想は静かな山で、最終的に筑波山にたどり着いたそうだ。おばぁちゃんがここ周辺出身なので、“部外者”よりも入り込みやすかったとのこと。

現在、大変な労力をかけて、無農薬でお米を作ったり、「Carstay」の他に、空きスペースのシェアリングサービス「スペースマーケット」にこの別宅を登録して、有料で貸し出すことなども行っている。

Carstay 車中泊スポット レビュー 筑波山 ムクムク

筑波山 ムクムクで一泊の車中泊後、コーヒーをいただいた。そもそもいただいたコーヒーが美味しいのだが、解放感あるスペースで飲むコーヒーは別格だ。

電話でチェックインに遅れることを伝えると、「道に迷うかと思うので!」と、メールで丁寧に詳しい道順を送ってくれた。

到着早々、運転席にいるぼくを見て、「この前、テレビに出てましたよね!?」と、“かっち”さんから質問され、「もう前から知り合いじゃないですか!」的な感じで意気投合した。

2018年末か再放送のテレビ朝日の特番を観てくれていたようで、お互い、すぐに打ち解けた仲となり、「飲みましょうよ!」と、ワインをご馳走になり、飲み語り始めたぼくら。

しかも、ぼくら二人、大のリユース好き。仕事は異なるが、“暮らし”のスタイルが似ていると感じた。

格好良く言えば、“廃材コレクター”ってやつだ w

あちこちから、人によっては、ただのゴミや廃材と思われているモノをリサイクル・リユース置き場で拾ってきて利活用。

「ムクムク」や家の建物内のものはリユースしているものが多いそうだ。

草刈り機の刃を使ったピザ、薪ストーブ、台などなど。



●「筑波山」のCarstayスポットどうだった?

Carstay車中泊スポット「ムクムク」からの眺め、静けさ、トイレ、オーナーなど、全体的にはかな~り良く、まさに車中泊スポットとしては最高な場所。

ポジティブ派なぼくに言わせると、全て満点になってしまうが… 気になったことは、2点だけかな。

① ムクムクは、その名「ム(6)ク(9)×2」から、1泊の料金を6969円にしたわけだが、安価なホテルと同様の額だ。

約7,000円なので、「ちょい高額かなぁ~」ってところ。

眺め、静けさ、施設の清潔感など総合的なことを考えると、「この料金ありかな?!」と思う人もいるのだろうが、クルマで車中泊しながら旅をする人の大半は、宿代をかけたくないからクルマで旅をしている人ばかり。

やはり、車中泊スポットやオートキャンプ場などは、安価なビジネスホテル、農家民宿、ゲストハウスよりも安い額が打倒と感じてしまう。

② もう一つ気になった点は車中泊スポット「ムクムク」までの道幅だ。

「ムクムク」までの最後の道30メートルの幅がかな~り狭い。

軽自動車、普通車、標準型ハイ―エスなどであれば楽勝だろうが、ぼくの“動く拠点”ワイドワゴンのハイエースの横幅約190センチがぎりぎりだと思う。

大型のキャンピングカーでは通れないだろう。一歩間違えたら脱輪となり、車中泊断念となる。

Carstay 車中泊スポット レビュー 筑波山 ムクムク

「ムクムク」の車中泊スポット

ただ、総合的には、「ムクムク」は本当に素晴らしいスポット。

「癒し」「落ち着いた空間」「静けさ」を求めたり、「人混みから解放されたい」人には最高のロケーション。トイレもかなり綺麗。異性問わず、大満足できるかと思う。

オーナーの“かっち”さんは優しいし、子供もいるので、子連れでも、ファミリーの気持ちがわかる人。

「Carstay」の利用は今回が2つ目だったが、「最高じゃない?!いいじゃん、いいじゃん!」と感じられるスポットと遭遇してしまった。ちなみに、1つ目は岐阜だったのだが、現在、閉鎖しているため、レビューはしないことにした。

ただの車中泊スポットとしてだけでなく、クルマ旅の一“目的地”、いわゆる“ちょい”観光や“癒し”のスポットとしても抜群のスポット。

そういった感覚で、「ムクムク」へ行けばいいじゃない?!と感じた。

Carstay 車中泊スポット レビュー 筑波山 ムクムク

「ムクムク」のオーナーと記念撮影。いやぁ~素晴らしいい車中泊スポットでした。クルマ旅問わず、やはり旅の醍醐味は出会いだね。旅は出会いがあるから楽しくなる。

そう思うと、モノは考えようだ。「ここで1日を過ごす!」となると、約7,000円は悪くない額なのかもしれない。ホテルや民宿の一室、普段、クルマ旅人が車中泊する「道の駅」やサービスエリアなどとは大違いの自然環境だ。

ハイエース 車中泊 娘と車旅

これが、Carstayに登録された車中泊スポットの良い点。全てのスポットというわけではないが、これが「道の駅」や「サービスエリア」との大きな違いかな。

とにかく、リラックスできるスポット。今回は残念ながら曇っていたが、快晴のときに再訪し、夜、星空撮影もしてみたい。

今回は少し急ぎ足でのクルマ旅となったが、次回はもう少し“ゆっくり”できるときに行って、また、“かっち”さんと飲みながら語りたい。

筑波山シェアスペースムクムク Carstay レビュー

また、最後に追加しておくが、これまでにない車中泊スポットを見つけたい、隠れ家的な車中泊スポットを見つけたい、って人、「Carstay」の利活用をお薦めしたい。

もう既に道の駅、サービスエリアなど、グレーな車中泊スポットは行き尽くされ情報が溢れている。

「Carstay」は新たな面白みを求める旅人にも向いているサービスと感じた。

「Carstay」車中泊スポット「筑波山シェアスペースムクムク」はこちら

さて、これから、娘と一緒に、「つくばVAN泊」へと向かう。

つくばVAN泊

 

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. nikko rv park 日光 東照宮 車中泊スポット 日光の紅葉絶頂期、“老舗”通信大手NTT東日本が日光にCarst…
  2. campervan rv spots in Nagano Kinasa Japan 長野県鬼無里 おやき いろは堂 車中泊 RV スポット Carstay車中泊スポットレビュー: 発掘感掻き立てる長野市鬼…
  3. hiace campervan annex family wagon c アネックス ファミリーワゴン ハイエース <写真で見る>「バンシェア」で共用される「VANLIFE STO…
  4. Carstay 代表 社長 宮下 テリー 伊藤 カートラベルジャパン 『VAN LIFE』カンパニーのスタートアップ Carstayが…
  5. onsen campervan rv spots 埼玉県 おふろcafé utatane 車中泊スポット レビュー Carstay車中泊スポットレビュー: 500円で車中泊 都会の…
  6. campervan tv dramaテレビ東京 絶メシ 車中泊 ドラマ 車中泊が超旬?!テレビ東京のグルメ✕車中泊ドラマ「絶メシロード」…
  7. 日本1周 えりたく夫婦 ユーチューブ メディア掲載: スズキ軽ハスラーで日本一周夫婦のユーチューブ「え…
  8. Youtuber Tomo san ユーチューバー 勝村知由 ともさん 車中泊 撮影 「田舎バックパッカーハウス」Carstay車中泊スポット初のお客…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所 “ざっくり”特集:「豊かな車上生活」ができる時代 < VANLIFE 2 > 高級珍味 山菜『タラの芽』を植えた ~ 田舎暮らしの半自給自足生活 ~ 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
nuroモバイル ソネット 0SIM
  1. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  2. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  3. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  4. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  5. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。
  6. テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県

Pickup Post

  1. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  2. wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本
  3. スザーンロス
  4. 神山 ヒッピー

ランキング

PAGE TOP