田舎で仕事: 今週末は東京と鎌倉で“私事”の打ち合わせ

今週末は“私事(しごと)”の打ち合わせ。東京へ“旅”したときは必ず私事を絡ませる。家族を支えつつのフリーランス/個人事業主だと、「ただ単にどこかへ行く」ってのは中々難しいし、いろいろと絡めたほうが、もろもろの楽しくなる。(前回のお話しはこちら

一体どんなお“私事”だったのか?

まず、土曜日は新宿へ。

Shinjyuku station 新宿駅 混雑

新宿にはホント多くの人がいるなぁ。ここ100メートル歩けば、移住先・能登穴水町岩車の人工140人に匹敵する人数とすれ違うほどだろう。

新宿はなかなかビル風が強く、寒い。鎌倉にいるときとは一変、新宿の体感温度は「移住先・能登と同じぐらいじゃない?!」「やっぱ冬って、どこ行っても変わらず寒いもんだなぁ」と思ってしまう。先月(2018年12月上旬)も東京へきたときに、そう感じたことを覚えている。

やっぱり東京のような都会へくると、「早く田舎・能登へ帰りたいなぁ」と考え始めてしまう。やっぱり、もう少しオープンスペースで暮らしたくなる。

さて、今回、新宿へはなにしに来たのか?

田舎/地方の空きスペースを車中泊、キャンピングカーの駐車場、“軽い”オートキャンパースペースとして共有し、その空きスペースのオーナーと、クルマ“旅人”利活用者をクラウド上のプラットフォーム「カーステイ」でつなぐサービスを展開する代表の宮下晃樹(みやした こうき)さん。

Carstay Koki Miyashita カーステイ 宮下晃樹

カーステイ代表の宮下晃樹さん。新宿本社近辺にある中華料理屋で食事をしながらの打ち合わせ。

ざっくりではあるが、カーステイを開始することで、「日本をどんどん発掘していく!」ことを目指している。(カーステイに関しては別途書いているところ)

Shinjyuku station 新宿駅

東京・新宿駅周辺。クルマも多いなぁ〜。



そして、もう一人は、元・いろどり(徳島県上勝町)取締役でフリーランスとして起業、田舎の農・生産者と、仲買人や料亭などをダイレクトでつなごうとしている大畑悠喜(おおはた ゆうき)さん。

irodori ohata いろどり 大畑さん 鎌倉 樹ガーデン

元いろどり大畑悠喜さん。2012年ごろ、いろどりで出会った。彼とは長い付き合いだ。田舎/地方の生産者と、都会の料理人や仲卸を“つなげる”壮大な事業を展開しようとしている。

彼は今、地方の現場を包括的にサポートする地方活性化サービスを展開しようと、個人で必死に動いている。全国の「おばぁちゃん・おじぃちゃんを元気にする」そんな夢を持つ。

irodori ohata いろどり 大畑悠喜

irodori ohata いろどり 大畑さん 鎌倉 樹ガーデン

鎌倉の天空カフェ「樹ガーデン」で元いろどりの大畑悠喜さんと打ち合わせ。“農”の次世代のシステムづくり展開しようとしている。

今年はぼくも可能な限り、地方・農作物や魚介類の生産者をダイレクトで個人や料亭などとつなぎたいことから、なんらかの形で連携できればいいなぁと思っているところ。(大畑さんに関してはこちら

そんなこんなで1月5日・6日が過ぎたわけだが、ぼくにとっては素晴らしい感じの2019年のスタートだった。

自身にとって、全てが「田舎/地方」つながりの“私事”。

中川生馬 誕生日

そして、第一弾目のぼく誕生日!とうとう、「4」の代に突入。

そんな感じで、2019年年始の鎌倉での“私事”旅を終え、能登への帰路が始まる。

結生も打ち合わせに参加。

明日(月曜日)か明後日(火曜日)に、ぼくら田舎バックパッカー親子は能登へと向けて走り始める。

それにしても、やっぱりフリーランス、個人事業主というのは「生きてる」感があるなぁ。(続きはこちら(後ほどアップ予定))

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す