徳島県神山町へのバックパッカー旅の途中、町工場のトイレで見かけた言葉

さっと、パソコンの写真フォルダーを開くと、この1枚の写真が目に留まった。

2011年6月、徳島県神山町へのバックパッカー旅の途中、町の小さな自動車整備屋さんでトイレを貸していただいたとき、この言葉を見かけた。

この道を行けば どうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 踏みだせば その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかる

トイレの壁に、ぶら下がっていた言葉。印象に残ったので、写真を撮った。自分で信じ込んだ道と、この言葉“具合”が合致していたからだろう。

2度目の神山へのバックパッカー旅のときだった。(ちなみに、2度目の神山へのストーリーはまだ書けていない…)

この言葉、“なんとなく”わかっていても、実際、それを「行動」に起こすということは難しいこと。迷いに迷い、「一歩」を踏みだす。

大きな一歩は、大きく人生を変えると思う。

なんらかの「結果」が見えるのは、まだまだ先かもしれない。

人生100年時代」とも言われている。

「人生長いじゃん、まだ“一歩”を踏む時間なんて沢山あるじゃん!」と思う人もいるかもしれないが、「毎年、1年というのはあっという間。年をとればとるほど、体も動かなくなってくるだろうし、どうなるかわからない」という考え方もある。実際、自身、40歳ちょ~い手前…「体」部分に関しては、ちょいちょい体感している。

ぼくのまだまだ浅い経験からだが、

人生迷ったら、一歩、二歩ぐらい、「実験」「テスト」的に踏み出しても、いいんじゃない?

もちろん、あらゆる面で、ある程度の「備え」「熟考」というのは必要だ。

昔以上に、はるか~に豊かな時代に生きているぼくら。いつでも「方向転換」「軌道修正」はきくはず。

この道を行けば どうなるものか 危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 踏みだせば その一足が道となる 迷わず行けよ 行けばわかる

それは「本人」がやってみないと、わからない

そんなことを感じながら、今後も人生を歩みたい。

リンダ・グラットン

人生100年時代をテーマにした「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」の著者で知られるリンダ・グラットンさんなどを取材したときの内容はこちら。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す