Public Relations - 広報の仕事

田舎で仕事『広報』: 穴水町からNHK金沢支局へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
NHK 金沢支局 Kanazawa branch 石川県 広報

ぼくは現在、穴水町に移住した一人が開業するお店の広報をサポートしている。その広報関係の仕事で、今日は久々にNHK金沢放送局へとクルマを走らせた。

その彼は去年(2017年)穴水町に移住、現役で看護師をしつつ、お店を開業しようと忙しい日々を送っている。

NHK 金沢支局 Kanazawa branch 石川県 広報

ぼくのメインとなっている仕事の1つは「広報」だ。簡単に言えば、報道関係/メディアに向けた“情報発信”屋さんである。

情報の流れを式にすると… 企業/お店 ⇒ 広報担当 ⇒ 報道関係社/メディア ⇒ 一般/大衆 となる。広報は、メディアの情報窓口。メデイアは基本、広報から情報を得て、報道をするわけだ。

ぼくの広報関連の仕事の多くは、東京のITベンチャー企業ばかり。

穴水町内で「広報」の仕事をするのは今回が初めて。

石川県内では今回が2つ目の広報案件となる。以前は、金沢にある繊維職人や企業とデザイナーなどをつなぐ「セコリ荘 金沢」の広報をサポートした。

田舎/地方で『広報』と聞くと、役場が配布する「広報誌」的な冊子をイメージする人が多いかと思う。「へー、あの広報誌にモノ書いているのね」と勘違いされることは多い。

もちろんのこと「広報誌」も、1つの「広報」ではあるが、あれはあくまでも、役場が“主観的”に載せたい情報を一冊子にまとめて発信しているもの。



それも広報ではあるが、「広報誌」は、町民の町内情報レベルを均一に統制するための宣伝ツールの一つ「内部広報」ある。全町民向けの大規模“回覧板”みたいなものである。

繰り返しにはなるが、広報誌の内容は“主観的”に書かれ、良いことのみしか書かれていないのがほとんど。

メディアが発信するような“客観的”要素は、全く含まれていないと言い切っていいだろう。

ぼくがここで言う「広報」とは、対メディアへの情報発信、記者やレポーターと呼ばれる人たちへの情報の“売り込み役”、「対外広報」である。

広報は、記者やレポータ―などの報道関係者に対して、客観的な視点で掘り起こした情報を発信する。

広報が熟考しなければいけないポイントは、宣伝したい商品やサービスの“最大の特長”、簡単に言えば、他社との大きな違い“比較優位性”と、それに関する“ストーリー”だ。

広報は、社会的かつ季節的事象/背景などの“流行り”も十分考慮し、それら情報を報道関係者向けに“カスタマイズ(加工)”、その情報を記者に提供、それら情報が記事化や報道されるように、メディアに対して“営業”をかける、折衝活動を行うわけだ。

わかりやすい表現として、“営業”とは言うが、広報とメディア間では一切お金のやりとはない。

メディアに支払いをして新聞やテレビCMにつなげるのは「広告」の役割で、「広報」と「広告」は全くの別物である。

記事など、記者が大衆に届ける報道内容というのは、客観的な視点で書かれたものばかりなので、大衆はその情報を信頼することから、その一連のプロセス「広報」のインパクトは絶大と言える。

NHK 金沢支局 Kanazawa branch 石川県 広報

格好良くいえば、「広報」とは、社会の一“ネタづくり屋さん”。

簡単ではあるが、それが「広報の仕事」である。

まぁ、そんなこんなで、今日は「広報」のお仕事で、NHK金沢放送局のディレクターを訪問しに行ったのであった。

それにしても、この日の金沢への田舎“仕事”旅…

久々に“動く拠点”ハイエースの給油マークが点灯、少々焦りながらの帰りとなった。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 読売テレビ バンライフ 車中泊 カーステイ Carstay 【メディア掲載】大阪の読売テレビ「かんさい情報ネットten.」に…
  2. 福島 サッカー リトグリ テーマソング 福島県でのサッカー国際親善試合でリトグリが生ライブ
  3. 日本の田舎/地方からアメリカ・ユタ州とオレゴン州への空旅 ~ バ…
  4. 仕事場を自由に選ぶ とある一日 ~ 能登・穴水町岩車で“地”と“…
  5. 日経 5月5日 カーステイ テルモ ダブルな嬉しさと必然的な偶然!?元上司が転職した会社の記事が隣に…
  6. バックパッカー フェイスブック ページ INAKA-BACKPACKER フェイスブックページオープン
  7. Quora QAサイト CEO 取材 アダム・ディアンジェロ Adam D’Angelo Facebook CTO interview 田舎で仕事『ライター』:機械学習活用した新たなQAサイト『Quo…
  8. Quora QAサイト CEO 取材 アダム・ディアンジェロ Adam D’Angelo Facebook CTO 田舎で仕事『ライター』:信頼性高いQAサイト『Quora』記者会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に “歯が抜けてまで”制作した『上勝くるくるまっぷ』の中身とスゴさ アネックス リコルソ キャンピングカー 国内旅行はバックパッカー+クルマで楽しくなる、オフィスや寝床がある動く秘密基地が欲しいと思ったら Japan's 'campervangelist' extolls the benefits of life on the road 【メディア掲載】日本最大の英字紙『The Japan Times』やアメリカのRVニュースサイトに登場 su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学 「社会問題は優秀な人材が集まれば一気に解決できる」 シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに

能登・石川県穴水町岩車の牡蠣<かき>販売サポート中!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売

日本初の住める駐車場・車中泊スポット「バンライフ・ステーション」併設型 シェアハウス in 能登・石川県穴水町

はなびらだけ 大井川電機
  1. 石川テレビ バンライフ ishikawa tv vanlife media
  2. Carstay CMO 田端信太朗 資金調達
  3. ドキュメント ユーチューブ 能登 石川県 穴水町 中川生馬 取材
  4. kinto carstay キャンピングカー プレゼント

Pickup Post

  1. 鎌倉 樹ガーデン 穴場 カフェ
  2. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  3. 田舎体験 能登
  4. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan

ランキング

PAGE TOP