Noto Anamizu Town - 能登 穴水町

仕事しながら“ちょい”田舎旅: 穴水町『あすなろ広場』 “巨大”屋根付き 奥能登最高の車中泊スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット

能登・穴水町(石川県) – 暖かくなってきた春、ハイエースがベース車両となっている“動く拠点”で“私事(しごと)”=仕事を始めている。暖かいときは、この“動く拠点”で“私事”をすることが多い。

“動く拠点”は、アネックス社がハイエースをカスタマイズした「ファミリーワゴンC」で、ぼくの“動く拠点”には、大きな着脱テーブルを特別なワークスペースをつくりこんでいる。

ルーフキャリアには250ワットのソーラーを積んでいることから、晴れていれば電気に困ることもない。パソコンやパソコン周辺機器での作業も普通のオフィスと変わらない。“動く拠点”で私事をしたほうが、電気代の節約にもつながる。

どこでも“私事”ができ、どこでも寝ることができる…それが“動く拠点”なのだ。

Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット

今日の“動く拠点”での“私事(しごと)”スポットは穴水町中にある「あすなろ広場」近くの漁港。

広〜い芝生スペース、そして周りは海に囲まれていることから、広々していてスペース感あるスポットだ。

漁師、散歩している人、たまにドライブでやってくる人などが通り過ぎる程度なので、静かに落ち着いて私事ができる。

Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット

【山の上に見えるのは穴水町のホテル「キャッスル真名井」】

また、ここ「あすなろ広場」には屋根付きの駐車スペースがある。北陸の冬、奥能登では、車中泊スポットとして一押しの場所だ。

もちろん冬だけではない。季節問わず、万が一雨が降った場合を考えても最高の場所だ。ただ、惜しい点はトイレが少し遠いこと。屋根付きの駐車場から約70メートルは歩かないといけない。

天候が悪い冬、「あすなろ広場」には屋根があることから、地元の人たちは、ここを犬の散歩エリアとしても活用している。



ほとんどのクルマ旅人、バックパッカーは、モバイル機器でインターネットにつなげているかと思うが、ここ「あすなろ広場」には、無料Wi-Fiが導入されたので、無料でインターネットにつなぐことができるので、自身のWi-Fiのギガ数を無駄にすることなく、“私事”をすることができる。

無料Wi-Fiが導入されたのは、2017年の夏頃だったかと思う。

さて、次はどこで“私事”をするか…

Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット

●“動く拠点”について

田舎旅する…バックパッカーの“動く拠点”は、トヨタのハイエースがベース車輌となっている旅仕様のクルマだ。クルマをキャンピングカー仕様にカスタマイズするアネックスの「ファミリーワゴンC」を“動く拠点”と名付け、純正のモノをさらにカスタマイズしている。

“動く拠点”の中には、大きなデスクを搭載した仕事環境「ワークスペース」と、リラックスでき寝床にもなる「リビング」がある。キングサイズにも展開できるベットは家の布団よりも快適だ。

旅にも電気が必要不可欠。この“動く拠点”のルーフには250ワットのソーラーパネルを装備、エンジンバッテリーの他、別途サブバッテリーを2個積んでいて、100ボルトの電源も使用できるため、パソコンやスマートフォンなどの電機機器の充電はもちろん、私事もできる。ネットにはデータ制限のない格安SIMを活用して、SIMフリーのスマホでテザリング。最近、モバイルWiFiルーターからテザリング方式にネット接続を切り替えた。

現代のあらゆるテクノロジー/技術、昔ながらのモノ、そして自身のスキルをフル活用しながら生きる。

ぼくら田舎旅するバックパッカーファミリーの唯一の“動く家”モバイルハウスだ。

2010年からバックパッカー旅を開始し、2012年、この“動く拠点”を導入。これをベース基地にして、バックパックを担いで旅歩く。2013年、神奈川県鎌倉市/平塚市から能登・穴水町岩車(石川県)に移住し田舎暮らしが始まるが、国内外の田舎/地方を旅しながら、時には“動く拠点”が、時にはストリート/テントを家とする。

現代版「遊動民」の“移動型定住”スタイルの生き方を目指す。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 穴水町 体育協会新年会 Anamizu new year party tennis 能登での田舎暮らし:結生との1日、町体育協会新年会、そして“ちょ…
  2. 能登・穴水町 能登鹿島「能登さくら駅」(石川県) - 晴れたらこんな感じの駅になる。桜の時期、クルマを“動く拠点”にしたバックパッカー奥能登旅も楽しい。ただ、駐車スペースがほとんどないため、気を付けたいところ。 日本を代表する能登の“桜駅”の満開は近い ~ 駅全体で80~90…
  3. <動画あり>最近の投稿一覧 – その二『地方の“政治…
  4. 田舎時間 穴水町 議員 新田信明 day 59 石川県 穴水町での「田舎暮らし」初日 役場の新田信…
  5. 穴水町の空き家 田舎の空き家情報 empty houses in japan rural area countryside <写真で見る>能登・穴水町の とある一軒の田舎/地方の空き家
  6. 能登半島 豪雨 Huawai Mate9 カメラ <動画あり>豪雨が続いた能登半島・穴水町 ~ 蒸し暑くなってきた…
  7. day 7 石川県穴水町で岩本さん、倉本さんとの出会い
  8. 蔵カフェ 菜々 家族の“楽暖”感じる能登・穴水町の『蔵カフェ 菜々』、テレ朝「人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

NHK 所さん 大変ですよ 爲 能登 石川県 メディア掲載: 今日(11月28日)のNHK総合『所さん!大変ですよ』に爲公史さんと登場!<その一> なぜ能登へ? wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本 北海道へのバックパッカー旅: 日本で最も大きい野生動物マッコウクジラと国後島側にいたシャチ 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から 車載 炊飯器 Cook rice in a car バンライフ&車中泊アイテム: クルマで炊飯ってできるの?!

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
nuroモバイル ソネット 0SIM
  1. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  2. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  3. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  4. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  5. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。
  6. テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県

Pickup Post

  1. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  2. wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本
  3. 神山 ヒッピー
  4. 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa

ランキング

PAGE TOP