仕事しながら“ちょい”田舎旅: 穴水町『あすなろ広場』 “巨大”屋根付き 奥能登最高の車中泊スポット

能登・穴水町(石川県) – 暖かくなってきた春、ハイエースがベース車両となっている“動く拠点”で“私事(しごと)”=仕事を始めている。暖かいときは、この“動く拠点”で“私事”をすることが多い。

“動く拠点”は、アネックス社がハイエースをカスタマイズした「ファミリーワゴンC」で、ぼくの“動く拠点”には、大きな着脱テーブルを特別なワークスペースをつくりこんでいる。

ルーフキャリアには250ワットのソーラーを積んでいることから、晴れていれば電気に困ることもない。パソコンやパソコン周辺機器での作業も普通のオフィスと変わらない。“動く拠点”で私事をしたほうが、電気代の節約にもつながる。

どこでも“私事”ができ、どこでも寝ることができる…それが“動く拠点”なのだ。

Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット

今日の“動く拠点”での“私事(しごと)”スポットは穴水町中にある「あすなろ広場」近くの漁港。

広〜い芝生スペース、そして周りは海に囲まれていることから、広々していてスペース感あるスポットだ。

漁師、散歩している人、たまにドライブでやってくる人などが通り過ぎる程度なので、静かに落ち着いて私事ができる。

Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット

【山の上に見えるのは穴水町のホテル「キャッスル真名井」】

また、ここ「あすなろ広場」には屋根付きの駐車スペースがある。北陸の冬、奥能登では、車中泊スポットとして一押しの場所だ。

もちろん冬だけではない。季節問わず、万が一雨が降った場合を考えても最高の場所だ。ただ、惜しい点はトイレが少し遠いこと。屋根付きの駐車場から約70メートルは歩かないといけない。

天候が悪い冬、「あすなろ広場」には屋根があることから、地元の人たちは、ここを犬の散歩エリアとしても活用している。



ほとんどのクルマ旅人、バックパッカーは、モバイル機器でインターネットにつなげているかと思うが、ここ「あすなろ広場」には、無料Wi-Fiが導入されたので、無料でインターネットにつなぐことができるので、自身のWi-Fiのギガ数を無駄にすることなく、“私事”をすることができる。

無料Wi-Fiが導入されたのは、2017年の夏頃だったかと思う。

さて、次はどこで“私事”をするか…

Anamizu backpacker tent spot 穴水町 車中泊スポット

●“動く拠点”について

田舎旅する…バックパッカーの“動く拠点”は、トヨタのハイエースがベース車輌となっている旅仕様のクルマだ。クルマをキャンピングカー仕様にカスタマイズするアネックスの「ファミリーワゴンC」を“動く拠点”と名付け、純正のモノをさらにカスタマイズしている。

“動く拠点”の中には、大きなデスクを搭載した仕事環境「ワークスペース」と、リラックスでき寝床にもなる「リビング」がある。キングサイズにも展開できるベットは家の布団よりも快適だ。

旅にも電気が必要不可欠。この“動く拠点”のルーフには250ワットのソーラーパネルを装備、エンジンバッテリーの他、別途サブバッテリーを2個積んでいて、100ボルトの電源も使用できるため、パソコンやスマートフォンなどの電機機器の充電はもちろん、私事もできる。ネットにはデータ制限のない格安SIMを活用して、SIMフリーのスマホでテザリング。最近、モバイルWiFiルーターからテザリング方式にネット接続を切り替えた。

現代のあらゆるテクノロジー/技術、昔ながらのモノ、そして自身のスキルをフル活用しながら生きる。

ぼくら田舎旅するバックパッカーファミリーの唯一の“動く家”モバイルハウスだ。

2010年からバックパッカー旅を開始し、2012年、この“動く拠点”を導入。これをベース基地にして、バックパックを担いで旅歩く。2013年、神奈川県鎌倉市/平塚市から能登・穴水町岩車(石川県)に移住し田舎暮らしが始まるが、国内外の田舎/地方を旅しながら、時には“動く拠点”が、時にはストリート/テントを家とする。

現代版「遊動民」の“移動型定住”スタイルの生き方を目指す。

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す