INAKA Lifestyle Experience - 田舎ライフスタイル体験

田舎体験:能登での座禅に大驚き ~ 4歳でもできる座禅?! ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

先月2月24日(土)~25日(日)に開催した「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」の続き。のと里山空港 到着早々 向かった先は輪島・与呂見地区にある禅寺 龍昌寺(りゅうしょうじ)。(前回の田舎体験ストーリーはこちら

この龍昌寺の敷地内には1つのコミュニティが確立していて、敷地内に建っている5軒の家に5世帯・14人が住み、みんなで、畑や田んぼ、冬には餅つき、味噌づくりなどをして、半自給自足暮らしをしている。風呂は薪がベースとなっていて、龍昌寺の共同スペースにある。

さて、薪ストーブを囲み、のんびりした後は座禅の時間。

静かに自分と自分を取り囲む“存在”にフォーカス。「自分の時間」に集中する。

「自分と向き合う時間」と対面する。忙しい日々、いまや、「自分の時間」に集中するのは貴重な時間…

しかし、座禅で、無心になることは不可能だ。静かになると、自分と向き合い始め、空っぽの頭の中が、あらゆる考え事でいっぱいになる。

しかし、頭を過る考え事や疑問などは全て自分が感じていること。それが頭の中を駆け巡るのはきっといいことで、それが、「自分との時間」ってやつなんだと思う。

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

ここで少しだけやり方を学べば、それはどこでも実践することができる。

いつも、みんなが体験しているとき、娘・結生は啓子さんと一緒にキッチンで過ごし、座禅に参加することはない。

結生はまだ4歳だが、1つのことに集中することが得意なときがある。「なんでも集中できる」っというわけではないが、例えばパズルの場合、完成するまでずっとパズルをしている。

座禅はどうだろうか?

「結生もやってみな」と、今回はみんなと一緒に座禅にチャレンジ。無理やりというわけではない。もし難しいようであれば、座禅をするみんなに迷惑かけることなく、2人でこの場を退くつもりだ。

結生の座禅はどんな感じだったのか、以下に綴る。

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

 

4歳の座禅はいかに?どのくらい耐えられるのか?

11:50ぐらいから瞑想時間が始まる。場所は龍昌寺の本堂にて。

驚くことに、結生は「とりあえずやってみるか」モードっぽい。

左隣には住職の和樹さん、右隣にははぶちゃんが座っている。

姿勢は右に曲りつつも、「座禅らしい」格好で座っている結生。首を右に、みんなの様子をたまに伺うが、基本、ずっと座っている。

結生の視野に入らにように、ぼくは5~6メートル後ろで結生の様子を伺う。万が一、泣き出したり、立ち上がったりしたら、みんなに迷惑が掛からないよう、外へと連れて行くつもりだった。

しかし…



10分が経過。結生は未だに座っている。眠くもなさそうだ。

ぼくは1人、結生含めみんなの様子を伺いつつも、写真を撮るなどして、静かに座っていた。

「きっとみんな、『結生ちゃんいつまで座禅に耐えられるかなぁ』とか考えているんだろうなぁ」と、ぼくは1人考え始める。

結生はかなりの落ち着き具合…

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

12:03少し辛そうだ。というか、悲しそうな感じで息を吸ったと思う。っと… あとあと考えると、そう勝手に結生を解釈しているのは、親としてのぼくだけかもしれないが。

結生は「みんな、長いこと目を閉じて座っているなぁ… みんな大丈夫かなぁ?」と心配しているのだろうか…

途中、結生は背筋を伸ばすなどしているが、結生の動きを伺う限り、起きている様子。

12:09、結生が後ろに座っているぼくの方に振り向くように首を動かした。

その瞬間、ぼくはあえて目を閉じる。

結生は、「あっ!父ちゃんも寝ている!」と思ったのか、ぼくに話しかけることなく、また壁へと振り返り、瞑想をはじめた。

たまに風でドアが震えている。風で障子が動く。

外からなにかの音楽が聞こえる。

25分が経過し、座禅が終了した。

みんなが動いた瞬間、結生は「終ったのぉ~」のような顔をして笑顔になっていた。

「結生、頑張ったね~」とぼく。結生にとっては、この座禅はどうだったのだろうか。大したことなかったのだろうか。

みんなは、「え!?結生ちゃんいたの?!」「すごい〜」と驚いていた。

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

田舎での自然との暮らしが、結生の集中力を高めているのだろうか…

座禅の静けさは結生にとっては“普通”なのだろうか…

久しぶりに行った龍昌寺。ここ龍昌寺で1人、落ち着いて過ごしたいと思い始めている自分。

近々、1人で行こうと思っている。

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

さて、昼食の時間だ (続きはこちら)(続きは明日)

輪島 龍昌寺 座禅 meditation zen temple in Ishikawa Japan

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. cultural experience in Anamizu Ishikawa 石川県 穴水町 文化 田舎体験 アメリカ人一家、能登で田舎/文化体験 薪ストーブ囲って牡蠣メイン…
  2. 輪島 珠洲 塩田 体験 究極の塩 トキオ ソフトクリーム 田舎体験 2日目 奥能登一周 輪島の「塩の駅 輪島塩」 ~ 売り…
  3. 水揚げ体験 牡蠣漁の体験 <写真で振り返る>『ヤスヨとヤスコ』、能登空港 到着早々 牡蠣の…
  4. inaka countryside experience noto wine 穴水町 田舎体験 田舎暮らし 能登ワイン 田舎体験:ナパ・バレー ワイナリーのルーシー “半日”で能登体験…
  5. 能登の田舎体験 奥能登での田舎体験の内容を更新中 ~ 牡蠣の水揚げ体験から奥能登…
  6. のと発酵マルシェ 2016 田舎体験 2日目 奥能登一周 『のと発酵マルシェ』へ
  7. Visitors from South Africa 南アフリカ 能登 石川県 訪問 宿泊 田舎体験: 南アフリカから能登 岩車への田舎旅「ここが一番良かっ…
  8. フィリピン バックパッカー 旅 ブロガー ツアー Ceb-Juanderers Philippines blogger travel tour 田舎体験:フィリピンへのブロガーツアーでつながった仲間 4回目の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

穴水町 星空 天の川 Milky Way in countryside Japan 星空旅スポット: 能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~ 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan 田舎へのバックパッカー旅の背景『ぼくの人生 これでいいのか』の自問自答 “歯が抜けてまで”制作した『上勝くるくるまっぷ』の中身とスゴさ brown bears on shiretoko peninsula in Hokkaido Japan ヒグマ 羆 知床半島 北海道 日本 日本の陸で最も危険な野生動物 ヒグマに遭遇 北海道知床で 仕事しながら“ちょい”田舎旅: 岩車の“海”に椅子をセットして

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP