Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

能登での田舎暮らし:フリーランスの至ってシンプルで忙しい一日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【編集・追加中】この日はいい夕方、夕焼けだった。何度でも見られる夕焼け。

さて、「フリーランスってどんな1日の始まりなの?!」今日は至ってシンプルな一日について、移住先・岩車の景色の写真を載せながら、ちょいプライベートなトークを綴ろうじゃないか。

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車

日々、ぼくは大体5:30前には起きている。2010年、旅が始まって以来、毎日が楽しい+忙しいからだろう。寝なければいけないのだが、「できるだけ起きて、いろんなことに取り組んでいたい。寝たくない」という日々が続いている。起床は早い。まぁ、とは言っても、やっぱり眠くなるけどね。

夜は大体2:00頃には寝るが、その日によって異なる。



遅いときは3:00、4:00ごろまで仕事で起きていることが多い。ここ1週間は早く、夜中までには寝ていることが多い。

朝は洗濯、食器洗い、家の片付けなどから始まり、それらを一気に終わらせる。7:30ごろ、家の前まで来てくれる光琳寺保育所のバスまで結生を送り、奥さんは近所の農家でバイトへ。最近は、ワラビ&カボチャ女になりつつある。

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車 能登

ぼくは物事をサクッと綺麗に、可能なかぎり完璧に近い形で、終わらせるタイプ。掃除や家の片付けに関しては手際よく素早く終わらせる。

当然のことかもしれないが、結生にはお皿の上で食べること、お皿をさげること、お片付け、“やりっぱなし”にしないこと、一つずつ物事を終わらせることなどを、教えている。例えば、食後、お皿をさげることを忘れて、玄関で靴を履き始め、外へ出ていこうとすると、「お皿さげてね~!1つずつ終えてからね」と注意する。

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車

娘に、真剣に話したり、もちろんときに怒ることもあるが、基本、「はい」と言うことをしっかりと聞いて、最終的には、きちんと、やらなえればいけないことを行うので、親ばかな表現にはなってしまうが、本当に“良い子”に育っていると思う。

そう細かいことではなく、当然なことだとは思うが、小さなうちから、「当然なこと」「基本的なこと」の対応に慣れると、それらが体に染み込み自立したときが楽である。



その後は、あとはいかに自分をもつかである。

一方… 奥さんの汚しっぱなし・こぼしっぱなしなど、いわゆる“やりっぱなし”は、めちゃくちゃ多く、それを言っても、なかなか聞いてくれず、「またか…」「根本をなおしてくれれば、言う必要ないんだけどなぁ」と思いつつも、可能な限り優しく注意するわけだが、ストレスがたまると、大変なことになるので、最近は“言うこと”を控えている。ドアの開け閉め、お皿の裏が洗えなかったり、コーヒーのこぼしっぱなし、あらゆる瓶の蓋が閉められなかったり、歯ブラシ後、なぜか歯ブラシを洗えないのか歯磨き粉を落とせなかったりなどなど…「え?!なんでこれ最後まで終わらせられなかったの?!(-_-;)」という…“中途半端”な事態が多い。

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車

正直なところ、ぼくは性格上、“ざっくり”タイプで、そんな細かいことを言っているつもりはない。それで、ぼくが「またやりっぱなしだよ~」と普通に言うと、理解不能な逆切れから、“深刻な状態に陥る”ことが多々ある(苦笑)

なので… ここ数年以上?!はぼくのほうで、中途半端な“やりっぱなし”の片付けをすることが多いため、日々やることが増えて、大変ではある。もちろのこと、“家事”というやつだけでなく、仕事の“稼ぎ頭役”も演じなければいけないので… 時間が足りない。

やはり、「根本/基本な原因がどこになるのか?」を見つめることは重要だが、長年の“習慣”が体に染みついていると、それを軌道修正することは難しい。ぼくのほうで“修正”、最初から最後まで「やってしまったほうが早い」という結論になってくる。



田舎や都会問わず、ちょい現実的な話しではあるが…

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車

そんなこんなで…

自宅勤務のフリーランス/個人事業というのは、仕事だけでなく、なにもかも期待されるわけだ。

それらを済ませ、仕事が始まり、17:30ごろ、結生が帰ってくると、ブランコや岩車の海や畑エリアを「探検、探検、探検しましょ」「冒険、冒険、冒険しましょ」と歌いながら散策。最近、結生がはまっているのが、ペダルなしの自転車だ。

anamizu iwaguruma noto 穴水町 岩車 夕日 綺麗な田舎

最近は、週2日のテニスに、連れていき、テニスコート側の“外”で夕飯、歯ブラシを済ませて、テニスの練習。21:00前には、そのまま“動く拠点”ハイエースの快適なベット+寝袋で結生を寝かせる。

寝袋は最近の結生の大好きな寝床である。

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車

そして、結花が作ってくれた美味しい夕飯を食べて、食器を洗い、キッチンの汚れを落とし、その後もなにかと片付けを始める。

シャワーを浴び、2日に1度ほど、風呂場の床などをたわしでゴシゴシと洗い、洗濯物をつけ置きして翌朝に備える。

その後、結生の歯をしっかり歯ブラシし、「結生ちゃん、布団敷いてきて!敷いたら、そのまま布団に入って、先に寝ててね」と、自分で布団を敷かせ、21:00までには寝かせるようにしている。

寝る前に時間があれば、英語版のディズニーやジブリ映画を鑑賞して2人もしくは結生1人で寝る。

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車 サンセット 夕焼け

もしくは添い寝していると、「父ちゃん、お仕事でしょ。お仕事頑張ってね」と言ってくれ、結生1人で寝ることも多い。

ぼくも寝てしまうこともあるが、夜中再び起きて、仕事に入る。

能登での田舎暮らし… 「ふつ~な日」というのは、至ってシンプルである。もちろんのこと、これらだけではない。経理、掃除、草刈りなど、フリーランス/個人事業主は、“行わなければいけないこと”は盛沢山である。

iwaguruma anamizu 穴水町 岩車 能登

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車 サンセット 夕焼け

anamizu iwaguruma 穴水町 岩車

anamizu iwaguruma noto 穴水町 岩車 夕日 綺麗な田舎

anamizu iwaguruma noto 穴水町 岩車 夕日 綺麗な田舎

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. お盆 羽田 能登空港 能登半島先端 立山連峰 『盆休み』や初の『山の日』…今月も仕事で能登から東京…
  2. sea cucumber in Japan, 海鼠, ナマコ, 石川県 穴水町 岩車 能登での田舎暮らし:ナマコ300キロのお風呂はいかが
  3. 穴水町 岩車 移住者 能登・穴水町岩車に18歳の女性移住者!
  4. 雪降る能登…石川県穴水町のバス停で…ドイツ&フランス人 ハーフの…
  5. 椿崎 川端さん 移住 day 71.1 石川県穴水町 『ピンチはチャンス』 ~ 家によ…
  6. 穴水町 別荘地 day 63.1 石川県穴水町 椿崎の滞在先周辺
  7. 能登の田舎から...ロンドン・ビジネススクールへ ?!え!?留学…
  8. 能登 田舎体験 田舎体験1日目最後は…“車庫”で牡蠣だらけの『里海ウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

モリクモ 閉店 売却中 輪島市三井の“ビーガン”「モリ+クモ食堂」 閉店、家兼店舗の売却先 募集中 mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち “ざっくり”特集: クルマで“移動暮らし”できる時代 始まる『移動型定住』『動くX』 < VANLIFE 1 > van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える 神山 ヒッピー 田舎のライフスタイル in 徳島県神山町 1話 – 風力発電の建設と 自然と共に暮らす人々 外国人 海外 移住者 穴水町 石川県 foreigner in ishikawa どこにでもあるような東京よりもリアルな“日本”を見たい ヨーロッパやアメリカから穴水町岩車へ

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP