Creative Countryside INAKA Work Space - クリエイティブ“田舎”ワークスペース

田舎で仕事:カナダ出身の映画監督 コナー・ジェサップが写真で語る能登『仕事の合間』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 珠洲 日本

前回のストーリーに続き、コナーのお話し。

カナダ出身の映画俳優で監督のコナー・ジェサップ(Connor Jessup)がインスタグラムを介して、能登で体験した写真を発信している。(前回のストーリーはこちら

コナーは2017年夏、田舎バックパッカーが運営する「クリエイティブ“田舎”ワークスペース」を活用してくれた人物。

Connor Jessup Noto Wajima Vegan Japan コナージェサップ 日本 能登 輪島 三井 モリクモ食堂

能登滞在時、コナーは“私事(しごと)”の合間に、“能登”を撮影。カナダに帰国した数日後から、能登で撮影した写真をインスタグラムに載せている。

なぜ、コナーは滞在期間中、リアルタイムで写真をアップしていなかったのか?

その理由はシンプル。彼はデジタルでなく、フィルム式の1眼と2眼レフカメラで撮影していた。そのため、フィルムの現像とデジタル化に時間がかかるのだ。

もちろん、スマホも持っているが、執筆に集中したかったので、日本にスマホを持ってこなかった。忙しい俳優/監督だ。コナーに連絡をとりたい人は沢山いることだろう。全てに応じていたら、自身が本当に進ませたいことに遅れをとる。なにもかもが遅くなってしまう。

Connor Jessup Beer in Anamizu Japan コナー ジェサップ 日本 能登 穴水町

さて、ここからが、前回の続き…

約1カ月の滞在期間中、コナーはさすがに「クリエイティブ“田舎”ワークスペース」でずっと“私事(しごと)”をしていたわけではない。ときに、能登を“散策”する。

っが…フリーランス/個人事業主、起業家、スタートアップの人たちは、「常にハングリー」である。どこへ出かけても、“私事”のことを考えている。人生、“私事”していることが楽しいのだ。突然浮かんでくるアイディア、「このアイディアってXXXにつながるのでは?」「早く帰って続きを書きたい」などと考え始める。

言えば、夢中なことに“中毒”となる。

執筆関連に携わっている人は常にコンテンツことで頭がいっぱい・いっぱいだ。書きたくなる気持ちが、先へ先へと頭の中を駆け走り始める。

「これが終われば、ようやく次の楽しみへと入れる」からこそ、今行っていることに熱中したくなる。

能登への“ちょい”旅、もちろんコナーのペースで出かけるわけだが… そう長い間、外に出てはいられない。

Connor Jessup Noto Anamizu Japan コナージェサップ 日本 能登 穴水町

奥能登を一周したときは、塩の駅 輪島塩あたりを出発し、しばらく進むと、「イク、あとどのくらいで家に戻れるかな」「何時頃、家に戻れるかな」「オレ、書かなきゃ。仕事しなきゃ」と、“焦っている”というよりも、急いで自分が納得する作品をつくりたいという気持ちが彼の言葉から強く感じとれた。

Connor Jessup Noto Anamizu Japan コナージェサップ 日本 能登 穴水町

コナーが取り組んでいた原稿は1年前に終わりかけていた、自身初となる長編映画の内容だった。しかし、その当時、内容に納得することができなかったので、コナーは新しいアイディアを加えながら、書き直し作業を始めたのだ。「早く…さっさと…終わらせたい」「早く映画製作に入りたい」という気持ちと、焦りが混ぜ合わさり、複雑な想いとなっていたのだろう。<続きはこちら

穴水町 伊豆田 コナージェサップ Anamizu Izuta Connor Jessup



穴水町岩車 金沢からの友人

Friend from Kanazawa — Anamizu 8.17

Connor Jessupさん(@connorwjessup)がシェアした投稿 –

穴水町岩車 イク

Iku — Anamizu 8.17

Connor Jessupさん(@connorwjessup)がシェアした投稿 –

穴水町岩車 スモーク

Evening smoke – Anamizu 7.17

Connor Jessupさん(@connorwjessup)がシェアした投稿 –

続きはこちら。(明日2月25日に掲載予定)

穴水町 伊豆田 コナージェサップ Anamizu Izuta Connor Jessup

Connor Jessup in Anamizu Japan コナージェサップ 日本 石川県 能登 穴水町

『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』について

● 「クリエイティブ“田舎”ワークスペース」とは、田舎バックパッカーが移住先・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)の自宅で運営するレンタルオフィススペース。

使用していない1室を仕事場として貸し出し、コナーのような映画脚本家などのライター、プログラマーなどが活用するスペースとなっている。

ざっくり言うと、都会にある「シェアオフィス」や「コワーキングスペース」の田舎バージョンみたいなものだ。ネット設備はもちろんのこと、ダイニング、キッチン、トイレ、シャワールームなどは共有スペースとして使用することができる。

里山と里海に囲まれている農産漁村の岩車は、仕事スペースとして落ち着く環境となっている。気分転換に、湖のように穏やかな海沿いを散歩、ジョギング、サイクリングしたり、コーヒー片手に、ただ単にそこらに座って、のんびり落ち着くのもお薦め。

仕事の気分転換にもなる「能登の里山里海」の自然を活かし体感できる「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」も行っている。

岩車は、人口約100人前後の小さな農産漁村で、穴水町の1地域。60歳・70歳・80歳になっても、漁や畑をしているおばあちゃん・おじいちゃんがいる元気な村。牡蠣やナマコ漁も盛ん。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. Connor Jessup in Anamizu Japan コナージェサップ 日本 石川県 能登 穴水町 田舎で仕事:コナー・ジェサップが発信する『結生 X 能登』の世界…
  2. Closet Monster Connor Jessup Camera さよならぼくのモンスター コナー・ジェサップ カメラ 田舎で仕事:カナダ出身の映画俳優・監督 インスタで「結生 X 能…
  3. 石川県 能登 輪島 コナー・ジェサップ wajima connor jessup 田舎で仕事:映画俳優・監督コナー・ジェサップ インスタで“奥能登…
  4. Closet Monster Connor Jessup さよならぼくのモンスター コナージェサップ 輪島 モリクモ食堂 田舎で仕事:カナダの映画俳優・監督 インスタで能登を発信中 - …
  5. Closet Monster Yui Connor Jessup Camera さよならぼくのモンスター コナー・ジェサップ カメラ 田舎で仕事:カナダ出身の映画俳優・監督 インスタで「結生 X 能…
  6. 田舎 地方 ワークスペース 映画俳優 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』利活用したコナー・ジェサ…
  7. Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 珠洲 日本 田舎で仕事:コナー・ジェサップがインスタで発信『結生の能登暮らし…
  8. Connor Jessup in Noto Anamizu Japan コナージェサップ 石川県 能登 穴水町 日本 田舎で仕事:カナダ出身の映画俳優・監督・脚本家が発信『バックパッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師 能登・穴水町最大の牡蠣祭典「雪中ジャンボかきまつり」の裏にいる牡蠣漁師 ~ 岩車から1トントラックで運ばれた2万6千個以上の牡蠣 ~ 穴水町 星空 天の川 Milky Way in countryside Japan 星空旅スポット: 能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~ スザーンロス なにごとにも進化は必要なのか? 上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅 mobile lifestyle vanlife family 移動型定住 東京モーターショー 家族 バンライフ 家族 子持ち “ざっくり”特集: クルマで“移動暮らし”できる時代 始まる『移動型定住』『動くX』 < VANLIFE 1 >

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP