田舎で仕事:カナダの映画俳優・監督 インスタで能登を発信中 - 奥能登 1

去年、約1カ月間、能登の“田舎”職場『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』を利活用してくれたカナダ出身の映画監督・脚本家・俳優のコナー・ジェサップ(Connor Jessup)が、2017年8月から現在にかけて、インスタグラムを介して、能登での“体験”写真を発信している。その枚数、既に約60枚近い。

田舎バックパッカーが運営する『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』とは、プログラマー、作家、アーティストなど向けに職場として貸し出している田舎バックパッカー宅の空き部屋のこと。

別途、現代的な言葉で言うと、自宅バージョンの「コワーキング・スペース」や「シェアオフィス」だろう。

これは前回、コナーが発信しているものを紹介したブログ記事。

コナー・ジェサップ Connor Jessup Noto Anamizu

能登での田舎暮らし:世界の映画界やファンへと発信される日本の田舎

発信してくれている写真は、コナーがフィルム式の2眼や1眼レフカメラで撮影したもの。言うまでもないが、デジタルカメラと比較すると、フィルム式のカメラ撮影は、手間がかかり、写真の現像やデジタル化には費用がかかる。しかし、解像度や画質はデジタルカメラとそう大差はない。

というわけで、コナーのインスタ写真を紹介していこう。



能登町 中谷家の中谷直之さん

at the soba place — Noto 7.17

Connor Jessupさん(@connorwjessup)がシェアした投稿 -

輪島の塩田 大下常男さん

Salt Farmer — Suzu 8.17

Connor Jessupさん(@connorwjessup)がシェアした投稿 -

能登町の中谷家へは「そばきり 仁」の蕎麦を食べに行き、そこでも少しの間、執筆の仕事をしていた。

ちなみに、コナーが能登で「クリエイティブ“田舎”ワークスペース」を活用したときの参考記事は以下。

コナージェサップ さよなら ぼくのモンスター

カナダ出身の映画俳優・脚本家・監督 コナー・ジェサップ 『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中

この記事の続きはこちら

Ishikawa Noto Anamizu Connor Jessup 石川県 能登 穴水町 映画 俳優 コナージェサップ

『クリエイティブ“田舎”ワークスペース』について

● 「クリエイティブ“田舎”ワークスペース」とは、田舎バックパッカーが移住先・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)の自宅で運営するレンタルオフィススペース。

使用していない1室を仕事場として貸し出し、コナーのような映画脚本家などのライター、プログラマーなどが活用するスペースとなっている。

ざっくり言うと、都会にある「シェアオフィス」や「コワーキングスペース」の田舎バージョンみたいなものだ。ネット設備はもちろんのこと、ダイニング、キッチン、トイレ、シャワールームなどは共有スペースとして使用することができる。

里山と里海に囲まれている農産漁村の岩車は、仕事スペースとして落ち着く環境となっている。気分転換に、湖のように穏やかな海沿いを散歩、ジョギング、サイクリングしたり、コーヒー片手に、ただ単にそこらに座って、のんびり落ち着くのもお薦め。

「“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験」も行っているので、気分転換に能登の自然をあらゆる面から体感することもできる。

岩車は、人口約100人前後の小さな農産漁村で、穴水町の1地域。60歳・70歳・80歳になっても、漁や畑をしているおばあちゃん・おじいちゃんがいる元気な村。牡蠣やナマコ漁も盛ん。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す