Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

“栃木”お笑い芸人コンビ『U字工事』 MRO番組『絶好調W』で穴水町岩車の『牡蠣』紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水町 岩車 U字工事 ゆうじこうじ 牡蠣 Anamizu Oyster

今日(2月21日(水))19:00からのMRO(北陸放送)の番組『絶好調W』で、移住先・穴水町岩車(あなみずまち いわぐるま)の牡蠣漁師 河端譲(かわばた ゆずる)さんと、のと鉄道のユニークな牡蠣食堂「あつあつ亭」が登場する。

MRO 絶好調W U字工事 穴水町 牡蠣 Noto Ishikawa Anamizu Oyster

MRO番組『絶好調W』の撮影の“裏側” お笑い芸人 U字工事さん 穴水町で牡蠣の水揚げ作業体験 開始。

穴水と言えば、冬の海の幸で人気な牡蠣。それで、ここ移住先の岩車が紹介するのは大変嬉しいお話し。



2/21(水) U字工事が穴水町でカキづくしの旅!

2/21(水)の絶好調Wは、
U字工事の2人が穴水町でカキづくしの旅!
カキ収穫のお手伝いやカキ料理に舌鼓!

石川グルメポリスは今の季節に嬉しい「鍋」特集!
大雪で疲れた心と身体に優しくつけ込む鍋料理に、
鑑識官のメスが入るZ!

そして、特別企画!
みなとも&小野塚アナの『北海道絶景体験ツアー!』
美し~い大自然の中で、パワーチャージしてきましたZ!
お見逃しなく~!

Posted by 絶好調W on Friday, February 16, 2018

U字工事 ゆうじこうじ 穴水町 牡蠣 Anamizu Oyster

U字工事(ゆーじこうじ)さんが穴水町岩車へやってきたのは先月1月16日のこと。ぼくもどさくさに紛れてグループに参加!

穴水 牡蠣

“栃木”お笑い芸人『U字工事』さん 穴水町岩車で牡蠣水揚げの田舎体験

「絶好調W」は毎週水曜日放送の番組で、穴水町での牡蠣取材の様子を、2話に分けて放送する予定。次の放送は2月28日(水)

MRO 絶好調W U字工事 穴水町 牡蠣 Noto Ishikawa Anamizu Oyster

MRO番組『絶好調W』の撮影の“裏側” お笑い芸人 U字工事さん 穴水町で牡蠣の水揚げ作業体験。まずは軍手も着用して、船に乗り込み、牡蠣棚へ。

U字工事さんが能登に到着。

U字工事さんは、のと鉄道の冬季限定でオープンする超ユニークな牡蠣食堂「あつあつ亭」で、牡蠣を楽しむわけだが!牡蠣が「あつあつ亭」に届くまでの工程で、どんな“苦労”があるのかって内容を紹介するそうだ。

MRO 絶好調W U字工事 穴水町 牡蠣 漁師体験 Noto Ishikawa Anamizu Oyster

MRO番組『絶好調W』の撮影の“裏側” お笑い芸人 U字工事さん 穴水町で牡蠣の水揚げ作業体験。獲ってきた牡蠣を綺麗に磨く作業。

MRO 絶好調W U字工事 穴水町 牡蠣 Noto Ishikawa Anamizu Oyster

MRO番組『絶好調W』の撮影の“裏側” お笑い芸人 U字工事さん 穴水町で牡蠣の水揚げ作業体験。河端譲さんの母も“ひっそり”裏から様子を眺めている。

穴水駅 跨線橋 牡蠣 あつあつ亭

東京の駅だったら批判殺到でしょ!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から

U字工事さんに、「こちらの方は初めてですか?!」と聞いたところ、奥能登へは何度か来たことがあり、前回はNHKラジオの取材で珠洲へ行ったそうだ。

MRO 絶好調W U字工事 穴水町 牡蠣 Noto Ishikawa Anamizu Oyster

MRO番組『絶好調W』の撮影の“裏側” お笑い芸人 U字工事さん 穴水町で牡蠣の水揚げ作業体験。「今日の体験、ありがとうございました!」

福田薫さんは「いやぁ~珠洲のほうはかなりの“田舎”でしたね~」と話していた。

U字工事さんの牡蠣の水揚げ作業で、船で沖に出るときの様子は軽やかだったなぁ。

MRO 絶好調W U字工事 穴水町 牡蠣 Noto Ishikawa Anamizu Oyster

MRO番組『絶好調W』の撮影の“裏側” お笑い芸人 U字工事さん 穴水町で牡蠣の水揚げ作業体験。「ぜひ、サインをお願いします!」

アマゾンへも行ったことがあるようで、「いやぁ、それと比べたら!大したことないです!」と返答。

調べてみると、U字工事さんは、テレビ朝日の番組「陸海空こんな時間に地球征服するなんて」で、アマゾンへ“旅”したようだ。

MRO 絶好調W U字工事 穴水町 牡蠣 Noto Ishikawa Anamizu Oyster

MRO番組『絶好調W』の撮影の“裏側” お笑い芸人 U字工事さん 穴水町で牡蠣の水揚げ作業体験。「写真、撮らせてください!」

MRO ディレクター 室さん

MROの番組ディレクターの室さんにも、久々に会えた。

MRO 絶好調W U字工事 穴水町 牡蠣 Noto Ishikawa Anamizu Oyster

MRO番組『絶好調W』の撮影の“裏側” お笑い芸人 U字工事さん 穴水町で牡蠣の水揚げ作業体験。最後に、番宣の撮影、顔アップで、お決まりの「ごめんねぇ、ごめんねぇ~」で終了。

ちなみに、このMROの「絶好調W」は、石川県内のみで放送されている番組なので、残念ながら、石川県外の人は観ることができない。

さてさて… 今週末は、“ざっくばらん”な田舎ライフスタイル体験の友人客が、東京から5人、金沢方面からアメリカ・ボストン出身の先生が1人やってくる。

北陸 石川県 穴水町 田舎体験 countryside lifestyle home stay experience

今月もゲスト続くなぁ~。ありがたいことだし、嬉しいこと、嬉しいこと。

北陸 石川県 穴水町 田舎体験 countryside lifestyle home stay experience

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 椿崎 川端さん 移住 day 71.1 石川県穴水町 『ピンチはチャンス』 ~ 家によ…
  2. 古民家 屋根 改修 田舎で空き家を借りるとき大抵 改修する箇所は?
  3. 能登 穴水町 岩車 漁村 田舎 癒される能登の里山里海 空間での幸せに感謝
  4. 珠洲 大雪 見附島 Suzu Heavy Snow Mitsuke island 能登での田舎暮らし:寒波再び?穴水の『大雪』はいかに?積雪は&#…
  5. 玄関での大事件…バックパッカーの重要な素質
  6. 地方 田舎 バーベキュー BBQ in a countryside Noto Anamizu iwaguruma Ishikawa 能登での田舎暮らし: “平和な日曜日”は岩車漁港で……
  7. 能登での田舎暮らし:道路の凍結始まる ~ 北陸へのクルマ旅 タイ…
  8. 奥能登で語る: ソニーにいたころの“ちょっとした”広報話し

Pickup Post

Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所 “ざっくり”特集:「豊かな車上生活」ができる時代 < VANLIFE 2 > winter snow tire in Hokuriku Ishikawa Noto Japan 北陸 石川県 能登半島 スタッドレス タイヤ 冬の北陸・奥能登 スタッドレスは欠かせない ~ スタッドレスとノーマルタイヤ交換時期は? ~ 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞在した夫婦2組が中日新聞に soba noodle in Notocho Wajima Ishikawa 中谷家 能登町 輪島 穴水 蕎麦 そばきり 仁 中谷家 『そばきり 仁』 築約400年 能登の“ちょい”世界遺産的な屋敷『中谷家』で再オープン 穴水町 星空 天の川 Milky Way in countryside Japan 星空旅スポット: 能登・穴水町で『天の川』 ~ 街灯がない地方の魅力 ~

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP