Noto Anamizu Iwaguruma - 能登 穴水町 岩車

能登での田舎暮らし:毎週金曜夜はテニス ~ 週一度は体を動かすべき ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
穴水町 テニス協会

能登・穴水町岩車(石川県) – 毎週金曜日19:00~21:00は、出張などの外出がない限り、必ずテニスだ。場所は、穴水海洋センターのB&G体育館。

家にいるときはデスクワークが圧倒的に多いので、たとえ徹夜で疲れていようと、健康のため、最低でも、1週間に1度は激しく体を動かしている。

約2年前から、ようやく見つけたテニス協会のグループ。

当時、結花がのと鉄道勤務で、勤務先スタッフでテニスをしている木戸さんを紹介してくれた。

穴水町 テニス協会

初めて穴水でテニスへ行ったとき、メンバーみんなのテニス・スキルが高いことには驚いた。

一方、その当時、ぼくは4~5年振りのテニスで、体力が持たず、足は攣るわで大変だった。そんな状態が数回続いたかと思う。

やはり、数年のブランクが空いてしまうと、何回かは練習しないと、スキルは戻ってこないし、慣れない。

だが、そこそこ、過去にある程度、期間としては7~8年だろうか…継続して取り組んだ経験があれば、スキルは戻ってくる、蘇るものだと思う。

これは、きっと、あらゆる、分野で言えることだろう。

ただ…やはり、継続していないと、体力の衰えはあるわなぁ。



今年(2018年)は1月5日(金)から始まり、時間内で終わらず“引き分け”となった今夜の一戦を抜かして、今のところ、調子が良いのか、実は負けなし。密かに勝っていることだけを覚えている…

さて、来週のテニスはどうなることやら。

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

関連記事

  1. 能登・穴水町(石川県)の海にて... 『神は乗り越えられる試練しか与えない』 田舎旅先で あるドラマを…
  2. Sakura in Iwaguruma Anamizu 桜 花見スポット 穴水町 岩車 田舎旅: 移住先・奥能登 岩車のスペース感ある桜花見スポット 〜…
  3. 田舎暮らし 道を切り開く 重要 能登・穴水町岩車の田舎/地方へ移住してあと少しで2年……
  4. 穴水町 岩車 田んぼ 里山里海 地震のご心配ありがとうございました
  5. 田舎体験 能登 田舎体験 in 能登・穴水町 Day 2:映画のような田舎での夏…
  6. 田舎 遊び 田舎は子どもや大人向けの『自然な公園』と『冒険スポット』だらけ
  7. 穴水湾 おだやか day 64 石川県穴水町と愛媛県日振島 “地方と地方をつなげる…
  8. 穴水町 岩車 畑 ジャガイモ 植え方 バックパッカーの半自給自足 田舎暮らし 穴水町岩車の新居で畑起こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣 東京の駅だったら批判殺到!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から 高級珍味 山菜『タラの芽』を植えた ~ 田舎暮らしの半自給自足生活 ~ ウミネコパーラー 石川県 穴水町 足立秀幸 かき氷 カフェ Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe 奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』 su singularity university 社会問題 ビジネスチャンス シンギュラリティ大学 「社会問題は優秀な人材が集まれば一気に解決できる」 シンギュラリティ大学のミッションをローカルレベルに テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県 メディア掲載: 北陸エリアのテレビで特集「バンライフに物語あり!?」 その内容はいかに!?

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP