能登での田舎暮らし:タコから始まる朝

能登・穴水町岩車(石川県) – ぼくは毎朝、保育所のバス停車スポットまで娘・結生を送る。

その距離わずか90メートルほど。

穴水町 岩車漁港 釣りスポット 綺麗 田舎 里海 暮らし Ocean countryside lifestyle

バスが停車するスポットは漁港のすぐそばにある。バスが停車する場所から漁港までは、45メートルほど。

自宅から漁港もしくは海まではわずか135メートルと、目と鼻の先の距離だ。自宅から海までの直線距離はたったの約100メートル。

子どもや人が少ないので、クルマには注意しなければいけないが、最近、1人でバスが停車する場所へと歩かせるようにしている。

まぁ、自宅から海の幸が豊富な里海までの距離はその程度で、毎朝、海を見ていると、自然と心が癒されるわけだが…

穴水町 漁港 里海 透明度

そして、海では、「お魚いるかなぁ?」と、魚を探すのが日課的な過ごし方。

この日は、送迎朝っぱらから、心臓が3つもある不思議な生き物 蛸(タコ)と“対面”した。

石川県 能登 穴水町 岩車 タコ Octopus in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto Countryside fisherman

そもそも、朝から、海や、そこで泳ぐ魚を探すことから始まる朝は、都会では考えられない話しだろう。

ぼくが東京勤務だったとき、毎朝の風景は、運が良ければ、遥か遠くに見える富士山だが、ほとんどが電車から始まっていた。

それを考えると田舎暮らしっていいなぁ、贅沢だなぁと純粋に思ってしまう。



今日は朝から『タコ』だ。

石川県 能登 穴水町 岩車 タコ Octopus in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto Countryside fisherman

朝っぱらから、タコを見て泣く子どもの姿を見ることも、そう滅多にあることではないだろう。

っと…娘はタコを見て「怖い~」と泣き始める。

「タコってホントにネチョリ、くねくね、ドロドロと動くんだなぁ~」「タコってやっぱり海にいるよなぁ~」と、なんか感心してしまった。

いじると、タコの体色は濃い色に変化する。

“食”面では、タコには豊富なタンパク質があるそうだ。タコの天敵にはウツボ、サメ、タイがいるそうだが、能登で見かけるのはタイぐらいだろうか。

今日も不思議な“風景”から始まった。

石川県 能登 穴水町 岩車 タコ Octopus in Iwaguruma Anamizu Ishikawa Noto Countryside fisherman

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す