Noto Anamizu Town - 能登 穴水町

東京の駅だったら批判殺到!能登牡蠣“破格”食堂『あつあつ亭』2018年1月7日から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

突然だが、駅構内の線路の上に架けてある橋『跨線橋(こせんきょう)』で炭火焼きバーベキューをしたことがあるだろうか?

最速、約2カ月前後で、能登は、『牡蠣シーズン』へと突入する。

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

ここ能登半島にある穴水町には、『ここで牡蠣を焼いて食べるかぁ?!』っと…“ついつい”思ってしまう“激安”の牡蠣食堂がある。

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

冬の能登旅… 旅人だったら、ここで一度は必ず食事をしたいスポット。

そうそう、駅のあの跨線橋。駅で電車を乗り換えるとき、隣のプラットホームへ行くために渡る橋だ…

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

冬、1月から3月までの期間限定で、のと鉄道は、珠洲の珪藻土(けいそうど)でつくられた小さな炭火焼きコンロが3個組み込まれた4つのテーブルを、穴水駅の跨線橋に置き、お客さんに安くて新鮮な牡蠣を振舞う。

列車の乗車客は、跨線橋で牡蠣を食べている横を「おぉ~!なんだなんだ!ここで牡蠣を焼くか!?」と、笑った顔をしながら、通り過ぎる。

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

週末・祝日に限定してオープンしている牡蠣食堂なのだが、「あつあつ亭」の集客力は半端ない。週末の2日間で約400人前後を呼び込むほど!

『そりゃそうだ…この値段で、これだけ新鮮な牡蠣を食べられる“変な”牡蠣食堂は他にないだろう!』

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

しかも!東京の駅で、こんな食堂をオープンしたら大批判!絶対マネできない牡蠣の食べ方だ!それが、ここ能登・穴水町で体感することができる。

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

田舎の鉄道だからこそできる 究極な牡蠣の食べ方だ!

牡蠣最大17個で1600円!

ただ、この跨線橋での牡蠣バーベキューは大人気!

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

そう簡単にこの跨線橋で牡蠣を食べることはできないかもしれない。

跨線橋の席は、観光列車に乗った人たちが優先で予約することができる。空いていれば、座れるが、満席だったら、下にあるふつ~の“レギュラー”席。

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

跨線橋のテーブル席数は24席。

『あつあつ盛りセット』は破格だ。(今年と同じであれば)牡蠣最大17個入って1600円!牡蠣1つで、約95円という計算となる。

7個の殻付き牡蠣(焼き牡蠣用)、牡蠣フライ5個前後(サイズによる)、3個の牡蠣が入った牡蠣ご飯、汁物、漬物、そして、のと鉄道を活用したことが証明でき、乗車券を見せれば、殻付き牡蠣が追加で2個ついてくる。

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

通常、七尾や穴水の牡蠣食堂では、これだけの牡蠣コースだったら、3000円以上する。

最大約17個の牡蠣が入っていて、この価格であれば、おそらく能登で最安となる牡蠣食堂だろう。



“激安”なので、のと鉄道の社長やスタッフ曰く、人件費などの経費をひっくるめたら「利益はトントン」。

お客さんに、列車に乗ってもらい、能登の魅力を体感、奥能登の玄関口であり、終点でもある穴水駅で鉄道会社ならではのユニークな景観スポットを活用し、穴水や七尾の特産物である『牡蠣』を体感してもらえれば、のと鉄道は、嬉しいわけだ。

これは価格勝負ではなく、鉄道会社“ならでは”の景観を活かした食堂なのだ。

ちなみに、「あつあつ亭」は、スタッフ全員で対応していて、社長も現場にいる。

社長直々、現場で汗をかいている“絵”も、この「穴水駅ホームあつあつ亭」の見どころの1つだ。

「穴水駅ホームあつあつ亭」の主な概要

営業期間: 2018年1月7日(日)~2018年3月18日(日)の間の土・日・祝日

場所のと鉄道 穴水駅 構内 跨線橋

問い合わせ先: のと鉄道旅行センター(9:00~17:00)電話0768-52-0900

なお、予約は観光列車「のと里山里海号」利用客限定としている。「のと里山里海号」予約に関する問い合わせ先(0768-52-2300)は10:00~17:00。

それにしても、東京の駅にあるこの『あつあつ亭』を跨線橋で展開したら面白いことになるだろうなぁ~。

女優・大西結花さんも大満足!

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

牡蠣を食べているお客さんやスタッフの横の狭いスペースをとおり過ぎる列車の乗車客。

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

最後に、のと鉄道の名物キャラ“花輪くん”と記念撮影できて、みんな大満足。

のと鉄道 あつあつ亭 跨線橋 牡蠣

関連記事

  1. day 7.1 石川県穴水町 NOTO Shift鈴木久善さんと…
  2. 中川結花子 バックパッカー day 59.1 田舎暮らし体験の家に到着 北國新聞の取材を受け…
  3. 穴水町 喫茶 カフェ フリースタイル のと鉄道 東井豊記 穴水町の“昭和感”溢れる昔ながらの喫茶『フリースタイル』へ ~…
  4. のと鉄道の”花輪くん”こと東井豊記(とうい とよき)さん のと鉄道 穴水駅 3月1日からオープンする「四季彩々(しきさいさ…
  5. 穴水町岩車 散策 <写真で振り返る>冬の“楽暖”で“ざっくばらん”な田舎体験 2日…
  6. 能登 穴水町 農家民宿 兜ガーデンファーム ヤギ ヨガ 対応 年内オープン目指す“癒し”ヤギの農家民宿『兜ガーデンファーム』の…
  7. day 14.2 奥能登一周中 再び穴水町へ ~ 今度は町役場へ…
  8. ウミネコパーラー 石川県 穴水町 足立秀幸 かき氷 カフェ Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe 奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影 「車中生活」「バンライフ」の“影”に必要なこと | NHKスペシャル記事「車中の人々 駐車場の片隅で」から考える 能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料亭”農家民宿 上勝町 紅葉 “葉っぱ”の町へ再び…バックパッカー✖クルマ“私事”旅 Iwagruma Anamizu Ishikawa 能登半島 石川県 穴水町 岩車 農山漁村の『岩車』に移住した理由 ~ 東京で“埋もれる”よりも田舎へ ~ Vanlife Japan ハイエース クルマ 暮らし バンライフ 最高の仕事場所 “ざっくり”特集:「豊かな車上生活」ができる時代 < VANLIFE 2 >

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
nuroモバイル ソネット 0SIM
  1. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  2. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  3. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  4. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  5. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。
  6. テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県

Pickup Post

  1. 旅の背景 理由 田舎旅 バックパッカー backpacker background in Japan
  2. wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本
  3. スザーンロス
  4. 神山 ヒッピー

ランキング

PAGE TOP