田舎は子どもや大人向けの『自然な公園』と『冒険スポット』だらけ

田舎/地方には自然な公園が沢山あるってことを知っているのだろうか?

park everywhere countryside 能登 穴水町 岩車 天然公園

沢山と言いつつも、一スポットを紹介するだけだが、どこの田舎でも、こんな感じの“天然”な遊び場はありふれていることだろう。まぁ、「天然」「自然」と言いつつも、防波堤があるから、人の手は入っているんだけどね。

park everywhere countryside 天然公園

今日も結生はチャレンジャーだった。さすが、バックパッカーの娘… 防波堤をスタスタと一人行ってしまう。

危ないって思う人もいるだろうが、これってきっと昔ながらの遊び方だよね。

park everywhere countryside 能登 穴水町 岩車 天然公園

遊園地とかはいつでも誰とでも行ける。

こういった自然な遊び方も楽しい。せっかくのお休み、子どもをアミューズメント系のスポットへ連れていってあげないと「可愛そう」って思う大人も多いのだろうが、自然が盛り沢山の田舎には、遊び方も盛り沢山。

これも田舎暮らしの醍醐味の一つ。

自分で遊び方はつくれるってことを、学んでほしいなぁ。

park everywhere countryside 天然公園

混雑していない、クルマの通りもない、お金もかからない、楽しい、心のんびりとリラックスもできる、文句なしのスポットだと思う。

park everywhere countryside 能登 穴水町 岩車 天然公園

それに加えて、自然が危ないとか、怖いって思わせたくないし、自然と一緒に遊ぶことで、自然との触れ合いは楽しいって実感してほしい。

ちなみに、この浅瀬の堤防スポットは岩車の村から、穴水町の別荘地へ行く途中の海岸線コースにある。

堤防がなくても、湖以上に穏やかだけど、堤防があればあったで、それがまた楽しいアドベンチャー的な遊び場になる。

park everywhere countryside 能登 穴水町 岩車 天然公園

park everywhere countryside 能登 穴水町 岩車 天然公園

park everywhere countryside 能登 穴水町 岩車 天然公園

park everywhere countryside 能登 穴水町 岩車 天然公園

park everywhere countryside 能登 穴水町 岩車 天然公園

そして、海からあがり、岩車の村へと戻る。村の集会所 敷地にあるブランコで遊びに行こうとすると…

2016年、兵庫から穴水町に移住し、現在、北海道ワイン勤務の“髭もじゃ”の吉村政剛(よしむら まさよし)さんが、岩車漁港の簡易郵便局 駐車場にいるではないか。

昨日、牡蠣漁師の河端譲さんが吉村さんと、七尾北湾上を“散策”するって言っていたけど、吉村さんの二人乗りカヌーでか!

ということで、再び海上へと戻るバックパッカー親子。

ここ七尾北湾の海の透明度は最高、とにかく湖以上に穏やか。カヌーから水中にカメラを入れて撮影した写真がこれ。

岩車 七尾北湾 カヌー

七尾北湾 カヌー

結生は途中、カヌーの上でお昼寝タイム…

INAKA-Backpacker | Promote Your Page Too

 
ブログ村ランキング参加中!クリックをお願いします!
Please click below icon for a blog ranking
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
こちらクリックを!

 
●スポンサーリンク

 

コメントを残す