INAKA Backpacker House - 田舎バックパッカーハウス

コナー・ジェサップ、まだまだ『クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース』で執筆中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
work space countryside in Japan

能登・穴水町岩車(石川県) ‐ カナダ・トロント出身の映画俳優・脚本家・監督のコナー・ジェサップくんはまだまだ、『クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース by 田舎バックパッカー』(仮名称)で執筆中だ。

映画監督としては、これまで、短編映画の製作から手掛けていたが、今回は初の長編映画の脚本を書いている。

これまで、メジャーな海外ドラマに出演。今後、やっていきたいことは、「映画監督。でも監督をするには、自分で書いたものを監督するのが一番早い」と話す。

確かに「そうなんだろうねぇ」とついつい思ってしまうが、1時間30分~2時間ものの映画脚本の執筆には時間がかかる。若干まだ23歳だが、その行動力はすごいものがある。



今回手掛けている脚本は去年「完成したか?!」っと思っていた内容の大幅な編集・追加だ。その量、150ページ前後とのことだった。

1994年6月生まれで現在23歳。

11歳から「演技」の世界に入り、2011年 16歳のときに、スピルバーグ監督の海外ドラマ「フォーリング・スカイズ」(TNT)に、2016年、ABCテレビ局の海外ドラマ「アメリカン・クライム」にも出演している。

コナー・ジェサップ 田舎 ワークスペース 『クリエイター向け“田舎”ワークスペース』で脚本執筆中のコナー・ジェサップ出演のドラマ 輪島で発見

先日、そのレンタルビデオ屋「ゲオ」に行くと、彼がDVDのカバーになっていたので驚いた。

ここ4年間は、映画 脚本家と監督としても活動を開始し活躍している。

work space countryside in Japan

【能登・輪島市与呂見『龍昌寺』での座禅】

「監督をしたい」ことから、脚本も書いているそうだ。2017年9月7日(木)からカナダで開催する「トロント国際映画祭(TIFF)」に出席、TIFFでは、自身が手掛けた短編映画を公開する予定。

work space countryside in Japan

コナーくんが脚本を書き、監督した映画のプレビュー(予告編)を見せてもらったが、「え?!この次どうなるの?!」という感じで終わる内容でとなっていて、実に興味深かった。

また、この『クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース』で脚本執筆に集中している際、バンクーバー国際映画祭での公開も決定したそうだ。


コナー・ジェサップくんが執筆・監督を務めた短編映画『Boy』。興味深い内容。

今回、来日した最大の目的は、「執筆に集中する」ことと、2015年のトロント国際映画祭で最優秀カナダ長編映画賞を受賞した映画『さよなら、ぼくのモンスター(Closet Monster)』の劇場挨拶のため。

『さよなら、ぼくのモンスター(Closet Monster)』のテーマは、日本でも旬なLGBT関連。コナー・ジェサップくんはこの映画に主演で登場している。日本での上映は7月16日から。

work space countryside in Japan

コナーくんは現在、能登・穴水町岩車の『クリエイター・アーティスト向け“田舎”ワークスペース』で、来年の公開を目指している映画の脚本を執筆中だ。


映画『さよなら、ぼくのモンスター』の予告編。

さてさて、今日はこれから、奥能登一周で気分転換のクルマ旅へと出発する。

work space countryside in Japan

【穴水町 波志借 – 結生の光琳寺 保育所の先生たちと】

work space countryside in Japan sobakiri jin

【天領庄屋 中谷家 – 能登の最高蕎麦「そばきり仁」で昼食を食べ、その後はリラックスしながら、脚本執筆】

work space countryside in Japan

【紫陽花寺と呼んでも相応しい龍昌寺(能登・与呂見の龍昌寺】

関連記事

  1. 穴水町岩車 ワークスペース コナージェサップ コワーキング Connor Jessup 田舎バックパッカーハウスの初代ユーザー、Netflixオリジナル…
  2. 田舎バックパッカー Carstay カーステイ 報道資料 Carstayと田舎バックパッカー、国内初 中長期滞在“住める”…
  3. 田舎バックパッカーハウス 料金 申し込み 応募 田舎バックパッカーハウス <応募条件とご利用の申し込みについて>…
  4. 田舎バックパッカーハウス 料金 概要 料金 田舎バックパッカーハウス <概要と利用料金について>
  5. vanlife station noto anamizu japan バンライフ ステーション 穴水町 川尻 移住者 田舎速報: 能登・穴水町の田舎に『バンライフ移住者』二組!
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。 メディア掲載: “住める”駐車場「バンライフ・ステーション」に滞…
  7. テレビ バンライフ 特集 MRO 石川県 メディア掲載: 北陸エリアのテレビで特集「バンライフに物語あり!…
  8. about-inaka-backpacker-house 田舎バックパッカーハウス <まとめ>

コメント

    • こんどういお
    • 2018年 3月 16日

    わたしはコナージェサップさんが大好きなのですが、好きになるのが遅かったので…彼はもうカナダに帰ってしまいましたよね?あなたの体験がとても羨ましいです…(;_;)とても遅いコメントですみません。もし機会があればまた彼のことについてのブログを楽しみにしています(*_ _)
    私もコナーさんに会ってみたいです、、、(;-;)
    突然失礼しました!

    • コメントありがとうございます。2017年夏のお話しなので、コナーはもう帰国してしまいました。また近々、彼のストーリーや、彼が書いたぼくらに関する雑誌の記事を載せるよ予定なので、少々お待ちください。

      最近、コナー主演の映画「さよなら、ぼくのモンスター」のBD/DVDが発売になりました。もう観られましたか?ぜひご覧になられてくださいね!
      http://inaka-backpacker.com/blog/2018/02/noto-japan-connor-jessup-11/

      ちょこちょこ彼とは連絡をとっているのですが、タイの映画監督に関するドキュメンタリー映画も完成したようです。日本では観ることができませんが、アメリカにいればネット上で観ることができるようです。それとは別に
      能登で書いていた脚本のロケ地が日本になるといいのですけどね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pickup Post

能登の農家民宿 ゆうか庵 輪島塗 夕飯 昼食 ishikawa noto town hostel experience wajima nuri lunch dinner <写真で振り返る>田舎体験 2日目 奥能登一周 能登町の豪華“料亭”農家民宿 Iwagruma Anamizu Ishikawa 能登半島 石川県 穴水町 岩車 農山漁村の『岩車』に移住した理由 ~ 東京で“埋もれる”よりも田舎へ ~ ウミネコパーラー 石川県 穴水町 足立秀幸 かき氷 カフェ Anamizu Shaved Ice Kakigori cafe 奥能登・穴水に移住看護師がオープン かき氷カフェ『ウミネコパーラー』 wild life sperm whale shiretoko hokkaido japan マッコウクジラ 知床半島 北海道 日本 北海道へのバックパッカー旅: 日本で最も大きい野生動物マッコウクジラと国後島側にいたシャチ 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅 ビジネス・経済誌最大の日経ビジネスのコラム「時事深層」でバン泊新市場

牡蠣販売サポート中!2019年12月から今季の真牡蠣販売・出荷開始!

Selling Oyster from Noto Anamizu Iwaguruma Ishikawa 能登 穴水町 岩車 牡蠣販売
群青 吹奏楽団 天の川 チラシ ポスター
  1. nuroモバイル ソネット 0SIM
  2. van life light shadow 車上生活 車中生活 バンライフ 光と影
  3. 石川県 穴水町 岩車 積雪
  4. 雪中ジャンボかきまつり 牡蠣漁師
  5. 日経ビジネス バンライフ バン泊 車中泊 車旅
  6. 車中泊旅の拠点 始動 穴水に長期滞在施設 利用の夫婦2組、楽しく意気投合 車を旅や生活の拠点にする人が増える中、一週間以上の長期にわたって車中泊できる営業施設が一月、全国で初めて穴水町川尻の古民家に開業した。早速、夫婦二組が施設を拠点に能登地方を巡って半島の魅力に触れたほか、車中泊の良さを広める活動に合同で取り組むことを決めた。(田井勇輝)神奈川県から同町に移住し、能登半島を舞台に旅行を考案する中川生馬さん(41)が仕掛け人。「交流人口の拡大や移住するきっかけをつくりたい」と企画した。埼玉県の菅原拓也さん(28)と恵利さん(33)夫婦が一日から、大阪市の矢井田裕左さん(37)と千秋さん(36)夫婦が七日から訪問。いずれも車中泊を題材にインターネットの記事やホームページを手掛け、収入を得ている。千葉市で昨年開かれた催しで、中川さんも交えて仲良くなり、今回の訪問につながった。日中は主に古民家の居間や外出、夜間は車内で過ごしている。一月末まで滞在する矢井田夫婦は、初めて穴水に足を運び「旬のカキやナマコがおいしくて幸せ。長くいることで、地域の輪に入れて、生活の一部に触れられた」と手応えをつかんだ様子だ。二組は意気投合し、全国の車中泊できる場所の紹介や、楽しみ方やマナーを伝えるネットの専用サイトの立ち上げを決めた。昨年も穴水を訪れ、今後もしばらく滞在するという菅原拓也さんは「趣味が同じで共感できるところが多く、刺激を受けている」と喜ぶ。中川さんは「家族になったような雰囲気。いろんな人が集まって何かが生まれる拠点になればと考えていたが、こんなに早くできるとは」と目を丸くした。施設の利用など詳しくはネットで中川さんのブログ「田舎バックパッカー」を検索。

Pickup Post

  1. アメリカ大使館 白頭大鷲 贈呈 ペーパークラフト 穴澤郁雄
  2. 田舎体験 能登
  3. 美味しいご飯の炊き方 徳島県 上勝町 how to make tasty rice in japan
  4. 徳島県 上勝町 人生いろどり ロケ地 石本商店

ランキング

PAGE TOP